コンパクトミニバン

ホンダフリードは家族7人(2世帯)が乗るのに適しているクルマか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

街ゆくクルマを何気なく眺めていると、
珍しかったり秀逸なデザインのものには目を引かれます。
あまり詳しい人でなくても「あっ知ってる!」と思うのは
やはりテレビCMなどで見ているからですね。

フリード

この頃で言うと、「遊べる軽」ハスラーや
言わずと知れたハイブリッドの長・プリウスの現行モデルなどでしょうか。

そしてホンダのコンパクトミニバン・フリードもそんなクルマのひとつ。
三角形と四角形を組み合わせ、
「ちょうどいい!」と謳ったコマーシャルは記憶に新しいですね。

発売以来人気の衰えないフリードの、
今回は乗車人数にフォーカスしてみましょう。

・コンパクトとはいえ、ミニバンはミニバン

「ちょうどいい!ホンダ」のTVコマーシャルでは
クルマを横から見たシルエットを記号化し
「三角・四角・四角」の真ん中の四角が抜ける、というジェスチャーで
コンパクトミニバンというコンセプトを分かりやすく消費者に浸透させました。

それは実車を見ても納得で、
Lクラスのミニバンをギュッと前後から押したようなカタチは
確かにそれまでになかった、「コンパクトなミニバン」そのものです。

コンパクトとはいえミニバンなので当然ですが、
車内を覗くとシートが3列並んでいます。
けれどその絶妙なそのサイズと
秀逸なフォルムは、実際よりも小さな印象を与えます。
あまり深く考えずに「かっこいいクルマだな」と思って
中を見た人にとっては、「まさかの」7シーターなはず。

7シーター

(写真は全て公式サイトより)

ここで気になるのは、その3列目の乗り心地。
申し訳程度に付けただけなのか、
しっかり実用に耐える質を提供しているのか。
いくつかの方向からアプローチをかけてみます。

・3列目の乗り心地は?(カタログから)

まずはカタログの数値から、広さを検証してみましょう。
ノアとセレナは比較用です。

室内空間(3列目)比較
室内長3列目シート座高3列目シート幅
フリード2625955525x2
ノア2930970~10301210
セレナ30601010~10151270

※単位はすべてmm
※フリード初期型は3列目は3人乗りで1240mm

前後、左右、上下のすべてにおいて、
やはり他の2台より小さなスペースです。
ただし、幅に関しては、現行モデルはベンチシートでなく
2人乗り独立シートなので
他の2台に3人乗るときよりは余裕があります。

前後の幅ですが、それぞれの車種でシート長は大きく違わないとすると、
足元の広さは室内長に依存します。
ノア・セレナと比べて30mmから40mm以上も短いフリードは
2列目とうまく折り合いをつけないといけないかもしれません。

・3列目の乗り心地は?(口コミから)

実際にフリードを購入して乗っている人は、どう感じているのでしょうか。
口コミを探してみたところ・・・

「1・2列目が我慢しなくても3列目は狭くない」
「2列目を調整すれば大人6人も乗れる」
「足元は最近の軽よりも狭い」
「2列目シートの下に足が入るようになっていて、案外座れる」

という声がありました。
どうやら譲り合いの精神で、全列に大人が乗れるよう。

小さい車体に、さまざまな工夫を凝らして得られた
絶妙なパッケージングなのです。

・2世帯の家族7人はどうだ?

とはいえ、それは乗るのが人だけの場合のこと。
実際には、それぞれがいろいろな荷物を抱えて乗り込んできます。

ここからは、2世帯の7人家族(祖父母、両親、子供3人)を想定して
検討してみましょう。

まずは全員を乗せてみます。
前から2・3・2の全列全席に座ります。
ここは2列目に子供を全員乗せて、少し前にスライドすれば
おじいちゃんとおばあちゃんは後ろから
元気な孫達のおしゃべりをにこやかに眺められるでしょう。

ではここに、全員分のお弁当と
長男・次男の野球の道具を載せようと思います。

3列目を跳ね上げない場合、
ラゲッジスペースはそのシートバック(背中を支える部分)の下にしかありません。
ポイントは「後ろ」でなく「下」というところ。
スライドできない3列目は、
座ってヘッドレストを伸ばすと
ほとんどリアゲートに付いてしまう勢いです。

なので横から見ると縦向きの直角三角形のような
ラゲッジとも呼べないくらいのスペースにしかモノが置けないのです。

それでも、前後左右の幅は300x1000mmほどあります。
野球の道具をきちんとカバンにしまっておけば、
なんとか積めそうですね。

しかし載せる荷物はこれだけではありません。
家族7人でお出掛けですから、
ドライブというわけではないですよね。

ちょっと遠くの大きな公園にピクニックでも行って、
子供が遊び疲れたら
郊外のショッピングモールで夕食&お買い物・・・というコースでしょうか。

可愛い孫にねだられたおじいちゃんは、
よっしゃよっしゃと大きなプラモデルと
新しいテレビゲームを買ってあげます。

ほくほく顔の子供たちが勇み足でクルマに戻ってからが問題。
「これ、どこに置けばいいの?」

リアのラゲッジは空の弁当箱と野球道具でもう一杯、
残るは誰かの膝の上か、足元しかありません。

子供たちは買ってもらったばかりのおもちゃを
抱えることにまんざらでもない様子ですが、
「絶対失くすからクルマの中では開けちゃだめ」
とお母さんに言われると、ただの重りに早変わり。
不平不満を漏らしながら、足を痺らせて帰りました・・・

・・・どうやら、秀逸なコンパクトミニバン・フリードと言えど
2世帯の家族7人を一度に乗せながら
全員の要求に答えるのは、なかなか難しいようです。
7人で乗るときは移動のみ。
モノを積むときは4人までにする。
というルールが、フリードを「ちょうどよく」使う秘訣。

クルマにも得手不得手がありますから、
自分が求めている使い方と得意分野がマッチする車種を選ぶことが大事ですね。

欲しい車の非公開価格情報を知る方法


「欲しい車があるけど、探すのに 時間がかかる」

こういう悩みをお持ちのあなたへ ズバッと車販売なら希望にあった 車を非公開車両60万台以上の中から紹介(利用は無料)

まだ店頭に出回っていない状態のいい価格の安い非公開情報を誰よりも早くゲットできます!

たったの60秒程度の入力で非公開価格情報を知れます

いい車で価格の安いものはすぐに 売れてしまいます。

希望の車は最短1日で見つかります。↓



  • このエントリーをはてなブックマークに追加