コンパクトカー

フィット3ハイブリッドの値引きの限界はどの程度?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フィット3をご検討中のみなさんに、
値引きのご案内です。
とは言っても、売るわけではありません。
耳寄りな情報をお届けします!

・フィット3ハイブリッドの値引き額

フィット ハイブリッド
まずは値引き額を確認してみましょう。

車両本体値引き ・・・0~35万円
オプション値引き・・・0~30万円

合計値引き額  ・・・0~40万円

なんと、最大で40万円の値引き。

この実例、
車両本体価格が180万円程度なので、
オプションと装備を20万円とすれば
実に20%の値引き率です。
コンパクトカーで、これはすごい数字ですね。

・フィット3ハイブリッドのオススメグレード
さて、実際に検討するとなれば
気になるのがグレードの価格と装備。
小さい字で書かれたあの表とにらめっこするのは
なかなかの好き者でないとできません。

しかも、検討するクルマはフィットだけではないはず。
選択肢にあるすべてのクルマの
すべてのグレードの内容を整理するなんて・・・
そんな暇も情熱もない!という
世の旦那さんや奥方のために、
フィットのオススメグレードをご紹介します。

それはズバリ、「HYBRID 4WD」!

その理由は、次章でひとつずつ説明しましょう。

・HYBRID 4WDのオススメポイント

おすすめポイントその1

「ULTR SEAT」

広さを誇るフィットシリーズにとって、
シートアレンジは譲れないポイント。
フィット3の「ULTR SEAT(ウルトラシート)」は
U(ユーティリティ)
L(ロング)
T(トール)
R(リフレッシュ)
と4種類のパターンでアレンジが可能。
しかし、当然全車だろうと思いがちなこの機能、
HYBRID FFには付いていないのです。

ハイブリッドでさえあればいい、と最廉価グレードを買うと
フィットらしさが欠落するという悲しい事態。
これだけは避けねばなりません!

おすすめポイントその2

「NOT TOO MUCH」

これはフィットの機能名称ではありません。
ノット・トゥー・マッチ、つまり「多すぎない」。
FFを前提として考えると、
「ウルトラシートは欲しいからひとつ上のFパッケージ」
となるでしょう。
しかしグレードアップすると、
「それ、自分は要らないんだよなぁ・・・」という
〝TOO MUCH〟な装備も一緒くたになって付いてくるのが常。
例を挙げますと、
HYBRID FFからFパッケージ FFにグレードアップした場合

・LEDドアミラーウィンカー
・ソフトパッドパネル(グローブボックス周辺部)
・遮熱&UVカット機能付きフロントウィンドウガラス
・アームレスト付きセンターコンソールボックス
・ウォッシャー付き間欠リアワイパー
・リアドアプライバシーガラス
・オートドアミラー
・運転席ハイトアジャスター
が、ウルトラシートの他についてきます。
気になる価格は1,681,700円→1,796,000円と、114,300円の上昇。

この中で4つ以上要らないものがあれば、
グレードはHYBRIDを選択して、
ほしいものだけをオプションで付けるほうが割安かもしれません。

おすすめポイントその3

「FUEL EFFICIENCY」

フューエルは燃料、
エフィシエンシーは効率。
そう、燃費のことです。

HYBRID FF/4WDと
Fパッケージ FF/4WDでは燃費が違います。

HYBRIDは36.4km/L、
Fパッケージは33.6km/L。

カタログ値の通りにはなかなか伸びないとはいえ、
実燃費はカタログ値に比例するのも事実。

不必要な装備を追加して重くなり
結果、燃費が落ちるなんて・・・
ハイブリッドを買うのにナンセンスなお話です。

おすすめポイントその4

「4 WHEEL DRIVE」

たとえば都市部の市街地だけを走るのであれば、
FFでも充分だとは思います。
しかしフィットはそのコンセプトから言って、
ちょっとした旅行や長距離移動にも使われるでしょう。

四駆の良さは、
前輪駆動の「直進安定性」と
後輪駆動の「曲がりやすさ」を兼ね備える点。
さらに、悪路での走破性はご存知の通りです。

FFと燃費は変わらないのに、
ちょっと頼もしい。

これがHYBRID 4WDをオススメする最大の理由です。
もし「4WDこそがTOO MUCHだ」ということであれば
もちろんFFのFパッケージを選べばいいのです・・・が、
4駆のクルマを駆っていたいちドライバーとして、
FF車ユーザーに必要がないのではなく、
4駆でないからそういう場所に行かないのでは?
という疑問もあります。

 

「4駆だからあそこも行けるね」
行動範囲が広がることは、経験から言えること。
お悩みでしたら、ぜひフラットな気持ちで考えてみて下さいね。

・フィット3ハイブリッドの値引き術
フィット3ハイブリッドにおいては、
「やるといいこと」ではなく
「やるとまずいこと」があります。

それは、「リコールを理由に値引きを迫ること」。

確かにフィット3ハイブリッドは登場以来リコールが多く
少々辟易しているオーナーも、
検討していたけど選択肢から外したユーザーも
いらっしゃるとは思います。

ですが、ディーラーに足を運ぶほどには買う気のある
顧客であるなら、一抹の心配はすれど
責めることは避けましょう。

メーカーも一生懸命つくって
ディーラーも一所懸命売っているので、
あまりクルマを悪く言うと
値引きどころか販売さえ拒否されかねません。

お互いにいい関係を築くことが
結果的には、値引き額として
目に見える形で自分にも返ってくるでしょう。

ぜひ、自分の使い方にピッタリのグレードと装備を
懐具合にもフィットした価格でゲットしてください!

欲しい車の非公開価格情報を知る方法


「欲しい車があるけど、探すのに 時間がかかる」

こういう悩みをお持ちのあなたへ ズバッと車販売なら希望にあった 車を非公開車両60万台以上の中から紹介(利用は無料)

まだ店頭に出回っていない状態のいい価格の安い非公開情報を誰よりも早くゲットできます!

たったの60秒程度の入力で非公開価格情報を知れます

いい車で価格の安いものはすぐに 売れてしまいます。

希望の車は最短1日で見つかります。↓



  • このエントリーをはてなブックマークに追加