査定前に知っておきたいコラム

どんなオプション(装備)がついていれば査定額がアップするのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車の購入時、純正のアプションを取り付けて走っていても後々それだけでは物足りない、マンネリしてきて社外品のオプションパーツを取り付ける方が結構居るようですね。

ディーラー純正ナビ以外でも社外品はたくさんありますしエアロパーツやアルミホイール、タイヤや足回りなど内外に渡り様々な社外品オプションパーツが存在しています。

車の査定

しかし、それだけ手間暇をかけて装備を充実させた愛車ですが中古車として売却する時、査定額はどう影響してしまうのでしょうか?
特に付いていれば査定額アップが見込めるオプションはどれなのでしょうか?

メーカーオプション

車の査定

メーカーオプションとは車を製造している過程において取り付けが出来る大掛かりなものです。
完成してからの取り外しや後からの取り付けが出来ないため全般的に査定額はアップします。

オプションという呼び名では有りますが取り外しが不能なのでメーカーオプション自体を含めて単体の車と考える場合もあります。

○サンルーフ

自動車の天窓のことです。
開閉が可能で車内に居ながら開放感を感じられるため人を選ばず人気があります。

○エアバッグ

基本となる安全装置です。
今の時代むしろ付いてないほうがおかしいと言えますがかなり古いタイプの車の場合、ついてないものも有ります。

○電動スライドドア

手の力を使わずにワンタッチで開くスライドドアです。
ミニバンタイプの車によく付いています。
荷物を抱えている状態でも簡単に開閉ができるため人気のあるオプションです。

○純正ナビ

車のメーカー純正のナビゲーションシステムです。
基本的にその車にマッチするようにデザインされているため一体感が有ります。

○自動ブレーキ

最近増えてきている安全装置関連は全般的に人気が高いようです。
代表格としてはスバルのアイサイトなどがあります。

○本革シート

通常のシートよりも高級感が有りこちらも人を選ばず高い人気があります。

○スマートカードキー

持っているだけで鍵の開け閉めやエンジン始動が可能になります。

といったものとなります。
どれも製造段階で組み込まれるものばかりですので購入時の選択に気をつけたいところです。

ディーラーオプション

メーカーオプションに対してディーラーオプションは製造段階の後でも取り付けが可能なものとなります。
メーカーオプションほど査定額に大きく影響を与えるものではありませんがやはりあるかないかでいえばあったほうが査定金額アップが見込みやすいでしょう。

○オーディオ関連

メーカー純正の物も有りますが好みにより好きなメーカーと取り換えができる為こちらを選ぶ人も多いようです。

○車外ナビ

こちらもメーカー純正ナビとの比較になりますが車体にマッチしない代わりに常に最新のものに取り替えやすいため純正じゃないから査定額が下がるというようなことはありません。

○エアロパーツ

社外品と違い純正品は大げさなものが少なく車体にマッチしているため人を選ばない為人気があります。

○フロアマット

物によっては単に汚れを防ぐだけではなく車内を綺麗に彩るものがあり、よほどケバケバしいものでもないかぎりは査定に響くことはないでしょう。

○ETC

高速道路をスムーズに走行するためにはぜひとも欲しいオプションです。
やはりこれも人を選ばず便利なものなので査定額は上がるでしょう。

○バックモニター

車を運転する上で面倒なのがバックでの移動、駐車です。
特に車が大きいとバックモニターがあるかないかではストレスは大きく変わります。
もちろん付いていれば査定額に影響を与えるでしょう。

など、こういったものが査定額アップが見込みやすいものとなっています。

メーカーオプションでもディーラーオプションでも言えることですが大事なのは人を選ばず次のオーナーがそのまま使いやすいオプションが査定額に影響を与えやすいようですね。

社外品オプション

社外品オプションの場合はかなりケースバイケースとなりやすくなります。
と言うのも社外品オプションを使う場合、車体自体を改造する必要が出るものが有り、車多に取り付けるための穴を開けたりすることがあるためです。

また、社外品はオーナーによる好みの差がかなり出やすいため中古車買取業者側も嫌がる傾向にあり査定額がダウンしやすくなります。

安全に売却時のことを考えるのであれば、取り付け時に車体に影響を及ぼさないものにして取り替えた純正オプションパーツは大事に保管しておき、売却時に取り付け直すと良いでしょう。

足回りのオプションパーツ

近年は車の足回りを改造することで走行性を高める人が多くなっています。
メーカーオプションでも足回りを変更出来る場合もありますがそういったオプションが用意されていない場合、個人で足回りの改造が必要となります。

こういった改造用オプションが査定にどう影響するかと言えばこれはかなり買取業者に左右される所も多く、またその改造の程度にもよります。

○ローダウン

車高自体を下げる行為で操舵性の安定感が増します。
しかしやり過ぎれば路面にこすりやすくなり、また乗り心地も悪くなってきます。

○エアサスペンション

車高の上げ下げを自由にすることができます。
しかしメンテナンスの頻度が高く、乗り心地も不安定になります。

○タイヤ

種類によります。
スタッドレスタイヤなどは買取業者によってはマイナスになる場合も。

○ホイール

有名メーカーであったりデザイン性が高い場合、プラス査定につながりやすいようです。
これも買取業者により大きく左右されます。

車検に対応していないオプションパーツ

これはもはや論外と言っても良いかもしれません。
またオプションと呼ぶよりは改造と呼ぶべきかもしれません。
基本的にマイナス査定、最悪査定拒否すらありえます。

社外品のオプションパーツ購入時はこういった車検に通せるものかどうかをまずは最低限チェックしてから購入するようにした方が良いでしょう。

○音量基準値を越えたマフラー

騒音レベルのマフラーは言うまでもなくマイナスです。

○シャコタン

ローダウンと同じ意味合いですがこちらは異常に車高を下げた状態を指します。
当然誰が見てもみっともなく査定は大幅に下がるでしょう。

○鬼キャン

タイヤを正面から見てハの字に改造した状態です。
非常にスリップしやすく危険です。

これらのオプションを使用した改造は大きく車の価値を下げます。
後々のことを考えておくのであれば絶対にシないほうが良いでしょうね。

欲しい車の非公開価格情報を知る方法


「欲しい車があるけど、探すのに 時間がかかる」

こういう悩みをお持ちのあなたへ ズバッと車販売なら希望にあった 車を非公開車両60万台以上の中から紹介(利用は無料)

まだ店頭に出回っていない状態のいい価格の安い非公開情報を誰よりも早くゲットできます!

たったの60秒程度の入力で非公開価格情報を知れます

いい車で価格の安いものはすぐに 売れてしまいます。

希望の車は最短1日で見つかります。↓