査定前に知っておきたいコラム

外車が日本車と比較して高く買い取ってもらえる理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「外国車と日本車とでは外国車のほうが高く売れる」こういう話はよく聞きますね。
例えば有名なメーカー、ベンツやBMWといった高級な外国車の場合、数年で100万円ほど下がりはしますがその後何年しても大きな買取価格の下落が見えなくなります。

ベンツ

その理由は一体何でしょうか?

外国車にはマニアが多い

国産車の場合、ほとんどの方が出来るだけ新しいモデル、年式を買おうとすると思います。
予算の関係で中古を選ぶとしても予算の範囲で届く一番新しいモデルを探そうとするでしょう。

しかし外国車の場合話が変わってきます。
元々同じような車が溢れかえっている国産車の中で数が少ない外国車はとても目立つ存在です。

BMW

その中でも外国車は個性が強く、中でも最近のモデルのデザインよりも古い年代の方がとくに個性的なものが多いため「特定の年代の車種が欲しい」という方が希望者よりも需要となる車の方が少ないためです。

もちろん古い年代の車ですから時間が経つ毎に劣化は進み、廃車に追い込まれていくわけですから需要に対して供給はどんどん減っていきます。
車自体の質が経年劣化で下がっていくことに対して台数の減りによる需要数の増加、これにより外国車の値下がりがしづらい原因となっています。

廃車寸前でも価値がある

さらにもう一つ、廃車同然の外国車でも国産車と違い価格がつくことが多いのも特徴です。
すでに走らないレベルの外国差でも動かなくなった部分以外の部品が使えるからという理由によるものです。

古い車種だけに故障が起きた時に交換できるパーツの入手が難しく、また海外からの取り寄せしようにも海外からでも中々見つからないということも有ります。

中には部品を取るためだけのために同じ車を2台確保している外国車マニアの方も居るぐらいです。

また人気のある該当モデルではなくても近い年代の車種であれば部品が共通で使える場合も有り、その場合もそれなりの価値が生まれ、同年代の国産車よりも高く買い取られます。

買取業者により買取価格の差が大きい

国産車の場合、台数が多く年代や走行距離によりある程度買取業者側におおよそのレートが設定されています。
なのでどこの業社に持ち込んでも多少の上下はあれど大体同じくらいの買取価格となります。

しかし外国車の場合、数が少なくこういったレートが役に立ちません。
このため買取業者により査定額は大きくバラつきます。

このため国産車ばかりを扱っている買取業者によっては価値を見逃して低い査定額をつけたりすることもあります。

車の買取業者の中には外国車を専門に扱う業社もあるのでまずはそういった所を探して行くと良いでしょう。

右ハンドルと左ハンドル

これまでは車体自体の希少さによる高額買取、いわゆるレア車の話をしてきました。
さらにそこに関連する話ですが売却する外国車が右ハンドルか左ハンドルかによっても買取価格に差が出てきます。

そしてやはり国内で需要が多いのは左ハンドルです。
理由としてあがるのはもちろん「オーナーの好み」ということになります。

古いモデルの外国車に憧れている方というのはその殆どはその国の仕様、設計そのままのものが乗りたいと考えている方が多く、右ハンドルということだけ購入欲が大きく下がってしまいます。

外国車の買い取りを専門にする業社から見ればそれを見越して考えれば買い手がつきにくいことは明白です。
その結果右ハンドルの外国車は買取価格が下がっていくことになります。

次に海外へ輸出するためという理由もあります。
この場合、右ハンドルでは海外で交通事情に合うのはイギリスやオーストラリアやシンガポールなど世界全体での3割程度しかりません。
殆どの国が左ハンドルである異常やはりこの場合でも左ハンドルのほうが有利です。

しかし右ハンドルの外国車が全く値段が付かないかといえばそういうわけでもなく価値が付く場合もあります。

右ハンドルの外国車が価値が付く場合

上記の通りマニア向けのレア外国車が左ハンドルの方が高く買い取られるという事はわかりました。
では右ハンドルの場合は全く価値が付かないのかといえばそうでもないのです。

確かに左ハンドルは古い年代では高い人気を持っています。
しかし新車の場合、マニアからは基本的に見向きをされません。

2000年より海外の代表的な車メーカーは右ハンドル車を生産していますが実際に日本国内で販売数で好調なのは右ハンドルです。
新車ならではの安心感と、日本国内での交通事情で有利な右ハンドルが選ばれやすいのは当然と言っていいでしょう。

古い外国車はいわばヘビーなマニアに人気があると言えますが、しかし国内にはちょっと国産車とは違う外国車に乗ってみたいというライトな外国車ファンという需要が一定数あります。

その為、外国車の右ハンドルであっても型式が新しく走行距離が短いものであれば左ハンドルよりも右ハンドルのほうが高く買い取りがされることになります。

外国車の買い取りは国産車より高くなるという話は確かですが右ハンドルと左ハンドルで条件が異なる点に注意をしたいところですね。

欲しい車の非公開価格情報を知る方法


「欲しい車があるけど、探すのに 時間がかかる」

こういう悩みをお持ちのあなたへ ズバッと車販売なら希望にあった 車を非公開車両60万台以上の中から紹介(利用は無料)

まだ店頭に出回っていない状態のいい価格の安い非公開情報を誰よりも早くゲットできます!

たったの60秒程度の入力で非公開価格情報を知れます

いい車で価格の安いものはすぐに 売れてしまいます。

希望の車は最短1日で見つかります。↓