セダン

グレイスは価格が安い、お財布に優しい経済的なセダン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グレイス、ご存知でしょうか?
2014年末にホンダが発売した「コンパクトセダン」です。
今回は、まだまだ知られていないグレイスの魅力をご紹介!

・グレイスの基本情報

グレイス
グレイスとはどんなクルマなのか、まずは基本的なデータから見ていきましょう。

メーカー
:本田技研工業

販売店
:ホンダカーズ全店

発表
:2014年12月1日

略歴
:80年台初頭から活躍していたコンパクトカー「シティ」が
海外向けの小型セダンとして90年後半に復活。
特にアジアでの販売を伸ばして着実にモデルチェンジを重ね、
フィット3をベースとした4代目シティを
2013年11月にインドで発表している。
そのハイブリッドモデルを日本へ逆輸入。
ただし製造は日本国内で、ディテールに細かい違いも。

価格帯
:190~240万円(すべてハイブリッド)

燃費
:29.4~34.4km/L

名前の由来
:GRACEは英語で「優美」「思いやり」という意味。
セダンとして大切な人と過ごす時間を包み込む存在でありたい
という願いが込められている。

グレイスの本流はアジア向けコンパクトセダン「シティ」。

その名前は80~90年代に国内で販売された車種と同じですが、

直接の関係はありません。

ホンダはこれをハイブリッドだけと割り切って日本仕様も製作。

売れ行きはというと、

2014年
12月・・・5,138台

2015年
1月・・・3,667台
2月・・・3,010台
3月・・・4,155台
4月・・・1,814台

という推移です。

発売間もない新車としては、少々寂しい結果ですね。

もちろん、だからといって、クルマとして劣っているというわけではありません。

・グレイスの口コミ

グレイスの口コミを見てみると、
満足度の高さに驚かされます。

たとえば価格.comでは
エクステリア 4.52
インテリア 4.56
エンジン性能 4.52

走行性能 4.52
乗り心地 4.62
燃費 4.65
価格 4.54

と、まさかのオール4.5以上。
テストで言えば全教科90点以上という優等生です。
満足度ランキングでは全ジャンル全車種で6位という好成績なら、
県外の有名進学校の合格可能性A判定間違いなしですね。

具体的なコメントはというと・・・

「エクステリア」
☆フィットハイブリッドよりスマートな印象
☆年齢的にセダンを考えていて、このデザインならと思った
☆クール。素敵。

・可もなく不可もなく。高年齢者向き?
「インテリア」
☆パネル、シートなど値段を考えると高品質

*価格相応で安っぽい。庶民車。
・フィットハイブリッドと同じ
「使い勝手・操作性」
☆トランクは広く、ゴルフバッグも3個ぐらい積めそう
折りたたみ自転車が2台積めた!トランクスルーも使わず!

*三角窓がなく視界が若干悪いが許容範囲
*右折時の見切りが悪いが、意識すればすぐ慣れる
「エンジン」
☆1.5Lとは思えないパワーがある
☆モード切替ができ、Sモードでは強烈なほどのチカラ

*エコモードでは走り出しがのそっとしている

→慣らしが終わったのか、2000kmくらい走ったところで快適になった
「走行性能」
☆必要にして充分。日常のアシとして問題ない

「乗り心地」
☆ソフトで落ち着きがある
☆モーター音も小さい
☆オーディオもオフだと不気味なほど静か
☆リアシート足元の広さは文句なし。

*高速道路での突き上げが気になる
→3000kmを超えたあたりでサスペンションがなじんで大人しくなった
・価格相応
「燃費」
☆あまりエコランを心がけずに一般道19km/L前後、高速8割で22km/Lほど。
首都高を使って21km/L前後の燃費!

「価格」
良心的。コストパフォーマンスは高い
☆車両価格220万円でこの装備と質感は素晴らしい。

「総評」
☆4WDのハイブリッドセダンは他にない
☆もっと宣伝すればいいのにとも思うが、口コミで広がるはず。

☆試乗や納車間もなくでも悪くなかったが、しばらく乗り込むとさらに良い。
☆特徴もないが、デメリットのないバランスの取れたクルマ
10年は愛でる

購入者の年齢はやはり高めで、
それゆえに無難とも言えるまとめ方に好印象の様子。

若い人からすれば「つまらない」ともなりそうですが、
変にヤンチャなクルマを選ぶこともない
「ふつうの人」が「ふつうに乗る」足として最適な一台のようです。
ただし、グレイスはそれだけでもないのですね。

 

・グレイスの魅力

グレイスの隠れた魅力は、
走り」にあります。

見た目からして庶民派セダンなボディからは
想像もできないほどのパワフルな運動能力は
パワートレインもさることながら、
トランスミッションに秘密があります。

7速デュアルクラッチトランスミッションは
その名の通りクラッチが2つある変速機。

シフトチェンジが滑らかかつスピーディに行えるので、
停止状態からの加速やコーナリングでの
ギクシャクした挙動がなくなります。

そしてハイブリッドセダンとしては初めての4WD仕様も
深雪地で重宝される理由。

さらにSモードでは性格が変わったかのような
「これぞホンダ」というトルク感とレスポンスを味わえる、と・・・

落ち着いたデザインだからって
隠居したおじいさんの籠くらいに考えていると、
気づかぬ内にズバッと抜かれ
置いてきぼりにされるかもしれませんね。

欲しい車の非公開価格情報を知る方法


「欲しい車があるけど、探すのに 時間がかかる」

こういう悩みをお持ちのあなたへ ズバッと車販売なら希望にあった 車を非公開車両60万台以上の中から紹介(利用は無料)

まだ店頭に出回っていない状態のいい価格の安い非公開情報を誰よりも早くゲットできます!

たったの60秒程度の入力で非公開価格情報を知れます

いい車で価格の安いものはすぐに 売れてしまいます。

希望の車は最短1日で見つかります。↓



  • このエントリーをはてなブックマークに追加