セダン

アコードハイブリッドを値引き交渉でどの程度まで下がるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はホンダ・アコードハイブリッドの購入に際して
知っておくと役立つ情報をお届けします!

・アコードハイブリッドの値引き状況

アコードハイブリッド
アコードハイブリッド
本体希望小売価格:375~401万円
燃費:30.0km/L
備考:駆動方式はFFのみ

車両本体からの値引き ・・・5~30万円
オプションからの値引き・・・0~30万円
合計値引き額     ・・・5~50万円

ホンダとしてはきっちりブランド力をアピールして
手堅く売りたいアコードですが、
ユーザーの印象とは少々ズレがあり
結局値引きには対応するという物悲しい状況です。
「一声値引き」で10万円弱、
そこから競合でどんどん落とすことができます。

競合車の例は
トヨタ・クラウンアスリートとロイヤルのハイブリッドモデル
トヨタ・カムリ
レクサス・HSシリーズ
日産・スカイライン

など。
また、価格帯からいくとマツダやスバルのクルマは合いませんが
ホンダならば言って不利になることはないので
走行性能やデザインで候補に挙がれば
遠慮せず担当の営業マンに伝えましょう。
ディーラーを回って順調に値引きを引き出し、
最後はやはりホンダ同士で決着をつけたいところ。
不意に厳しい条件を見せてもリアクションは期待できないので、
行ける範囲のホンダディーラーは一番最初に全て顔を出しておきましょう。

・アコードハイブリッドのグレード選び

アコードハイブリッドのグレードはたったの2つ。
ひとつ上のセダンとして通用するこだわり装備を得たLXと、
そこにさらに安全性能を付加し、安心を売るEXです。

まずはLXの装備内容から確認しましょう。

Hondaインターナビ+リンクアップフリー
タッチスクリーンオーディオ
ナビ連動ETC2.0対応車載器
エコドライブ・アンビエントメーター
インテリジェント・デュアルフルオートエアコン
(左右独立温度調整&GPS制御偏日射コントロール式)
EV走行モードスイッチ
Hondaスマートキーシステム
バイオ生地シート表皮
振幅感応型ダンパー
アクティブコーナーリングライト
高効率回生ブレーキシフトポジション「B」
(モーターバッテリーへの回生充電をより強くかけるためのシフトポジション)
運転席8Wayパワーシート
助手席4Wayパワーシート
助手席側リバース連動ドアミラー
(バック走行で自動的に角度を下向きに変えて後輪付近を見やすくする機能)
親水ヒーテッドドアミラー
フロントドア撥水ガラス
自動防眩ルームミラー
(自動でないルームミラーは切替に手動操作が必要なので自動は使いやすい)
雨滴検知式フロントワイパー
連続容量変化タイプ運転席i-SRSエアバッグシステム
(ホンダの新しいエアバッグは「早く」「やさしく」「長く」ふくらむことで
あらゆる体格・衝突状況に対応します)
ヒルスタートアシスト
エマージェンシーストップシグナル
車両接近通報装置(歩行者に自車の存在を知らせるブザー)
LEDヘッドライト
オートライト・オートレベリング
頚部衝撃緩和フロントシート
VSA(ABS+トラクションコントロール+横滑り防止装置)
クルーズコントロール
全ドアワンタッチ式パワーウィンドウ
USBポート
オーディオ外部入力端子
チルト&テレスコピックステアリング
イモビライザー&セキュリティアラーム
本革巻きステアリングホイール&セレクトレバー
インパネ・ドアライニング・センターコンソール木目調パネル
フロントアームレスト付きセンターコンソールボックス
木目調リッド・ドリンクホルダー付きリアセンターアームレスト
サングラスボックス
クロームメッキインナードアハンドル
ダーククローム調バンパーモールディング
クリアブルーヘッドライトガーニッシュ
全面高熱線吸収&UVカットガラス
フロントウィンドウ遮音機能付きガラス・ハーフシェイド
17インチアルミホイール
4輪ディスクブレーキ
フロント&リアスタビライザー
電動サーボブレーキシステム
DBW(ドライブ・バイ・ワイヤ)

・・・などなど。
さすがにこのクラスになると、
装備内容を転記するだけでも大変ですが
ホンダやアコードハイブリッドの
特徴的なものをいくつかピックアップしてみます。
「リバース連動ドアミラー」

これはなかなか便利そう。
バックモニターもいいですが、
既存のものを工夫してさらに使いやすくするアイデアは秀逸ですね。

「i-SRSエアバッグシステム」

国産車で初めて搭載するなど
エアバッグの技術にはこだわりのあるホンダが、
さらにその精度を高めた新エアバッグ。
体格や衝突状況によって、
ドライバーの体がハンドルにぶつかるまでの時間が違うことに着目し
あらゆる人・場合に対応できるものを新開発したのです。

「全面熱戦吸収&UVカットガラス・
遮音機能付きフロントウィンドウガラス」

今やある程度の価格のクルマには、
全面UVカットガラスは当たり前。
しかし熱戦吸収機能までを全面に採用するのはやはり高級車ならでは。
しかもフロントウィンドウガラスには遮音機能まで・・・。
非常時の割れ方が考えられているだけでもすごいと思っていましたが
近年、そこにどんどん車内の快適さを増す能力が付加されています。
クルマの窓ガラスはどこまで進歩するのでしょうか。

そしてEXは、これらに加え

衝突軽減ブレーキ
(ステアリング制御機能・ヘッドアップワーニング機能付き)
運転席・助手席シートベルトE-プリテンショナー
(警報体感機能・被害軽減)
本革巻き&木目調コンビステアリングホイール
アダプティブ・クルーズコントロール
クルーズコントロール照明付きステアリングスイッチ
車線維持支援システム
電動リアサンシェイド

という安全装備ほかが追加されます。
価格差は約30万円。

高速道路などで長時間の運転をする方は
こちらのEXを選んで安心と安全を買うといいですね。

40代後半の方が「そろそろセダン」というテンションで乗り換えるなら、
ステータス感・走行性能・価格・安全装備・デザインのバランスが取れた
ホンダアコードハイブリッド、おすすめです!

欲しい車の非公開価格情報を知る方法


「欲しい車があるけど、探すのに 時間がかかる」

こういう悩みをお持ちのあなたへ ズバッと車販売なら希望にあった 車を非公開車両60万台以上の中から紹介(利用は無料)

まだ店頭に出回っていない状態のいい価格の安い非公開情報を誰よりも早くゲットできます!

たったの60秒程度の入力で非公開価格情報を知れます

いい車で価格の安いものはすぐに 売れてしまいます。

希望の車は最短1日で見つかります。↓



  • このエントリーをはてなブックマークに追加