ステーションワゴン

カローラフィールダーハイブリッドの燃費はどこまで快適か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタの歴史あるカローラシリーズの派生車種にして、
総合力で今なお好調に販売を続けるフィールダー。
今回は特にハイブリッドモデルについて調査してみました。

・フィールダーハイブリッドの基本情報

 カローラ フィールダー
まずは基本データをチェック!

メーカー :トヨタ
販売店 :トヨタカローラ店
発売 :2013年
略歴 :カローラシリーズのステーションワゴン

「フィールダー」3代目から
ハイブリッドモデルが追加された。
そのシステムはプリウスやアクアと同様のもの。

価格帯 :220~250万円
燃費 :33.8km/L
名前の由来 :フィールド(野外)に出て遊ぶ人、

そういう人のためのクルマという意味。
また、カローラはラテン語で「花の冠」。

フィールダーのハイブリッドモデルは、
現行型となった2012年のフルモデルチェンジから
約1年遅れて登場しています。
同時にセダンタイプであるカローラアクシオにも
ハイブリッドモデルが追加され、
カローラシリーズは2車種4モデル展開に。
アクシオとフィールダーは
ボディタイプが異なるものの、燃費は同じで
容積とのバランスを考えると
フィールダーハイブリッドはお買い得と言えるかもしれません。

・フィールダーハイブリッドの魅力

燃費はもちろん良くなるのですが、
それ以外にもノーマル車との差別化が図られ
ハイブリッドには2つのメリットがあります。

1つはボディ剛性。
ボディのリア部分のフレームに
溶接箇所を追加し、ボディ剛性を強化
これにより乗り心地と静粛性が向上しています。

そして、エクステリア。
エンブレムにはハイブリッドを示すブルー塗装、
フロントグリルはメッキ加飾の専用のものと
特別感を増した上に、ボディカラーも追加。
「ホワイトパールクリスタルシャイン」
「ライトブルーメタリック」
ハイブリッドモデルでしか選べないのです。

もちろん、他のグレードラインナップとは
通常の装備も異なっているので、
特に内装に関しては「ワンランク上」の内容です。

さらに、他の車種のハイブリッドモデルと比べても
秀でている部分があります。

それが、メーター。

プリウスやアクアは、センターメーターが
デジタル表示で、
クルマの状態を把握できるのはいいのですが
「タコメーターが欲しい」という声や
「メーターはアナログがいい」という要望も少なくありません。
やっぱりキーを差し込んでイグニッションをひねって・・・
というのはさすがにこのご時世珍しいのですが、

「せめてメーターはアナログ3眼でお願いしますよ!」

というのは運転好き・クルマ好きの共通認識なのです。
フィールダーはノーマル車がベースですから、
メーターはアナログ2眼。
速度計も回転計も、ちゃんと針が回ってくれるのです。
見た目の問題だけでなく、
とくにマニュアルミッションを選ぶ人は

エンジンの回転数は速度と同じくらい大事な情報

ここを指して
「やっぱフィールダーじゃないと」
というユーザーもいるくらいなのです。

・フィールダーハイブリッドの燃費

ではいよいよ、燃費の情報です。
JC08モードで33.8km/Lとカタログには書いてありますが、
実燃費はいかほどなのでしょう?

1人目:22.33 km/L2人目:18.27 km/L3人目:21.40 km/L4人目:18.72 km/L5人目:20.86 km/L6人目:22.22 km/L7人目:18.88 km/L8人目:23.29 km/L9人目:20.95 km/L10人目:21.96 km/L

きちんと手計算で算出している情報サイトから、
ランダムに10人抜き出してみました。
下は18km/Lから上は23km/Lまで差が出ていますね。
サイト全体の平均は22.07kmとのことです。

もっとも、このようなサイトに投稿する人は
普段から燃費を気にかけて運転しているでしょうから
そうでない人よりも若干良い結果が出るでしょう。
そのあたりを鑑みると、

市街地を普通に運転して19km/L

・・・というところでしょうか。
けれど上は27km/Lまでいるのだと思えば、
愛車の未来は明るいですね。
上の情報は満タン法という手計算ですが、
フィールダーはメーターの燃費計も
誤差がかなり小さいようですので、信頼できます。

ちなみに燃費計は、メーカーや車種によっては
実際より1割も良い燃費を表示するものもあるらしいので
気にする方は一度誤差を見てみるといいかもしれません。
毎回走行距離を記録して計算するのは
少々億劫でしょうからね。
また、燃費計はタイヤを変えるとずれてきます。
直径が変わって1回転あたりに進む距離が変わるからですね。
微妙なことまで突っ込むと、
空気圧が変わっても・・・
なんて、そこまではとても追いかけられないでしょうが。

ただ、そういった理由で
やはり純正のホイールとそれに合ったタイヤを履くこと、
空気圧をマメにチェックすることは
クルマが本来持っている性能を引き出す上でも、
走行距離や燃費計のような数字を正確にする上でも
役に立つことだと言えますね。

音楽ホールは、観客席が全部埋まったとき
音の反響が最も良くなるように造られていると言いますが、
クルマもあらゆるものを規定の状態で備えて初めて
カタログ上の能力を発揮するのです。

燃費が良くなるとどこかで聞きかじって
空気を多めに入れておいて、
「振動が気になる」なんて言っては
クルマが可哀想というものですよね。

欲しい車の非公開価格情報を知る方法


「欲しい車があるけど、探すのに 時間がかかる」

こういう悩みをお持ちのあなたへ ズバッと車販売なら希望にあった 車を非公開車両60万台以上の中から紹介(利用は無料)

まだ店頭に出回っていない状態のいい価格の安い非公開情報を誰よりも早くゲットできます!

たったの60秒程度の入力で非公開価格情報を知れます

いい車で価格の安いものはすぐに 売れてしまいます。

希望の車は最短1日で見つかります。↓



  • このエントリーをはてなブックマークに追加