査定前に知っておきたいコラム

車を売る際に必要になってくる書類は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そろそろ車の乗り換えをしたい、車が必要でなくなったなど理由は様々ですが
車を売ろうと思った時、必要な書類って何だかご存知でしょうか?

後からアレがないコレがないと書類を取りに戻ったりしているととても時間の無駄になります。
そんな事にならないためにも事前に必要な書類はなんなのか、キチンと知っておきたいものです。

今回はそんな車を売る時に必要になる書類は何なのか調べてみました。

普通自動車と軽自動車で必要な書類が違う

まず間違えやすいのが普通車と軽自動車で必要な物がちょっと違う点です。
ここをしっかりとおさえておきましょう。

普通自動車の場合

  • 免許証(もしくはそのコピー)
  • 自動車車検証
  • 自賠責保険証
  • 税納税証明書
  • 印鑑登録証明書
  • 実印
  • リサイクル券
  • 住民票(車検証の住所と現住所が違う場合)

軽自動車の場合

  • 免許証(もしくはそのコピー)
  • 自動車車検証
  • 自賠責保険証
  • 税納税証明書
  • 認印
  • リサイクル券
  • 住民票(車検証の住所と現住所が違う場合)

と、このようになっています。
普通自動車に必要で軽自動車で不要なものは「印鑑証明書」で
それぞれで違うのが「普通自動車は実印」「軽自動車は認印」という点ですね。

それぞれの書類の個別解説

それでは書類について個別に見ていってみましょう。

○免許証(もしくはそのコピー)

売る本人の証明となりますので必要となります。有効期限内の物を用意しましょう。

○自動車車検証

単純に車検証と呼ばれていたりするものです。
車の持ち主があなたであるという証明であり、車の仕様も記載されているものでもあります。
これがないと車を売ることが出来ませんので必ず用意して下さい。

法律により車の中のどこかに携帯していなければならないので大体の場合、
助手席あたりの収納出来る場所に保管されているはずです。

どうしても見つからない場合、運輸支局で再交付をしてもらいましょう。

○自賠責保険証

強制保険とも言われる車を所有するのであれば必ず加入が義務付けられている保険です。
もしも交通事故を起こした際、被害者を助けるための保険で必要最低限の保障を自賠責保険から受けられます。

こちらも大体は車検証と一緒になっている場合がほとんどです。同じ所から見つかるでしょう。

期限切れしていたり保険証がない場合、車を売ることが出来ません。
保険会社へ連絡して期間延長、再発行をしてもらいましょう。

保険会社が何処かわからなくなった場合は車を購入したお店で聞いてみると良いでしょう。

○納税証明書(軽自動車は軽自動車納税証明書)

自動車税を納税している事を証明するものです。必ず当年度のものが必要になります。
コンビニや金融機関などで支払っていた場合、納付の日付が捺印されているのを確認して下さい。
こちらも車検証と一緒になっている場合が多いでしょう。

もし紛失した場合は都道府県税事務所にて再交付してもらえます。

○印鑑登録証明書(軽自動車は不要)

普通自動車を売る場合は必要となります。お住みの近くの区・市役所で発行してもらえるでしょう。
引っ越しをしていて住所が変わっている場合はすでに持っていても再度登録が必要になります。

登録した印鑑がどれかわからなくなった場合もまた手続きを受けて下さい。
登録の作業はさほど時間はかかりません。

○実印(軽自動車は認印)

普通自動車を売る場合、必要となります。かならず上記印鑑登録証明書で登録した物を用意して下さい。
不動産や車など金額が大きい資産の取引において実印は必ず必要となります。大事に保管して下さい。

軽自動車であれば認印でかまいませんがシャチハタは不可となりますので注意して下さい。

○リサイクル券

2005年より施行された車を廃車にする場合の手数料を前払いする制度である自動車リサイクル法の
リサイクル料金を納付したことを証明する書類です。
廃車にせず車を売る場合、収めた金額が返納されます。

リサイクル券も通常は車検証と一緒になっていますので同じ所から出てくるでしょう。

もし紛失した場合は「自動車リサイクルシステム」というサイトへアクセスして
「自動車ユーザー向け」→「リサイクル料金検索」と進んで手続きぢて下さい。
「自動車リサイクル料金の預託状況」を印刷すればそれが証明の代わりとなります。

リサイクル料金検索を行う場合、車検証が必要になるので用意しましょう。

○住民票(車検証の住所と現住所が違う場合)

印鑑登録証明書と車検証の住所が違う場合、

「印鑑登録証明書(現住所)」← 関連付けが必要 →「車検証(前住所)」

こういった場合に前住所の証明のため住民票が必要になります。

ただし、県外で何度も引っ越しをしている場合、住民票では追い切れないことがあるため
戸籍の附票を取得した方がいいでしょう。

売却店(業者)が用意する書類

ここまで個人で必要な書類について記載してきました。
ここからは売却する店舗で用意するものについて見ていきます。

○譲渡証明書(譲渡証)

譲渡証明書は車の持ち主が所有権を他人へ譲渡する事を証明する書類です。
車を売る時に名義変更が必要になるため必要になります。

個人での売買でもなければ持ち込む店舗で譲渡証明書は用意してもらえます。
ご自分で用意する必要はないでしょう。

○委任状

車の登録、名義変更など、車の所有者以外の人がする場合必要となります。
この場合、売却する店舗が所有者以外となるので必要、ということですね。

これらの手続きは個人でも可能ですが非常に面倒です。
特に理由でもない限りは持ち込む店舗に委任するほうが良いでしょう。

※店舗によっては軽自動車であっても実印や印鑑登録証明書が必要な場合があります。

どうでしょうか?意外と必要な書類が多いことに面食らいそうですね。
しかし大体は車検証と一緒になっているものが多いので一つづつ確認して
足りないもの、必要なものをリストアップして準備していきましょう。

近年はなりすましによる売却対策で軽自動車であっても買取店で売却する場合、
実印が必要なケースが増えているようです。

元々実印は車の売却以外でも必要なケースはとても多いので持ってないのであれば
用意しておくといろいおr便利ではないでしょうか。

これらのことに注意していけばアタフタせずにスムーズに車の売却に必要な書類を集める事が可能でしょう。

欲しい車の非公開価格情報を知る方法


「欲しい車があるけど、探すのに 時間がかかる」

こういう悩みをお持ちのあなたへ ズバッと車販売なら希望にあった 車を非公開車両60万台以上の中から紹介(利用は無料)

まだ店頭に出回っていない状態のいい価格の安い非公開情報を誰よりも早くゲットできます!

たったの60秒程度の入力で非公開価格情報を知れます

いい車で価格の安いものはすぐに 売れてしまいます。

希望の車は最短1日で見つかります。↓



  • このエントリーをはてなブックマークに追加