査定前に知っておきたいコラム

車査定で高く売って安く買いたたかれないための交渉術とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車の売却wで重要となるのは何でしょうか?
業者選びももちえろん重要では有りますがもう一つ、相手との交渉術も同時にかなりの重要なポイントとなってきます。

査定の方法は複数社同時に受けて比較した上で納得がいく業社に売却するのが一般的です。
しかし査定を行う企業側にとっては当然比較などさせずに自分の店舗で買い取りをさせたい、できればその場でとまで考えているのが実情です。

査定の交渉

このお互いの立場の違いをどううまく調整するのか、言い方を変えればうまく相手の受け入れづらい提案を受け流すのかそしてこちらの要求を飲ませるのか、こういった交渉術は経験や知識がない方には難しく下手をすればいいように言いくるめられて本来ならもっと価格が上がりそうな車を安値で手放してしまうかもしれません。

そうならないためにもここでは車を売却する時の交渉術について知っておきましょう。

必ず複数社同時査定を

査定の交渉

まずはよく聞く話だと思いますが、車の査定で高く売るための基本中の基本となる複数社同時査定の必要性です。

車を高く売りたい場合、1社に対して査定を申し込んでその結果から査定額の交渉をするには時間もかかりますし引き上げられる金額にも限界があります。
何よりその査定額に対して高く引き上げる材料がありません。
1社での査定の即決では安く買い叩かれてしまう可能性がとても高くなってしまいます。

複数社同時に査定を受けた場合、3社なら3通りの査定額が並び、この時点で選択肢が3つになります。

この中から一番高い、納得のいく業社を選び交渉することで時間の無駄や査定額引き上げもそれぞれの業社の見積もりを貰い、ほかの業社に見積もりを見せることで「○○さんはこの金額にしてくれたがもう少し引き上げられないか?」といった交渉を行えるようになります。

査定交渉時の注意点

複数社の査定を受けるのが一番の基本では有りますが注意点がいくつかあります。

買取業者の中にはこちらの希望額を聞き出そうとしてくる所がよくあります。
ここでこちらの希望額を言わないのが大事なことになります。

買取店側としては少しでも安く買いたいというのが本音です。
こちらが口に出した希望額がもしも相場よりも下回っているのであればそこに少しだけ色を付けるだけでも契約が取りやすくなりますし、自分の車の買取価格相場を調べていない場合、これも即決してしまう可能性につながってしまいます。

こういった理由からこちらから希望額を言わない方が有利な立場をキープできます。

次に一人で対応しないというものがあります。
買取業者側としては複数社受ける事が前提であると知っていても出来れば自社で契約して欲しいとやはり考えています。
威圧的に押してくるということはまずないのですが、相手も交渉のプロなので査定額以外のサービスや査定額自体を納得させるようなセールストークなど、こちらをその気にさせてうまく契約させられてしまうケースは多くあります。

その対応策のため必ず査定を受ける時はメインで会話に加わらない冷静に状況を見ていられる人に立ちあってもらいましょう。

そして査定を受ける前に中古価格の相場を調べておくことと、下取り価格との比較をしておくことが重要となります。

新しい車を購入する場合の店舗で下取りをしてもらった場合の価格が必ずしも安いとは限りません。
下取りの場合、購入店で受けた場合は購入車の価格が下がると言ったサービスを行う業社も多いので総合的に計算すると良いでしょう。
ここで見積もりを手に入れておけば買い取り業社3社に同時査定を受けたとすれば選択肢は4つになります。

同時に先に中古車の下取り価格も調べておくことで複数社査定を受けて平均以上かどうかを交渉前から把握することが出来ます。

現在はインターネットで車種や年式、走行距離などの車の情報を入力することで複数社同時にメールで概算査定金額を受け取ることが可能です。
こういったサービスは無料で使うことができるのでうまく使っていきましょう。

ただしこのサービスを利用すると電話が連続で何度も鳴り出したりして対応にお割れやすくなります。
あまりたくさんの業社に申し込むと対応だけでいっぱいいっぱいになってしまうので申し込む数には注意しましょう。
やはり3社程度が良いのではないでしょうか。

メールだけのやりとりを希望できる所もあるのでメールをこまめにチェックを出来る方はそちらにするとよいでしょう。
ただしこちらは若干やり取りに時間がかかりがちになります。

時間のかけすぎに注意

交渉には時間がかかりやすいのですが、これを長くすればするだけ買い取り側から見れば時間がかかるだけで、他の顧客に回ったほうが時間の無駄もなくなり低コストに見えます。

粘りすぎるとこういった理由により買取業者側に逃げられてしまう可能性があります。
最悪の場合複数同時査定を受けた全ての業社が逃げてしまうことにもなりかねません。

それを防ぐためにも交渉は2回までが限度と考えておくと良いでしょう。

さらに交渉が長引くことにより車の価値が下がっていくということがあります。
交渉を引っ張りすぎて長引く間におマイナーチェンジ、最悪なのがモデルチェンジが置きてしまった場合が挙げられます。
単純に年をまたいでしまえば年式が旧型扱いされてしまうことも有るでしょう。
車の価値は時価であることをしっかり認識しておくべきです。

これを防ぐためにもあらかじめ交渉を行うのであれば「この日付を超えない範囲で」という期限を決めると良いのではないでしょうか。

瑕疵担保責任・再査定

車の査定交渉で気をつけたいのがこの瑕疵担保責任による再査定です。
特に最初の査定で他社に比べて異常に高い価格をつけてきた場合は注意が必要です。

瑕疵担保責任というのは簡単にいえば車の持ち主が車の欠陥を知らずに(あるいは隠して)査定を通過し、売却してしまった場合、後でその欠陥が発覚した場合の責任のことです。
これにより再度査定が行われ金額が大きく引き下げられてしまうことが再査定、二重査定とも呼ばれます。

これを利用して最初の査定は相場よりも高い金額を提示して後で欠陥を発見して金額を大きく引き下げるという悪質な手段をとる業社も居ます。

未然に防ぐ手段として相場を調べてあまりにもかけ離れているような買取価格ではないか確認することで防ぐことが出来ます。

またJADRIという団体に加盟している店舗は再査定を禁止していますので交渉をする業社が加盟しているかどうか調べるのも良いでしょう。

この再査定に関連して一部の業社には「クレームガード」と呼ばれる保険を用意しているところがあります。
これは売却した車が新たなオーナーの手に渡って行った後に欠陥が見つかっても前の持ち主は責任を負わなくてすむ、といったものです。

当然有料ですが加入は任意です。
一見加入したほうが安心感がありそうですが、この責任を負って損害倍賞を支払うという話が実施兄発生するケースは非常に稀です。

上記のようにJADRI加盟店であれば再査定そのものを防ぐことも出来ます。
加入するべきかどうかは慎重に判断するほうが良いでしょう。

欲しい車の非公開価格情報を知る方法


「欲しい車があるけど、探すのに 時間がかかる」

こういう悩みをお持ちのあなたへ ズバッと車販売なら希望にあった 車を非公開車両60万台以上の中から紹介(利用は無料)

まだ店頭に出回っていない状態のいい価格の安い非公開情報を誰よりも早くゲットできます!

たったの60秒程度の入力で非公開価格情報を知れます

いい車で価格の安いものはすぐに 売れてしまいます。

希望の車は最短1日で見つかります。↓