コンパクトミニバン

コンパクトミニバンの中でも一番人気で、家族が多くても乗りやすい車種といえば?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以前ミニバンのランキングを発表しましたが、今回はさらにジャンルを絞ってみたいと思います。
それは、コンパクトミニバン! 小さくても〝使える〟優秀なクルマ達を大分析!

・コンパクトミニバンとは?

その名の通り、コンパクトなミニバンのことです。 一見すると普通の5人乗りサイズなのに、 7シーターという不思議なクルマ。

ミニバンは、室内空間を確保するためボディサイズが大きくなったことで
・重くて燃費が悪い
・細い路地などで動きにくい という欠点があります。

それを克服すべく、開発されたのが 小さめホイールベースの上に充分なキャビンスペースを乗せた コンパクトミニバンなのです。

「ちょっと無理して3列目のシートを詰め込んだだけじゃないの?」 とお思いの方がいらっしゃるとすれば、 それは大きな間違いです、と言わざるをえません。

コンパクトミニバンは、他にもすばらしい特長を備えているのです!

・これがコンパクトミニバンだ

すぐにでもコンパクトミニバンの特長をご説明したいところですが、 読者の方は、まだイメージがぼやっとしているかもしれません。

そこで、まずは 日本の自動車メーカーが手がけた コンパクトミニバン達を並べてみます。

(本記事では全長3900~4300mm程度の車種を扱います)

日産 cube cube3キューブキュービック

読み方は「キューブキュービック」

5人乗りのキューブをほんの少し長くして、 デザインはそのまま7人乗りにしたクルマ。

 

ホンダ モビリオ

ホンダモビリオ

2001年に発売された、 コンパクトミニバンの火付け役。

フィットに続く、
ホンダ「small max」シリーズ第2弾。

ダイハツ ブーンルミナス

ダイハツ・ブーンルミナス女性人気の高いブーンの ミニバンリメイク。

販売期間が短く、市場に出回る台数も少ない。

 

スズキ エルティガ
スズキ・エルティガ

マルチ・スズキ・インディア
(スズキとインド政府の合弁企業) が製造、販売する小型MPV。

※海外ではミニバンをMPVとも呼ぶ

トヨタ シエンタ
トヨタ・シエンタ

販売終了後、 わずか9ヶ月で製造を再開したという 異色の経歴を持つクルマ。

再販後は、そのまま 現在に続くロングセラーとなった。

ホンダ フリード

発売当初から注目を浴びた、 コンパクトミニバンの花形。ホンダ・フリード

開発コンセプトは
「フリーライフ・クリエイション」。

(前3車種は廃版・写真はすべて公式サイトより)

・・・どうでしょうか?
街で見かけたり、 お知り合いが乗っていたりするクルマもあったと思います。

ここから先はぜひ 6台の中から自分の好きなクルマを選んで 頭の中で走らせながら、読んでくださいね。

・コンパクトミニバンのイイトコロ

コンパクトミニバンには、次に挙げる利点があります。

1.コンパクトなボディで、スイスイ走れる
2.軽量だから、ランニングコストもカルい
3.洗練されたフォルムに、デザインの妙を見る

もちろん、ひとつひとつ解説していきます!

1.コンパクトなボディで、スイスイ走れる

コンパクトミニバンがコンパクトミニバンたる所以ですから、 コンパクトであることは当たり前。

しかしそれでも、実際に走らせると その考え抜かれた設計に ドライバーはじめ同乗者はため息を漏らすしかありません。

その秘密は視点の高さ。

コンパクトミニバンには、背の高いクルマが多いです。 前後と左右の平面積を小さくしてあるので 上下に大きくして容積を得るという意図もありますが、 ノーズが短く、運転席が高く配置されているため 文字通りの俯瞰的な視点になります。

死角が少ないから、不慣れな人でも怖くない。
それが、コンパクトミニバンのスイスイ走れる理由です。

2.軽量だから、ランニングコストもカルい

クルマにかかるお金は、 ひとつひとつ挙げればきりがありません。
車検、修理、カスタム、備品・・・。
愛車をかわいがればかわいがるほど、お金がなくなる・・・とも言えます。

しかし、やはり一番大きいのは税金と燃料費です。
自動車取得税、自動車税、重量税に、燃料代。

ガソリンが公園の水道から出てきたらいいのに、 なんて夢のようなことを考える人も少なくないと思います。

でも、心配ありません。
コンパクトミニバンは、家計にもやさしいのです。

コンパクトミニバンは、普通のミニバンより軽量です。 小さいから当然のことと思われるかもしれません。
けれど、7人がゆとりをもって乗れるクルマである以上、 本当はそれほど小さいわけではないのです。

クルマに限らず、構造物の大きさと重さは単純に比例関係ではありません。 大きくなるほど必要な強度を満たすために 材料が厚くなったり支持部品が多くなったりするので、累進的に重くなるのです。

だから、たとえばフリードとアルファードでは サイズが「ひとまわり」(全長が700mm、全幅が150mm、全高が100mm)違うだけで 重さは「約1トン」(900kg)も変わってきます。

つまり、コンパクトミニバンは
「すこし小さくて、すごく軽い」クルマなのです!

