ステーションワゴン

アテンザワゴンの評価は?果たして買いなのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界で自己研鑚を重ねるマツダのフラッグシップ・アテンザ。
今回はアテンザのモデル別インプレッションをご紹介。

アテンザワゴン

・基本情報

アテンザの基本を押さえましょう。

メーカー :マツダ
販売店 :マツダディーラー全店
発表 :2002年5月
略歴 :マツダの技術の粋を集めた

走りの愉しさを具現化したクルマとして
国内外で高い評価を得る。
海外での名前は「Mazda6」。
2008年と2012年にフルモデルチェンジ。

価格帯 :280~400万円
燃費 :16.0~22.4km/L
名前の由来 :「Atenza」はイタリア語からの造語。

Zoom-Zoomコンセプトを明確に体現したクルマとして
人々の注目を浴びるよう、願いを込めて命名した。

アテンザワゴンは
2002年のデビュー当時からラインナップされていて、
セダンとともに好調な売れ行きを見せ
モデルチェンジを重ねています。

アテンザの受賞歴は異常とも言えるほどで
RJCカー・オブ・ザ・イヤー
中国カー・オブ・ザ・イヤー
日本カー・オブ・ザ・イヤー
レッド・ドット・デザイン・アワード
オートモーティブ・パフォーマンス・エグゼキューション
カナダカー・オブ・ザ・イヤー

・・・など、枚挙にいとまがありません。
なんとその数、150に届くとか。
全てをリストアップしたら、
それだけで本記事が終わってしまいそうです。

・アテンザの魅力

まずはシリーズとしてのアテンザの魅力を、
口コミをもとに調査してみましょう。

「エクステリア」

・存在感があり満足
・10年先でも通用しそうなデザイン!
・どこから見ても素晴らしい
・高級セダンにも見劣りしないボリューム感。
・レクサスも検討したが、アテンザで正解
「インテリア」

・高級感が出て、落ち着いた雰囲気
・高い質感
・デミオのセンスに少々嫉妬もする
・前型と比べて小物入れが少ない
「エンジン性能」

・スタートが滑らか。もたつきを感じない
・マイナーチェンジ前後で全く違うクルマに思える
・高回転域でも伸びる
・アイドリングストップからの復帰も静か
・踏み込む時のエンジン音がたまらない
・加速能力がジャガーと遜色ない
「走行性能」

・回頭性が高く、操作感がいい
・出だしがいい
・リニア(連続的)に曲がり、素直に反応する。
「乗り心地」

・それなりに硬いが、悪くない
・フワフワしていると酔ってしまうので、自分には好印象
・革シート、ヒートシーターでゆったり運転できる
・リアはちょっと不評
・低速域でエンジン音が気になる
「使い勝手」

・リアシートを倒して余裕で寝れるので、
セダンが好きだけど車中泊もしたいという人には最適。

「燃費」

・15km/L程度走って不満なし
・しかもディーゼルなら軽油で燃料代は相当安い
・田舎道で19.5km/L、高速だと21km/L
・ボディサイズとウェイトでは、驚異的な燃費
「価格」

・妥当。コストパフォーマンスに優れているという感じ
・安全装備など標準内容に盛り込まれているのでお買い得
・300万のクルマには見えない
・安くはない
「総評/感想」

・他のクルマに乗り換える気にさせないクルマ。
・周囲から見られて優越感
・短時間短距離には不向き。
アテンザセダンとアテンザワゴンの見た目の違いは
カーゴまわりのボディラインです。
エンジンラインナップは共通、
デザインも〝魂動〟のそれと、ほぼ同じ。
上に挙げたレビューは、
アテンザセダンだけでなく
アテンザワゴンにも言えることなのです。

・アテンザワゴンの魅力

次に、アテンザワゴンならではの魅力にクローズアップ。
(一部共通の項目もありますが、
アテンザワゴンのオーナーレビューからピックアップしています)

「エクステリア」

・申し分なし!面構えが最高
・猛禽類の目を思わせるシグネチャーウィング(ヘッドライト)がカッコいい
・ただ、ボンネットがまさかのつっかえ棒でガッカリ。
「インテリア」

・ヘッドアップディスプレイが先進的で気に入っている
・電磁式パーキングブレーキのおかげで運転席回りはスッキリ

「エンジン性能」

・欠点が見当たらない
「走行性能」

・クルーズコントロールの使い心地に驚愕している
・足回りは想像以上!
ワインディングで吸い付くようなコーナーリングを体感できる
「乗り心地」

・高身長なので若干乗り降りがしにくい
「使い勝手」

・ALHはいい意味で裏切られた。かなり便利
「燃費」

・17km/L
・14km/L
「価格」

・値引きを含めると安い
・先進安全性と走りの充実感なら、安いくらい
「総評/感想」

・レガシィアウトバックと迷ったが、燃費を考えてアクセラに決定
・初めてマツダ車に乗ったけど、もっと早く知っておきたかった!
アテンザセダンとアテンザワゴンで最も大きな違いは、
走りの味です。
躍動感があり、操る楽しさを満喫できるワゴンと、
高級感があり、落ち着いて走り込めるセダン。

長距離を乗る人であればセダンがおすすめ。
意のままに操れると言っても、
重く大きなクルマを動かすのには体力が必要ですからね。
実用範囲は短距離で、
休日にドライブやツーリングに出掛けるということであれば
ぜひワゴンで風を感じてくださいね。

欲しい車の非公開価格情報を知る方法


「欲しい車があるけど、探すのに 時間がかかる」

こういう悩みをお持ちのあなたへ ズバッと車販売なら希望にあった 車を非公開車両60万台以上の中から紹介(利用は無料)

まだ店頭に出回っていない状態のいい価格の安い非公開情報を誰よりも早くゲットできます!

たったの60秒程度の入力で非公開価格情報を知れます

いい車で価格の安いものはすぐに 売れてしまいます。

希望の車は最短1日で見つかります。↓



  • このエントリーをはてなブックマークに追加