ミニバン

予算が100万円しかないなら、どんなミニバンを中古で買うのがいいの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回の課題は〝予算100万円〟。
新車のカタログを眺めていると、それだけである種の万能感に満たされ
「走行性能ならこっちだけど、シートアレンジはこっちだしな~」
というような贅沢な悩みに頭が乗っ取られてしまいますが
ではいざ実際に購入を検討となれば・・・
予算オーバーでリスト入りすらさせられない、ということは往々にしてあります。
無い袖は振れない、
火のないところに煙は立たない、
覆水は盆に還らない。

先人の格言を戒めに、
無駄遣いを後悔しながら、
泣く泣くカタログを紙ごみの収集日に出し、
そして全財産をサーフボードに
中古車情報サイトの海へと繰り出すわけですね。

というわけで、今回は
「クルマは買わなきゃいけないが、100万円しか出せない」
そんな人へ向けたミニバン中古車情報です!

MPV

・おすすめ中古ミニバンその1「MPV」

言わずと知れたマツダのマルチ・パーパス・ヴィークル。
剛性と走行性能に長けたミドルサイズのミニバンですが、
中古車相場は40万円からと非常にリーズナブルなんです。

新車ではマツダのミニバンとして最上級の価格帯なのにも関わらず
なぜ中古車は安く買えるのか?
その秘密は2つあります。

まずひとつは、「マツダサイクル」の恩恵。
マツダ車はなぜか、おしなべて下取り価格がいまいち伸びないのです。
〝イナカモン〟のイメージが強かった以前はまだ分からなくもないですが、

ヨーロッパでの商品力向上修行を経てなお、今も
クルマの価値から考えると不当と言っていいほどのリセールバリュー。
マツダでは自社車両の下取りをアップさせて、
買い替えで他社に乗り換えさせない販売戦略を立てていて
「一度買うとマツダからは出られない」ことから
「マツダ地獄」と呼ぶ人も少なくありません。
リセール価格は新車時の価格に比例するので、
そもそもの価格設定が安すぎると言えなくもありません。
実際CXシリーズを購入したオーナーは
「このデザインと性能をこの価格で提供するなんて」と
コストパフォーマンスもベタ褒め。
しかしそれが災いして、次の乗り換えでは
意外なほどに下取り価格がつかず選択肢が狭まり
結局マツダに帰ってくる・・・
この循環は、あるいは故意に発生させられているのかもしれません。
保証期間を過ぎるとすぐ故障するという、
ソニータイマーにも似た状況ですね。

いずれにせよ、マツダ車は
状態のいい中古車を安く手に入れやすいのです。

MPVの中古車が安いもうひとつの理由は、
車種セールライフが長いこと。

初代MPVの登場は1988年。
同じくマツダのミニバンである
ビアンテは2008年、プレマシーは1999年。

カテゴリの中で最も古くから販売されているのです。
フルモデルチェンジの回数は2回ですが、
改良やマイナーチェンジはもちろん期間に比例して多く
なにより出回る個体の数が違います。
プレマシーやビアンテに希少価値がついているというわけでもありませんが、
弾数が多いほど中古車の価格が下がるのは必然。

そして、それはそのまま
中古車を探す時のメリットでもあります。

状態・装備・条件が変えられない中古車は、言ってしまえば
「全部が世界で一台だけ」のクルマですから
自分が望むものを探すのがまず一苦労。
それが見つからなければ、あるいは妥協して予算を上げたり、
欲しい装備を諦めたりしなくてはいけません。

MPVは数が多い上に、サイズはミドルでも
新車ではオプションが豊富な上級ミニバンですから
ちょっと贅沢な条件で検索しても、案外ポンと出てきます。
中古車だからと言って必要以上に自暴自棄にならず、
MPVならまずは「理想」を考えてみてもいいのです。

・おすすめ中古ミニバンその2「キューブキュービック」

クルマ好きの方ならば、

「ミニバンミニバンしたミニバンなんて乗りたくない」

と思うことでしょう。
その気持ち、筆者はよぉく分かります。
特にボックスタイプのミニバンならば
最新モデルの新車をタダでもらえても、のしをつけて返します。

・・・読者が減ってしまいそうなのでフォローしますが、
「ミニバンというクルマの形態」には納得しているのです。
家族を乗せて、荷物を積んで、格好も決めて、などという
贅沢が過ぎるニーズに誠実に応える姿には好感さえ抱きます。
ただ、自分はその運転席に乗りたくはない。
厳密に言えば、経験としてあらゆるクルマの運転はしてみたいけれども
自分の所有物にはしたくない、という感覚です。
ご理解頂けましたか?

さて、そんな方々へのおすすめは
日産キューブに1列加えた7シーター、キューブキュービックです。
ご存知の通り、こちらは現在廃番商品。
キューブ自体はまだラインナップされていますが、
キュービックは残念ながら中古車でしか存在しません。

キューブのスタイルはそのままに、
ホイールベースを延長して3列シートの7人乗り。
ヒップの〝cube3〟というロゴに憧れたキューブオーナーも
もしかしたらいらっしゃるかもしれませんね。

キュービックの中古車はほぼ全てが100万円に収まります。
たった5、6年の生産にしては意外と数も多いので、
けっこう条件の融通が利くのも嬉しいポイント。
7人で乗り込み、いかにもなミニバンの横をすーっと抜けて
優越感に口の端を上げるのはいいですが、
相手のドライバーにはあまり見られないように気をつけましょう。

欲しい車の非公開価格情報を知る方法


「欲しい車があるけど、探すのに 時間がかかる」

こういう悩みをお持ちのあなたへ ズバッと車販売なら希望にあった 車を非公開車両60万台以上の中から紹介(利用は無料)

まだ店頭に出回っていない状態のいい価格の安い非公開情報を誰よりも早くゲットできます!

たったの60秒程度の入力で非公開価格情報を知れます

いい車で価格の安いものはすぐに 売れてしまいます。

希望の車は最短1日で見つかります。↓



  • このエントリーをはてなブックマークに追加