査定前に知っておきたいコラム

車査定で個人売買をやる際の手順と注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

手持ちの車を少しでも高く売りたい!
そう考えた時、中古車買取業者の場合、中間マージンを取られてしまい結果的に安く買い取られてしまうことがあるため、残された手段は個人で必要としている人と直接交渉が出来るオークションで個人売買することになってきます。

個人売買

しかし車というものはとても高い資産価値の有る存在として扱われるため法的なやりとりなどとても面倒な部分が多数あります。
それも初めて個人売買をやってみようと思っている方であればなおさらでしょう。

これらの手間を考えるならまずは個人売買か買取専門店かの選択を一度じっくり考えてみると良いでしょう。
それでも個人売買をしてみようと思う方のために今回は中古車の個人売買のやり方と注意点、問題点などについてお話していこうと思います。

車を個人売買する方法は?

車の個人売買

いざ覚悟が決まって車の個人売買を行おうと考えた時まず最初の問題がどこでどうやって売買を行うのかということです。

近年はインターネット普及により、個人とつながりやすくなりネット上でのオークションが盛んとなっています。
その中でも有名なのがヤフーオークション(ヤフオク)、楽天オークション、モバオクといったところでしょうか。
特にヤフーオークションは利用者の数が多く、取引の数はとても盛んに行われています。

こういったオークションサイトへ車を出品し、最低落札価格を設定、購入希望者が出るのを待つことになります。

個人売買の手順

今回はヤフーオークションを例にすすめていきます。

まず必ず必要となるのがYahoo!プレミアム会員(月380円)の登録です。

ヤフオクサイトへ接続後、出品情報を入力していきます。
出来るだけ車の状態が分かりやすくなるように情報を書いていきましょう。
ノークレーム、ノーリターンの旨は必ず記載してください。

販売形式を入札か即決価格かで選ぶことが出来ます。
入札では希望額に満たない事もあるので自信があってチャレンジしてみようと思うのであれば「定額で出品」を選んでみるのも良いでしょう。

売買が成立した場合、車体と共に必要な書類を落札者に引き渡すことになります。

車検証・自賠責保険証・自動車納税証明書・リサイクル券

大体の場合は名義変更を落札者が行うことになるのでさらに以下のものが必要になってきます。

印鑑証明・譲渡証明書・委任状

あとは必ずしも必要というわけではありませんが、後のトラブルを防ぐためにも契約書をとっておくと良いでしょう。

個人売買のメリット・デメリット

ヤフーオークションに限った話ではありませんが個人で車を売買するには様々なメリットとデメリットが有ります。

○メリット

業社ではなく個人間での取引となるので消費税がかからない。

中間マージンを取られず、手数料もかからないので高く売れる可能性が高い。

マイナーな車でもマニアの人が居れば売れる可能性がある。また一般的には受け入れられないようなカスタムカーや痛車でも愛好者から高値がつくことがある。

○デメリット

入札が全くない場合は手数料だけ取られる。

逆に安く買われてしまう可能性もある。

手間も時間もとにかくかかる。

代金のトラブルが起きやすい。

法的な書類のトラブルも起きやすい。

トラブルが起きた時の対処がものすごく大変。

このように確かに中古車買取り専門店に比べて高く売れる可能性はありますが、反対にデメリットも大きいためハイリスクハイリターンな面があるのも否めません。

個人売買は敷居が高い

上記までのように車の個人売買での問題が起きやすく、またその対処も全て自分で行わねばならず大変なことになります。

上記でも触れたのですが車の取引では名義変更を行うために相手に手続きを委任する必要があります。
この時、いつまでも名義変更が行われないままにされてしまうという報告がとても多いといいます。

これ自体は名義変更が完了するまで相手から預かり金を徴収しておくことで少しでも早く手続きを行うように促すことは可能です。
(手続きが終わったら預かり金は返却します。)

また引き渡した後すぐに故障してしまい、ノークレームノーリターンでおいう約束のはずなのに金銭的なトラブルに発展してしまうケースもあります。

そのほか、手続きを委任している間に勝った側が車を乗っていた場合、交通違反や駐車違反を起こした場合、所有者は名義変更前の売った側なので通知はこちらに届くことになります。
そのためこちらから警察まで弁明のために出ていかなければならなくなります。
事故の場合は損害賠償委を求められてしまう可能性もあります。

一番最悪な例で犯罪に使うために買われた場合、委任したまま消えてしまい、事件が起きてから連絡がやってくるというケースもあります。

また4月をまたいでしまうと自動車税の納税通知がやってきてしまいます。
これも名義が変更されていないと起きてしまう弊害です。

オークション代行業社

このように個人だけでの売買ではリスクがかなり付きまとってきます。
そこで多少手数料は必要になってきますがオークション代行業社を利用するという手もあります。

こちらはちゃんとした資格を持った業者なので業者専門オークションへの出品が可能であり、手持ちの車がどの程度で売れそうかということを事前に調べることができます。

買う側も個人ではなく業社なので手続きは迅速・正確なので法的なトラブルも少なくすることが可能です。
全くリスクがないわけではありませんし、やはり入札がほとんどなく安く買われてしまう可能性もありますが面倒な手間というリスクは大幅に減少するでしょう。

欲しい車の非公開価格情報を知る方法


「欲しい車があるけど、探すのに 時間がかかる」

こういう悩みをお持ちのあなたへ ズバッと車販売なら希望にあった 車を非公開車両60万台以上の中から紹介(利用は無料)

まだ店頭に出回っていない状態のいい価格の安い非公開情報を誰よりも早くゲットできます!

たったの60秒程度の入力で非公開価格情報を知れます

いい車で価格の安いものはすぐに 売れてしまいます。

希望の車は最短1日で見つかります。↓