スバルのミニバン

エクシーガが〝ミニバンじゃない〟理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回の記事では走行性能について解説しましたが、
エクシーガには他にも語るべき長所があります。
今回は「エクシーガの特徴と期待できるメリット」後編!


エクシーガの特徴と期待できるメリットの前編

エクシーガ

(写真は公式サイトより)

・エクシーガの特徴と、期待できるメリット(続き)

3.アイサイト

「ぶつからないクルマ?」という意味深な広告で
その名を広めたスバルの安全技術アイサイト。
エクシーガにはバージョン2が装備されています。

〝アイなんとか〟が増え続けるこのご時世ですので、
こんがらがってしまっている方もいるのでは。
そこで、アイサイトの機能を簡単にご説明しましょう。

「ぶつからない」

ルームミラーの位置から、前方に向いているカメラ。
そのカメラが衝突の危険を察知すると、自動でブレーキが起動。
もちろん速度の限界はあるものの、
時速30km以内(最新のバージョン3では時速50km以内)であれば
ドライバーが何をしなくても「ぶつからない」のです。

「ついていく」

クルーズコントロールは今や
一定の価格帯から上のクルマには装備されますが、
スバルのアイサイトは「全車速」に対応しています。
数字で言えば「0~100km/L」。
クルーズコントロールをいったんONにすれば、
「停止」「再発進」までもが自動。
さらにカーブにも対応し、
車間距離も3段階から選択できるなど、
渋滞でもストレスフリーなドライブができるのです。

「注意してくれる」

高速道路で起こる事故の原因の多くは「不注意」と「居眠り」。
事故には至らずとも、
ヒヤリとした経験は誰しもあるはず。
もちろん事故防止にはドライバー自身の
体調と意識の管理が必須ですが、
不意に疲れが体を襲ったりすることもままあります。
「ふらつき」「車線逸脱」「先行車発進」
をアイサイトが検知すると、
警告音と表示でドライバーに注意してくれます。

(この他にも、最新バージョンでは
「はみださない」「とびださない」機能が追加されています)

クルマの安全性能は大きく
「対応性能」と「予防性能」に分けられます。

万が一事故が起こったとき、
その被害を緩和するのが対応性能。
シートベルト、エアバッグ、
衝突のエネルギーを吸収する素材と構造のボディなどですね。

対して事故が起こらないようにするのが予防性能。
ABS、死角を映すカメラ、エマージェンシーブレーキなどが
その例です。

アイサイトは予防性能の最たるもの。
専門家の間でも、
「今やスバルを買うことはアイサイトを買うことと同義」
「ここまでドライバーの操作領域に踏み込んだ機能もない」
とその価値が認められています。

〝万が一〟の1を限りなく0に近づけるアイサイト。
走りを楽しみながらも、安全を犠牲にしない。
それはまた、

安全が確保されているからこそ、走りを楽しめる。

そう言えるのかもしれません。

4.7シーターとしての能力

ここまでの3つは、スバル車だからこその能力。
エクシーガが優れているのは、これらに加え
7人乗りのクルマに求められるものをも
きちんと備えていることです。

ミニバンでよく比較されるポイントと言えば、
「シートアレンジ」
「積載量」
「乗り心地」
「走行性能」
「使い勝手」
「安全性」
「燃費」
「価格」
「デザイン」
です。

さすがに
「全てにおいてあらゆるミニバンを上回っている」とは
お世辞にも言えませんが、
どこにも目立った妥協点が見つからないことは
ユーザーの声が証明しています。

その中でも特に

「積載量」
「乗り心地」
「安全性」
「デザイン」
には
ミニバンとしてエクシーガを選び、乗ったオーナーも

非常に満足しているようです。

シンプル・手軽なアクションで
2・3列目を倒すと、かなりの長モノも置けるカーゴ。
ちょっとした小物もスマートにしまえるアンダーボックス。

背が低いことから、プラスイメージがされにくい乗り心地も
「カラダにフィットする」「ゆったりしていて快適」と
シートやレイアウトの良さは意外なほどだそう。

アイサイトで予防性能はバッチリな上、
「万が一」の1が現実になったときも
剛性のあるフレーム、
キャビンと反対方向に逃げるエンジンなど
その被害を最小限に食い止めてくれます。

一見7人も乗れるようには見えないエクステリアこそ、
スバルが目論んだ通りのエクシーガの姿。

前回の記事で触れた、スバル独自の「水平対向エンジン」と
「シンメトリーなシステム配置」がもたらしたのは、
見た目だけの〝スポーティ〟に留まらない、
実力を備えた〝スポーツ〟7シーターなのです。

エクシーガは販売台数こそ決して多くないクルマですが、
それに全く比例しないメリットを持っています。

おそらく一番それを実感できるのは、
走りに不満を持つミニバンユーザー。
もしも今のクルマの走行性能に我慢できなくなることがあれば、
新車は残りわずかでしょうが、中古車を視野に入れてでも
エクシーガを探してみる価値はあるかと思います。

「確かに、これはミニバンじゃない」

ユーザーにそう言われる日が来ることを、
スバルもエクシーガも待っていることでしょう。

欲しい車の非公開価格情報を知る方法


「欲しい車があるけど、探すのに 時間がかかる」

こういう悩みをお持ちのあなたへ ズバッと車販売なら希望にあった 車を非公開車両60万台以上の中から紹介(利用は無料)

まだ店頭に出回っていない状態のいい価格の安い非公開情報を誰よりも早くゲットできます!

たったの60秒程度の入力で非公開価格情報を知れます

いい車で価格の安いものはすぐに 売れてしまいます。

希望の車は最短1日で見つかります。↓



  • このエントリーをはてなブックマークに追加