ミニバン

デリカD:3を口コミから評価してみました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クルマは大きく2種類に分けられます。
スピードや走破性主義の「乗り物」としてのそれと、
実用主義の「道具」としてのそれ。
デリカD:3は明らかに後者。
ゆえに購入者に評判の高いこのクルマをフィーチャーしました!

デリカD:3
(写真は公式サイトより)

・デリカD:3の基本情報

デリカD:3と聞いて、「ん?」と思う人も少なくないはず。
「D:5は知ってる、D:2もなんとなく。
D:3ってあったんだっけ?
でも確かに聞いたことあるような?」
その曖昧な知名度は、生い立ちに由来していました。
まずは基本的なデータをまとめます。

生産メーカー :日産自動車
販売メーカー :三菱モータース
販売チャンネル :ミツビシモータース全店
発売 :2011年10月
略歴 :日産の「NV200バネット」のOEM。(※)

2012年と2014年に一部改良。

現行モデルは初期型。
価格帯 :200~210万円
燃費 :12.8~13.2km/L
車名の由来 :DELICAは「Delivery Car」の略で

三菱のミニバンシリーズの総称。
3はサイズを表す。

※OEMとは

自動車業界に詳しい人はお分かりかと思いますが、
そうでない人に向けてご説明します。

OEMはフルスペルで「Original Equipment Manufacture」。
その意味は「他社ブランドの製品を製造すること」。
いわゆる委託製造ですね。
他の言葉につなげて、OEM供給とかOEM製品とも言われます。
自動車業界では、単に委託するのではなく

あるメーカーが作って販売しているものを、
契約を結んだ他のメーカーも販売する
ということがあります。
その理由は主に「製造コストの削減」や「生産能力の賃借」。
これは三菱と日産だけの関係というわけではなく、
たとえばスバルも以前ダイハツの「Coo」という車種の
OEM供給を受け「DEX」として販売していました。
現在でもトヨタとダイハツ、日産とスズキ、スズキと三菱の間などで
同じクルマが違う名前でラインナップに載っています。

*補足しておくと、
トヨタ86とスバルBRZは「共同開発」なのでOEMではありません。
ちなみに「Original Equipment Manufacture」は
直訳すると「自社製品製造会社」。
もともとは「自分で売るものを自分で作っている」
という言葉なのですが、今は上記のように使われています。

説明が長くなってしまいましたが、つまり
デリカD:3は日産「NV200バネット」と同じクルマです。
オプションパーツの設定などが微妙に違いますが、
これから紹介するD:3の魅力は
NV200バネットにも共通すると思ってもらって構いません。

クルマを買う際、いろいろな事情でメーカーを選べない人もいますので、
OEMはユーザーにとっても
特別感は薄れる代わりに、選択肢が広がると考えることもできますね。

・デリカD:3の口コミ評価

それでは、デリカD:3に乗る
オーナー達の生の声を聞いてみましょう。

「車内がとてつもなく広い!」

もともと、NV200バネットのルーツは商用バン。
ボディは大きくても、
「1人で乗り、荷物を乗せ、仕事に行く」
という使い方を想定してつくられたクルマです。
ゆえにそのキャパシティは恐るべし。
その流れを受け継ぐデリカD:3もやはり
豊富なシートアレンジを駆使して
「誰でも乗れるし何でも積める」ということが
最大の魅力かもしれません。
「コストパフォーマンスが高い!」

全高だけでなく、デリカD:3はコストパフォーマンスも高いです。
前述したように「道具」としてのクルマなので、
「費用対機能」は他の追随を許さないでしょう。

特に運転席まわりは助手席シートバックテーブルなど
独特な設計のコックピットに仕上げられています。

「エンジンがパワフル!」

排気量は1.6Lなのですが、その能力は現場主義。
悪路でも坂道でもグイグイ引っ張ってくれます。
さらに静粛性も高く、室内のノイズ環境は快適だそう。
ついでに小回りも効くしと、運転に苦労は伴わないようですね。

「マニアにはたまらない!」

なんとなく言うのが憚られるのですが、
クルマをいちツールとして見たとき、
「商用=プロ仕様」のそれを趣味や日常で使うことに
マニアはちょっとしたの快感を抱きます。
それは、「俺、分かってるぜ」的な優越感。
腕前はひとまず置いておいて、道具だけはいいものを使う。
そんな「形から入る」趣味人のアンテナを
ビビッ!と震わせてくれるのがデリカD:3。
「まぁ、NV200バネットのOEMなんだけどね。
でも値引きも大きかったし、
装備とか比べたらD:3がちょうどいいかなって」
などと、
同じクルマがあることすら自慢の種にできる猛者もいるかもしれません。

変人の趣味に付き合ってなんていられないわよ、と
お怒りの奥様もいらっしゃるでしょうが、
デリカD:3が優秀なのはトドメの一撃を持つから。

「いやプロ仕様ったって、安いからね」

口を尖らせる財務大臣も、これには反論する術もないはず。

しかし実際に、ユーザーのレビューを見ると
「シンプルで使えるミニバンだ」と
喜ぶ声が多いのも確か。
必要ないのに勝手に付いてくる豪華装備に辟易する方こそ、
偏見をなくし、まずは試乗してみてください。

欲しい車の非公開価格情報を知る方法


「欲しい車があるけど、探すのに 時間がかかる」

こういう悩みをお持ちのあなたへ ズバッと車販売なら希望にあった 車を非公開車両60万台以上の中から紹介(利用は無料)

まだ店頭に出回っていない状態のいい価格の安い非公開情報を誰よりも早くゲットできます!

たったの60秒程度の入力で非公開価格情報を知れます

いい車で価格の安いものはすぐに 売れてしまいます。

希望の車は最短1日で見つかります。↓



  • このエントリーをはてなブックマークに追加