車を高く売るためのコツ

事故車であることを隠して査定してもらったらバレない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中古車査定に出す際に事故車であることを隠して査定に出す。
これ、普通に見抜かれるので止めておいたほうがいいでしょう。
なぜなら、出張査定に来てくれる業者の査定員さんは全員が全員プロだからです。

大きな事故で修復歴があった場合は必ず言っておくようにしましょう。それにはちゃんとした理由があります。

事故車であることを隠して査定に出すと査定額が伸びない

事故車

事故車であることを隠して査定に出すのは査定員さんには心象が悪くなります。
これは実際に自分が経験したことです。
もっとも、自分の場合は査定してもらって初めて大きな事故を起こしていたことに気づいたのですが。

ただ、そのことによって査定額は大幅に下がりました。ちゃんと告げていた業者と比べて10万円ほど違いました。
もちろん外装は全く事故を起こしたように見えず、綺麗なままです。
それでも査定員さんはしっかりと事故車であることを見抜いてしまいます。

査定員さんに最初に修復歴があることを言わなかった場合は査定額が全く伸びませんでした。
なぜかというと、単純に相手の言っていることが信用できなくなるからです。
その時の査定員さんの話している顔も疑ってかかるような感じに変わりました。

逆に事故車であることをしっかりと告げてから査定してもらった場合は査定額が上がりました。
このように、隠しておいてもどうせバレることなので、早めに言っておいたほうがいいでしょう。

事故歴はあるけれど修復歴ありとはみなされない場合

「事故歴はあるけれど修復歴がある場合は査定員さんに黙っていてもいいの?」
例えばバンパーだけを事故で破損して交換した場合などは修復歴ありとはみなされません。
こういう場合も一応査定員さんにあらかじめ告げておいたほうがいいでしょう。

なぜなら、自分では外装だけしか事故をしたように思っていなくても車の中の重大な部分にまで事故跡が及んでいる場合もないとは限らないからです。

ただ、事故の際に外装だけの交換の場合には、ほとんどの場合査定額の大幅な減額の理由にはなりません。
ですので安心していても大丈夫です。

死亡歴がある車は査定額が下がるのか?

事故車であることを隠さないほうがいいのは分かった。
では、過去に乗っていた車で死亡歴がある。
そういう場合は言わないほうがいいのか?ということがあります。

実は業者オークションでは死亡事故を起こした車であった場合、その分点数が引かれるんです。
つまり、査定員さんにもしも車内で死亡歴があったと告げた場合は確実に査定額が下がることになります。
この場合は特に隠しておいても不利益を被るようなことはないので黙っておくほうがいいでしょう。

欲しい車の非公開価格情報を知る方法


「欲しい車があるけど、探すのに 時間がかかる」

こういう悩みをお持ちのあなたへ ズバッと車販売なら希望にあった 車を非公開車両60万台以上の中から紹介(利用は無料)

まだ店頭に出回っていない状態のいい価格の安い非公開情報を誰よりも早くゲットできます!

たったの60秒程度の入力で非公開価格情報を知れます

いい車で価格の安いものはすぐに 売れてしまいます。

希望の車は最短1日で見つかります。↓



  • このエントリーをはてなブックマークに追加