トヨタのミニバン

エスクァイアとヴェルファイアの違いを分かりやすく説明します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

上背のあるミニバンの中でも、「強さ」と「プライド」を纏い
〝いい男〟をターゲットに開発されているのが
トヨタ・エスクァイアとヴェルファイア。
今回はその2台の違いを、分かりやすく説明します。

エスクァイア VS ヴォクシー

・エスクァイアとヴェルファイア、それぞれのポジション

端的に言えば、
ヴェルファイアの廉価版がエスクァイアです。

フルモデルチェンジ後、さらに高級志向が強まり
好みの分かれそうなデザインと価格が設定されたヴェルファイア。

その結果、ヴェルファイアファンは
「やっぱり、絶対ヴェルファイアだ」と鼻息を荒くする
熱狂的なまでの愛好者と、
「前までは良かったのに」とゆっくり後ずさりする
自分とクルマの距離感に重きを置く乗り手に
二極化している節があります。

その「元ヴェルファイアファン」をカバーするべく
設定されたであろうクルマが、エスクァイア。

(アルファードと)ヴェルファイアのフルモデルチェンジが2015年1月、
エスクァイアの発表が2014年10月であることは、
この仮説のひとつの根拠です。

次章以降で、この仮説を多面的に解説していきます!

・数字で見るエスクァイアとヴェルファイア

まずはカタログの色々な数字から、
この2台の違いを見てみましょう。

エスクァイアヴェルファイア
ボディサイズ [mm]
(全長×全幅×全高)
4,695x1,695x1,8254,930x1,850x1,895
燃費 [km/L]
(ガソリン/ハイブリッド)
16.0/23.812.8/19.4
車両総重量 [kg]1,955~2,0102,375~2,605
最小回転半径 [m]5.55.6~5.8
排気量 [L]1.797/1.9862.493/3.456
価格 [円]2,622,857~3,204,0003,197,782~7,036,691

エスクァイアはヴェルファイアよりも
小ぶりで、その分だけ軽く、安く、小排気量で、低燃費です。

さらに、旧型ヴェルファイアのそれを、この表に加えてみましょう。

旧型ヴェルファイア
ボディサイズ [mm]
(全長×全幅×全高)
4,885x1,840x1,900
燃費 [km/L]
(ガソリン/ハイブリッド)
11.2/17.0
車両総重量 [kg]2,285~2,585
最小回転半径 [m]5.7~5.9
排気量 [L]2.362/3.456
価格 [円]2,857,143~5,666,667

いかがでしょうか?
見事に、エスクァイア<旧型ヴェルファイア<新型ヴェルファイア
と並んでいることが分かります。
それはつまり、トヨタが

旧型ヴェルファイアで獲得していたファンを、
エスクァイアと新型ヴェルファイアに二分した
・・・ということに
他なりません。

・コンセプトで見るエスクァイア

クルマのコンセプトが如実に表れる広告からも、
エスクァイアに与えられたポジションが窺えます。
エスクァイアのキャッチコピーは

「日本も、私も、ここからだ。」

カタログの表紙をめくると、1ページ目にでかでかと
そのフレーズが大書されています。

さらに、ディーラーに置かれた
〝私とクルマ。8人の「男とクルマ」の新定義〟という小冊子は
かの人気雑誌ブルータスの「男の定義」特集に掲載された
ブルータスとエスクァイアのコラボレーション記事。
広告と言うにはクルマの情報が驚くほど少ないそれは、
まさに「男とクルマ」の関係性に着眼した取材記事であり
最後に『彩りのある人生を実現するための〝相棒〟として
ぴったりのクルマがある。それがトヨタ「エスクァイア」だ。』
(本文抜き出し)
とまとめてあるのみ。
これら自信満々の宣伝もやはり、
旧型ヴェルファイアからなだれ込む
「いい男」という客層を計算に入れてのことでしょう。

・エスクァイアの特質

エスクァイアは本来、
ノア・ヴォクシーと同じプラットフォームのクルマ。
発表こそ遅れたものの、開発は同時に進められていたようです。
ですから、中身は同じ、兄弟車。
ただ、ノア・ヴォクシーと違って
エスクァイアにはエスクァイアだけの特別仕様が用意されています。
それは内外装のグレードアップ・カスタマイズアイテム。
シートの素材やエクステリアオプションは、
ファミリーカーのそれよりもワンランク上のもの。
そして価格も、エスクァイアだけが、
他の2台より高めの設定なのです。

その出自こそ5ナンバーのミドルクラスミニバンですが、
ターゲットは明らかに3ナンバーのLサイズミニバンユーザー。
エスクァイアは生まれながらに、
ヴェルファイアと比較される運命を背負っていたのですね。

さて、ここまでで、エスクァイアが
ヴェルファイアの廉価版だということは
納得してもらえたかと思います。

「廉価版」という言葉の耳当たりが悪ければ、
「下位グレードの跡継ぎ」と言い換えることもできますね。

旧型ヴェルファイアのオーナーや、
買わずとも遠目に憧れていたユーザーの
かゆいところに手を届かせてきたエスクァイア。

街を走るエスクァイアの運転席には

「こういうのを待ってたんだ!」

と言わんばかりの満面の笑みでハンドルを握る、
〝いい男〟達の姿があります。

欲しい車の非公開価格情報を知る方法


「欲しい車があるけど、探すのに 時間がかかる」

こういう悩みをお持ちのあなたへ ズバッと車販売なら希望にあった 車を非公開車両60万台以上の中から紹介(利用は無料)

まだ店頭に出回っていない状態のいい価格の安い非公開情報を誰よりも早くゲットできます!

たったの60秒程度の入力で非公開価格情報を知れます

いい車で価格の安いものはすぐに 売れてしまいます。

希望の車は最短1日で見つかります。↓



  • このエントリーをはてなブックマークに追加