査定前に知っておきたいコラム

査定時に雨が降っていた場合の査定額への影響は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当たり前の話ですが天候というのは一年を通して様々に変化します。
車の査定を行う日にも様々な天候の日があるでしょう。

ふと気になるのが悪天候下での査定を行った場合、査定額にどのような影響があるのでしょうか?
調査してみると意外と天候そのものプラス査定士の精神的な部分への影響があるようです。

車の査定

今回は査定当日が雨の日であった場合にどう影響があるのかについて調べてみようと思います。

査定士の心理を考えると効果あり

一般に車の出張査定は屋外で行われます。
当然査定士は雨に濡れながらのチェックを強いられるので気分が良いものではないでしょう。
結果できるだけ査定を早く終わらせたがる傾向になり査定が甘くなりがちです。

雨中の車

その他、査定士のノルマにも関連します。
雨が降ると店舗への持ち込み件数が減り、その日のノルマに達しにくい状況になります。
この場合目標買取台数を達成できない精神的な要素により、やはり査定が甘くなる可能性があります。

しかしこれはその業社がノルマを設定しているかどうかによります。
設定しているかどうかはこちらからでは判断しきれませんのでこれは運頼みくらいの要素でしょう。

車体をカモフラージュ

水は光を乱反射させます。
雨の水滴がついていることで小さな車体の傷などをカモフラージュし、査定員の見落としの可能性が上がります。

また車の下の傷も雨が降っていると確認がしづらく、査定士もそんな状況で地面に長く這いつくばっているのもツライので目眩ましの効果が期待できます。

また雨がワックスのような効果を発揮し、車体の艶が良いように演出してくれる点も見逃せませんね。

少しでも有利にするために

雨の日の査定を受けるために少しでも条件を揃えておきたいところですがそれはどのようなものがあるでしょうか?

ひとつはやはり天候の読みです。
雨の多い時期であればある程度読みやすいところですが乾燥しやすい時期などは雨が振りにくく雨を待っている間に売り時を逃してしまい型落ちしてしまうこともあります。
(年度を跨いだりモデルチェンジやマイナーチェンジが行われると中古車の価値は大きく下がります。)

週間天気予報をしっかりチェックして「雨を待ち続けるのか?すぐ売るのか?」しっかり判断しましょう。

また車体の色は暗い色の車が有利とされています。

雨ぬ濡れた天候でのチェックの際、明るい色の車は曇天で濁った印象になりやすく水滴自体の影も浮かぶのでパット見の印象があまり良くありません。

曇天下では暗い色の車はあまり変化が感じられず有利に働きやすいようです。

雨の影響はそれほど大きくない?

ここまでの文章の書き方で気がついた方もいるかもしれません。
雨が査定額に影響を与えているのは確かのようですが査定額に与える影響はどのくらいかといえば大した影響でもないというのが現実なようです。

「見落としてくれればラッキー」といった運程度の誤差と言ってもいいでしょう。

雨の日査定のメリットとデメリット

ここで雨の日の査定についてメリットとデメリットの話になります。
メリットについてはここまでお話させていただいたとおりですのでメインはデメリットということになります。

雨天時の査定において懸念されるのが逆に査定額が下がってしまう可能性があるということです。

雨の水滴で傷などが見つかりづらいというのは逆に綺麗にしていた場合、その良い点も見逃される可能性があるということです。

他にも査定を早く切り上げやすいというメリットが逆にデメリットになってしまうケースもあります。
それが再査定の可能性です。

再査定というのは査定時に発見できなかった(あるいは隠していた)修復歴、欠陥が契約後に発覚したため、査定のし直しとなり後日減額されてしまうというものです。

小さな車体の傷程度であればこれらの請求が来ることはありませんが修復歴レベルとなると賠償請求が発生する可能性があります。
再査定自体、まず滅多に無い話ですので心配しすぎる話でもありませんが、そういうリスクもあるという認識は持っておくと良いでしょう。

結局雨は避けるべき?

実際の所、かなり難しい選択では有ると思います。
見込める査定額アップの金額は大したことはないが可能性は十分にあります。
しかし同時に査定額が下がるという可能性が非常に低いながら発生します。

単純に1社だけ査定を狙い撃ちで受ける場合、雨の日を指定するのであればそれはNOと申し上げます。

一番良いのは複数社同時査定を受ける方法です。
基本的に複数社同時査定を受ける場合、3社程度同時に受けることになると思います。
このうちの1社を雨の日に指定することでリスクを最低限回避しつつ査定アップを狙うことも出来るでしょう。

繰り返しますが雨を待っていて売り時を逃してしまうケースが一番の悪手です。
雨による査定額アップよりも年またぎやモデルチェンジ発表などのタイミング、または季節の売り目の車種などのタイミングを逃してまで雨を待つメリットはあまりありません。

よく考えて雨を待つか、待たずにうるかを選択をしましょう。

欲しい車の非公開価格情報を知る方法


「欲しい車があるけど、探すのに 時間がかかる」

こういう悩みをお持ちのあなたへ ズバッと車販売なら希望にあった 車を非公開車両60万台以上の中から紹介(利用は無料)

まだ店頭に出回っていない状態のいい価格の安い非公開情報を誰よりも早くゲットできます!

たったの60秒程度の入力で非公開価格情報を知れます

いい車で価格の安いものはすぐに 売れてしまいます。

希望の車は最短1日で見つかります。↓