コンパクトカー

日産キューブは乗り心地の良さ抜群のコンパクトカー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブルドッグみたいなクルマ・・・といえば、そう、
日産・キューブ。
四角いのに丸い、そのデザインに惚れる人も多いですが
丸くて四角いそのカタチは、他にもメリットがあるのです。
今回はキューブにズームアップ!

・基本情報

日産 キューブ
キューブの基本的なデータをまとめます。

メーカー :日産自動車
販売店 :日産全店
発表 :1997年10月
発売 :1998年2月
略歴 :2002年、2008年にフルモデルチェンジ。
現行型は2012年のマイナーチェンジモデル。

初期型のキューブはもっと角ばっていて、
現行型よりも少し小さめ。
この2000年以前のモデルも、しかし
未だに街を走っているのを目にします。

カルロス・ゴーンの日産の最高経営責任者(CEO)着任後、
マーチと同様キューブもフルモデルチェンジ。
「キューブ」の名に相応しいハコ型ながらも
カドを落としたフォルム、
左右非対称のピラー、
シンプルなのにそれと一発で分かる個性的なノーズ。
そのエクステリアデザインは高い評価を得ました。

二度目となる2008年のモデルチェンジでも、
2002年のモデルコンセプトを踏襲。
波打つラインを強調し、ブルドッグのような面構えに。
内装にもそのデザインは採用され、
インパネや天井にも曲線が目立ちます。

・キューブ、キューバー、キュービック

キューブの魅力は「持つ喜び」と「座る歓び」。
そのユニークなエクステリアはオーナーの所有欲を満たし、
いったん中に乗り込めばさながら走るマイルーム。

この2点についての口コミをピックアップしてみましょう。

エクステリア
☆他にない個性的なデザイン!
☆丸みを帯びながらも、やっぱりキューブ
☆フルモデルチェンジの周期が長い
☆独特。アイディンティティがある
☆気に入るとたまらない。他のクルマに興味が持てない

インテリア
☆デザインの思想がすごくいい
☆車格の割に室内が広い
☆圧迫感がない
☆小物置きの配置などがよく考えられていて便利
☆リアシートをスライドさせると、大人が4人乗ってもゆとりがある
☆天井の波紋はセンスがいい
☆インパネは曲線を描いたテーブルのよう
☆シートはソファのような感触。疲れない
☆アームレストも大きい
☆色使いは好感が持てる
☆メーター類も見やすい
☆リビングにいる感覚。落ち着ける。癒し系のキャラクター

広い室内、座り心地のいいシート。
2代目キューブをベースに、
3列シートのコンパクトミニバン「cube3(キューブキュービック)」
がつくられたのも納得できる話です。

・キューブの装備

エクステリアとインテリア以外の装備にも目を向けてみます。

キューブの装備①

「アイドリングストップ」

燃費を気にするなら当然選びたい、エコ装備。
市街地の短距離移動が多いユーザーならなおのことです。
キューブはアイドリングストップが全車標準装備。
細かくて見にくい装備一覧表など開かなくても、勝手についてきます。

キューブの装備②

「見やすいメーター」

走行性能にも使い勝手にも直接の関係がないメーター類。
けれどドライバーにとっては、
常に視界にあり、クルマの状況を教えてくれる大事な計器。
見やすく分かりやすく、
そしてちょっとかっこいいorかわいい。
そんな理想があるものです。
日産のメーターデザインには定評がある通り、
キューブもやはりクルマのイメージに合ったものが装備され、
インテリアの一部として、便利で楽しい空間を演出しています。

キューブの装備③

「スムースな乗り降り」

フロントドアの開口部が大きく、
いい意味でコンパクトカーらしくない乗降性を実現。
Aピラーの傾斜も小さいので
変に体を屈めたりせず、スッと乗り込めます。

キューブの装備④

「室内快適性能」

日産が呼ぶところの〝インナーグリーン〟は
「クリーンな空気」「肌にやさしい」「清潔」という
3つの視点に立ってまとめられたもの。
内容を見ると、
「花粉・におい・アレルゲン対応高性能フィルター」
「肌保湿効果・除菌機能付きプラズマクラスター搭載オートエアコン」
「UVカット断熱機能付きプライバシーガラス」
「排出ガス検知式内外気自動切り替え機構」
と、なにやらものものしい文字が並びます。
ともかくも、
人の視線や紫外線、花粉もにおいもアレルゲンも
はては雑菌までガードして肌には潤いを保ってくれると。
これは本当の自分の部屋より快適な環境なのかもしれません。

キューブの乗り手は、ほぼ全員が
「デザインを買った」と言っています。
それは外観であり、内装であり。
フルモデルチェンジを頻繁に施すことなく
ロングスパンで売り続けられるのも、
このデザインの虜になったファンが少なくないから。
内装の豪華さ、特別仕様車の設定はあとを絶ちません。

対して、
「走行性能」に関しては正直なところ、不満があるよう。

「街をのんびり走るのには最高」と称する肯定派の真意は、
「最高のマイルームにタイヤが付いてると思うくらいがちょうどいい」
ということなのでしょう。

潔いほどデザインだけにこだわったクルマ。
ターゲットユーザーの要求や価格帯を考えると
それはコンパクトカーでしかできないことであり、
もはやキューブにしかできないことなのかもしれません。

欲しい車の非公開価格情報を知る方法


「欲しい車があるけど、探すのに 時間がかかる」

こういう悩みをお持ちのあなたへ ズバッと車販売なら希望にあった 車を非公開車両60万台以上の中から紹介(利用は無料)

まだ店頭に出回っていない状態のいい価格の安い非公開情報を誰よりも早くゲットできます!

たったの60秒程度の入力で非公開価格情報を知れます

いい車で価格の安いものはすぐに 売れてしまいます。

希望の車は最短1日で見つかります。↓



  • このエントリーをはてなブックマークに追加