査定前に知っておきたいコラム

ボディの細かい傷やへこみは直してから査定に出したほうがいいの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

査定額アップのためにボディーの細かい傷やへこみがある場合、それを治してから査定に出すかどうかはとても迷うポイントだと思います。
その傷がそこまで大きいものでない場合は特に治す必要はありません。

へこみ

その理由について説明していきましょう。

細かいボディーの傷やへこみはそこまで査定額に影響しない

基本的に車の査定額に数十万円単位で影響してくるのは細かいボディー(外観)の傷ではありません。
構造部分まで響く事故痕があった場合、査定額は一気に下がることになります。

ですのでバンパーやドアなどにキズが入っていただけで査定額が大きくマイナスになることはありません。
もしも下がったとしても2,3万円程度でしょう。つまり修理をしてしまうと逆に損をすることにもなりかねません。

バンパーの交換や車体についた傷やへこみは買取業者の工場で簡単に修理することができます。
ですので業者にとっても大きなダメージとはならないのです。

修復歴があると査定額がグーンと下がる

過去に車内の構造部分にまで及ぶ事故歴があって修理した場合、その修理歴のことを修復歴と言います。
この修復歴があった場合は査定額が数十万円単位で下がることがあります。

自分の場合は左前半分に構造部分にまで及ぶ事故歴がある車を売りました。
その時の査定士さんの言葉では、「事故がなかったらこの年式のこの車種は40万円以上で売れたかもなー。」
ということを言われました。

そして、ほとんどの買取業者が15万円から18万円程度の査定額を提示してきました。
このように事故歴があることで査定額はグーンとさがります。
それはいざ買取業者がその車を買い取って、業者オークションで再販する際に大きなマイナスポイントとなるからです。

事故歴ありとはみなされない事故

買い取り業者から見て事故歴ありとはみなされない事故があります。
それがバンパーをぶつけただけの追突事故であったり、タイヤをパンクしただけの軽い自損事故です。
こういうものは買い取り業者の間では事故歴ありとはみなされません。

つまり「修復歴なし」認定の車です。
こういう場合、査定額は通常通りの価格となり高値で売ることが可能です。

欲しい車の非公開価格情報を知る方法


「欲しい車があるけど、探すのに 時間がかかる」

こういう悩みをお持ちのあなたへ ズバッと車販売なら希望にあった 車を非公開車両60万台以上の中から紹介(利用は無料)

まだ店頭に出回っていない状態のいい価格の安い非公開情報を誰よりも早くゲットできます!

たったの60秒程度の入力で非公開価格情報を知れます

いい車で価格の安いものはすぐに 売れてしまいます。

希望の車は最短1日で見つかります。↓



  • このエントリーをはてなブックマークに追加