査定前に知っておきたいコラム

車査定の第三者機関とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車の売却をしようとしていて色々調べていると「第三者機関による査定」という言葉を見かける時があります。
大手買取業者は各社で査定士を用意し独自に査定を行っていますが第三者機関はその名の通り独立した査定に特化した独立組織です。

査定

世の中にはいくつも買取業者が存在し査定士もたくさん居るのになぜこのような独立した組織が必要なのでしょうか?
通常の店舗の査定と第三者機関の査定の違いはあるのかという点も気になるところですね。

今回は車査定の第三者機関について解説していきます。

第三者機関は大きく分けて2種類

査定

車の査定において第三者機関は大きく分けて2種類に分けることが出来ます。
しかしこの第三者機関は売却よりも購入時のほうが大きく関わりやすいことになります。

その2種類がGoo net系のJAAI(一般財団法人日本自動車査定協会)と、カーセンサー系のAIS(株式会社AIS)です。

JAAIとAISの違いはJAAIは経済産業省の許可を受けて設立された公益法人で公平な立場で査定を行う独立した第三者機関です。

対してAISは中古車の評価を専門とした企業です。

その信頼の高さから各自動車メーカーからの支持も高くなっています。

その他個人の民間業者による査定を行う所もあり第三者機関とも呼べなくもありませんが信頼性はJAAIやAISほど高くはなく、個人オークションで出品するために受ける査定などで使うくらいのようです。

さらに業社が中古車を販売するのに第三者機関を通さなければいけないということはなく、その義務はありません。
ではなぜわざわざ第三者機関を通すのかといえば車両状態確認証明書を発行してもらい認定中古車としてお客さんに信頼をしてもらうためです。

車を買う側にとって気になるのはその車が本当に事故車ではないのかどうかということですが、その証明が販売店独自のものよりもそれ以外の第三者による認定のほうが信頼しやすいため、義務でなくても受ける業社が多いようです。

車を売りたい時に第三者機関を利用する理由

では中古車として車を売りたい場合、第三者機関を利用することに何の意味があるのでしょうか?
本来買取業社から査定を受けるた場合、無料で受けることが出来ます。
対して第三者機関で査定を受ける場合有料となります。

査定士というのは中古自動車査定制度の認定を受けた厳しい指導の末資格をとった査定士が行いますが買取業者側は少しでも安く買いたいと思っているのは容易に想像がつきます。
無料で査定が受けられると言ってもやはりどこか怪しく感じる所があるといえます。

だからこそ有料であるとしても第三者機関で査定を受けることで事前に自分の車の状態を把握することが買取業者とやり取りするには有利となる要素となります。

必要な料金は大体軽自動車5000円~大型車10000円といったところです。

修復歴がわからない車

車を売却する場合に、その車が譲渡を受けたものであったり出処がハッキリしない外国車だったりした場合、修復歴があるかどうかよくわからないことがあります。

これを知らずに売却した場合、最悪二重査定などのトラブルに発展しかねません。
その為、まずは第三者機関にそういった車を持ち込み状態をはっきりさせるために持ち込んで査定士てもらい、茶寮状態確認証明書を発行し、それを持って買取店の査定を受け二重査定のトラブルを未然に防ぐことが出来ます。

買取業者の中には最初の査定で他の業社に比べ異常に高い買取額を提示しておきながら後になって隠れた欠陥、修復歴を見つけたと言い出し再度査定を行い大幅に減額を行うということをするところもあります。

この修復歴は車に詳しくない人には判断がつきづらく、最悪修復歴なんて無いのに有ると言い出し確認するすべもなく安く買い取られてしまう可能性もあります。

以上の理由により有料でありながらも第三者機関で査定を受ける理由、その価値があることがわかっていただけると思います。

事故車の査定

上記では自分の車に修復歴が有るかどかを調べるための理由で第三者機関を使う理由を挙げましたが、今度はそうではなく事故を受けてしまった場合の査定で第三者機関を利用する場合のお話です。

追突などを受けて大きく損傷を受け車の重要部分が損傷してしまった場合、仮に見た目は綺麗に直されたとしても査定額は大きく下がります。
この車の価値が事故により大きく下がってしまうことを評価損と呼びます。

そしてその車を売却する時に相手方に下がった分の損害を請求するために必要となってくるのが事故減価格証明書です。

この場合に使用する第三者機関はJAAIとなります。
全国にJAAIの支部が存在していますので一番近い所で査定を受けて証明書を出してもらうと良いでしょう。
また事故の程度によっては車を動かすのが困難な場合もあります。

出張査定を受けることも可能ですがこの場合出張費用がかかってしまうので注意が必要です。

欲しい車の非公開価格情報を知る方法


「欲しい車があるけど、探すのに 時間がかかる」

こういう悩みをお持ちのあなたへ ズバッと車販売なら希望にあった 車を非公開車両60万台以上の中から紹介(利用は無料)

まだ店頭に出回っていない状態のいい価格の安い非公開情報を誰よりも早くゲットできます!

たったの60秒程度の入力で非公開価格情報を知れます

いい車で価格の安いものはすぐに 売れてしまいます。

希望の車は最短1日で見つかります。↓