軽いと、いろいろなイイコトがあります。
排気量が小さくて済むので、自動車税が安い。 燃費がいい。 燃費がいいと、自動車取得税・重量税も減税。
減税の有効期間が終わっても、重量税は安い。

ランニングコストが抑えられると、ますますクルマに愛着が湧きますね。

3.洗練されたフォルムに、デザインの妙を見る

デザインという言葉は、えてして「見ため」のことだと誤解されますが その本質は「問題の解決」であり「提案」です。

とりわけ、「走る、曲がる、止まる」という 確たる目的をもってつくられるクルマにおいては、 技術とデザインは深く関係しています。

技術的な問題を、デザインが解決する。

極端な例で言うと、
「街で見かける、エアロパーツの域を越えて アニメキャラクターを模した改造を施されたクルマは 高速走行に耐えうるか」
という問題。

もちろん、答えはNO。

スピードを上げるごとに 尻尾がもげ、
足が飛び、 顔が潰れるであろうことは、火を見るより明らか。

もしパーツの剛性が高く、壊れることがないとすると
もっと悪質な問題を引き起こします。
空気抵抗が大きくなり、速度が頭打ちになるのです。

自由落下の話をご存知でしょうか。
地球上で落下する物質は、常に地球の引力に引っ張られているため
落ちている間ずっと加速し続ける・・・というのは、空気抵抗を無視した場合。
実際には、落下速度に比例して大きくなる空気抵抗が
いずれ引力と釣り合ってしまい、それ以降は加速できません。

力は働き続けているのに、スピードが上がらない・・・。

同じことは、クルマでも起こります。

引力と違って、クルマを前進させる推進力は
その動力源(エンジン)そのものに限界がありますが、
空気抵抗をまったく考えないボディを被せたとしたら、
「エンジンはまだ余力を残しているのに、加速できない」
というクルマになってしまうのです。

カッコよければいいわけじゃない。 かわいければいいわけじゃない。 クルマの形は、課せられた機能を果たすために描かれるのです。

しかし、同時に、 クルマは市場に流通する「商品」でもあります。 そこでは古今東西の魅力的なクルマが群雄割拠し、 個性のない外観では消費者に見向きもされません。

そこに、クルマのデザインの葛藤があります。 機能をまとめ上げながらも、美を追求する。 どちらを犠牲にすることも許されないからです。

中でもコンパクトミニバンは 最小限のサイズに最大限の機能を有しつつ、 性別を問わず、幅広い年齢層のニーズに応えるエクステリアを備える、 という使命を負っています。

これがクルマのひとつの答えだ、という 各社の「提案」をその姿に見られるのも、 コンパクトミニバンの大きな魅力のひとつなのです。

・一番人気の車種

コンパクトミニバンの説明が長くなってしまいましたが、 いよいよ一番人気の車種を紹介します。

多くの人は、もう予想がついているかもしれません。 発表します。
コンパクトミニバンの一番人気は・・・
ホンダ・フリードです!

ホンダ・フリード

(写真は公式サイトより)

その走行性・操作性と使い勝手のよさ、 そしてデザインが評価され、 堂々の人気ナンバーワン。

2014年のミニバンランキングにも、 コンパクトミニバンで唯一ランクインしています。

簡単にフリードの歴史を追ってみると・・・

2008年に発売。
1年間で76,000台を売上げ、その後も人気は衰えず
2010年に5人乗りの派生車種「フリードスパイク」を発表。
2011年には両車種のハイブリッド
「フリードハイブリッド」
「フリードスパイクハイブリッド」が登場し、現在は4家族で展開中。

「思ってたより2倍は広い」と定評のある室内空間はホンダの専売特許。
〝中〟と〝外〟の両面で、他を圧倒する実力車です。

フリードについては、今後またくわしく特集する予定です。 どうかお楽しみに!

欲しい車の非公開価格情報を知る方法


「欲しい車があるけど、探すのに 時間がかかる」

こういう悩みをお持ちのあなたへ ズバッと車販売なら希望にあった 車を非公開車両60万台以上の中から紹介(利用は無料)

まだ店頭に出回っていない状態のいい価格の安い非公開情報を誰よりも早くゲットできます!

たったの60秒程度の入力で非公開価格情報を知れます

いい車で価格の安いものはすぐに 売れてしまいます。

希望の車は最短1日で見つかります。↓



  • このエントリーをはてなブックマークに追加