査定前に知っておきたいコラム

車査定時の悪徳業者の実際にあった事例・見分け方と対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車をそろそろ乗り換えたい。
そんな時当然誰もが中古車買取業者へ持ち込んで査定をしてもらうところでしょう。

しかし世の中善良な企業ばかりでは残念ながらありません。
中には詐欺まがい、あるいは詐欺そのものの行為を行う業社も存在するのが現実です。

悪徳業者

もちろん、そんな業社に当たるのは極々まれな話ですが実際にそんな業社に出会ってしまった時、事例を知らなければその業社が悪徳であったかどうかすら気が付かずに契約が終わってしまうことになりかねません。

また、悪徳業者だと気づけても対処方法を知らなければそのまま餌食になってしまうでしょう。

そんな事態に陥らないためによくある悪徳業者の事例を元に対処法をご紹介していこうと思います。

オークション相場データ

悪徳業者

中古車買取業社のうち、大体の所は買い取った車を業社専用オークションへ流して売却します。
その為、常に最新の情報を仕入れており、利益を出すためには当然その相場よりも安く買い取ることになります。

このオークションデータは常に変動しており、その中には一般人がネット上で見ることも出来るものがあります。
しかし一般人が見れるものは最新のデータではありません。

ここを悪徳業者が利用してきます。
業社は専用のデータを手に入れられるので店舗へやってきた人へ「あなたの車は現在この価格です。」といってオークションの相場データらしきものを見せてきます。

しかしこのデータ、事故歴等の情報は表示されません。

つまり見せられているデータが相場よりも下の方、同じ車でも事故歴の有る買取価格が相場よりも低い車のデータである可能性があるということです。

0円査定、廃車詐欺

手持ちの車で年季が入っている車や事故車の場合に注意したいのが0円査定、または廃車詐欺と呼ばれるものです。

大体の予想は名称からわかるとは思いますがまだ価値がある車を「この車には価値が無い」と称して査定額を0円、あるいは廃車として手数料を取ってしまうというものです。

こういった業社は事故車買い取りをうたいながら実際は買い取りをせずに廃車査定を行い手数料を取ってくるケースも有ります。

また、廃車にする場合、気をつけたいのが還付金の制度悪用を利用する業社です。

車を処分する際、自動車税・重量税・自賠責・リサイクル料金は返金を受けることが出来ます。
しかしこの返金は業社から顧客へ通告する義務がありません。

制度について知らないだけで損をしてしまうので注意したいですね。

二重査定

車の査定で最も多い悪業がこの二重査定、瑕疵担保責任請求と呼ばれるものです。

簡単にいえば最初出張査定にやってきて買い取り契約をした後、査定時には見つけられなかった重大な欠陥(隠れた瑕疵と呼ばれます)が見つかったと言い出し、大幅に減額されてしまうといったものです。

この二重査定、瑕疵担保責任請求自体は法的には問題があるものではありません。
しかしこれを悪用する業社が有ります。

無料出張見積りと称して顧客の家へ出向き対して時間もかけずに査定を終わらせ高すぎる査定額を提示し、そのまま契約させてしまいます。

顧客はこの場では思わぬ高額査定に喜ぶのですが、後日になって査定では見つけられなかった重大な欠陥が見つかったため減額を行うと伝えられるというものです。

当然そんな減額は納得がいかずキャンセルを申し入れると高額のキャンセル料を請求されてしまい結局そのまま減額されたまま手放す、なんてこいうとに・・・。

注意したいのはこの瑕疵担保責任は車の持ち主、顧客が隠していた場合でなければ応じる必要はありません。
例えば前のオーナーが事故を隠して今の持ち主に車が渡った場合、その事故のことは知らないわけですからこの請求に応じる責任はないのです。

また、査定士というのは査定専門のプロであり、本来殆どの車の異常は隠されても見抜けるような技術を持った人であるべき存在です。
そのような人物が仮に今の持ち主が気付かずに欠陥を作っていたとして査定時にその欠陥に気付けないようでは査定士とは呼べない存在であるともいえます。

これはケースバイケースでもありますので請求を受けた瑕疵について受けるべきか守ったら生活者センターへ相談へ行くと良いでしょう。
こういった場合の相談はかなりの数があり適正に判断をしてくれるはずです。

また、その業社がJADRI加盟店であるかどうかをまず確認してみるのも良いでしょう。
JADRIは中古車流通業界の質の向上、健全化を目的とした団体であり、この団体に加盟している業社は二重査定を禁じられています。

悪徳業者の見分け方

中古車買取業者が正常か悪徳か、これを見分けるのは中々難しい所です。
うまく通常は普通の業社に紛れ、装いながらココぞという所であくどい手法をとってくるので最初から嗅ぎ分けるというのはほとんど無理といえます。

しかしそれでもいくつか手段が無いわけではありません。

まず大前提として絶対にその場で即決して売買契約書を書かない事が重要になります。

そしてその上で査定がやたら短い、査定額が相場よりやけに高い、その場で契約をさせようとする、他の業者と同時査定を行っている場合査定額を示さない査定比較妨害といった行為を行うところは要注意業社と見てよいでしょう。

また聞いたこともない無名業社や株式未公開企業にも注意が必要です。
有名企業であればあくどい手法を行わないという保証があるわけではありませんが、確率は格段に低くなります。

悪徳業社に引っかからないために

こういった悪徳業社が行う手法はその殆どが顧客の知識不足を突いたものです。
正しい制度や請求の用法を知ることでこれらの業社にあたってしまった場合、対処ができるようになるでしょう。

また査定額についての詐欺は高いにせよ安いにせよ見破るのはかなり難しいので一番の対処方法としては複数社同時に査定を受けることでしょう。
これなら高すぎる査定額、安すぎる査定額の中から安心できる査定額を割り出すことが出来ます。

インターネット上に複数社同時に査定を受けることができるサイトがいくつも存在しています。
これらのサイトはこちらの個人情報を隠したままメールアドレスや電話番号のみで査定を受けるころが可能となっています。

うまく使い悪徳査定業社を回避していきましょう。

欲しい車の非公開価格情報を知る方法


「欲しい車があるけど、探すのに 時間がかかる」

こういう悩みをお持ちのあなたへ ズバッと車販売なら希望にあった 車を非公開車両60万台以上の中から紹介(利用は無料)

まだ店頭に出回っていない状態のいい価格の安い非公開情報を誰よりも早くゲットできます!

たったの60秒程度の入力で非公開価格情報を知れます

いい車で価格の安いものはすぐに 売れてしまいます。

希望の車は最短1日で見つかります。↓