セダン

インプレッサG4の乗り心地は口コミでは評判が高いの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インプレッサのセダンラインナップ「G4」。
走りに優れていそうなイメージを抱きますが、
その本当のところはどうなのでしょう?

・基本情報

インプレッサG4
インプレッサの基本データを再確認。

メーカー :富士重工業(スバル)
販売店 :スバル、スバルショップ、スバルディーラー全店
発表 :1992年
略歴 :WRCに参加する車両として

最高性能が与えられ、開発を受ける。
ボディタイプはセダンとスポーツワゴンの
2種類で展開し、セダンのチューニングカーが
翌93年からWRCに参戦。
WRCでは3連覇を成し遂げるなどの成績を収めたが、
2008年に撤退を発表。
市販車「インプレッサ」としては2000年、
2007年、2011年にフルモデルチェンジ。
なお2007年のデザイン変更で「インプ」ファンは若干減った。
日産スカイラインと同様、それまでの特徴を失くした
ある種チャレンジングなエクステリアには当時「否」論が湧いたが
走行性能を着実にバージョンアップしている誠実さで
新たなファンの獲得や以前のファンの再帰を実現している。

価格帯 :160~240万円
燃費 :15.8~17.6km/L
名前の由来 :「IMPREZA」は英語「Impresa(紋章、金言)」から。

スポーツワゴンは当初から販売しているとはいえ、
やはりインプレッサといえばセダンタイプ・・・
と、ファン諸氏はそう思うかもしれません。
2010年にはクロスオーバーモデル「インプレッサXV」も登場し、
そのまま「スバルXV」としてレギュラーラインナップに残留。
WRXも2種類で展開していて、
現在スバルの乗用車に
インプレッサ由来のクルマは実に6台もあるのです。
福祉車両と軽自動車を除いて13の商品群ですから、
半分がインプレッサなのだと思うと
やはりスバルは生粋のレースブランドなのだなとも思いますね。

・インプレッサG4の魅力

インプレッサは現在
セダンタイプの「G4」、ワゴンタイプの「SPORT」で
インプファンを請け負っていますが
その内容は完全に一致しています。
グレード、価格、コンポーネントなど中身はすべて同じ。
しかし、ボディが違えば必ず変わるものがありますよね。
そう、走りです。

そして、それに影響される乗り心地。
今回は特にこのあたりを気にして、オーナーの声を聞いてみましょう。

「エクステリア」
☆うまくまとめ上げられていると思う。
☆セダンらしい落ち着いたクセのないフォルムに好感

☆アクセラセダンと迷ったが、G4はフロントと全体のシルエットがかなり良い
サイズもちょうどいい。特に車幅(1,740mm)。

*今どきのクルマの流れなので諦めている。もう少しコンパクトがよかった。
・バンパーの角が角ばっているのは見た目が悪いが空力を考えてとのこと
「使い勝手」
G4のリアドアは機能的で乗り降りも荷物の出し入れもしやすい。

「インテリア」
☆最廉価グレードでも充分
☆価格相応。オプションでアクセントをつけた

*ウレタン製ステアリングの触感にデリカシーがなくて残念。
・1.6iのインテリアはそっけない。スイッチ配置が2代目インプレッサと同じ。
「乗り心地」
☆少し硬めで自分好み
お気に入り。毎日どこかに連れ出している
☆前後席ともに充分広く、居心地がいい。

*許容範囲だが、遮音性が低い。
・FOSTER製スピーカーも扱い方次第で上質な音響になる。
「エンジン」
とても素直でよく回るエンジン。
1500rpmあたりからしっかりトルクが立ち上がる感触が伝わってくる
☆80km/Lくらいまでは鋭い加速を見せてくれる
☆車重にしては非力かと思ったが、回転数を上げるとキビキビ走る

*2.4Lのクルマからの乗り換えだと加速感が物足りない。
Sモードだといいが、今度は燃費が落ちる・・・
「走行性能」
安定の一言
☆冬は凍結路をよく走るが、不安を感じたことはない
☆フラットライドな乗り心地。路面のうねりや段差も上手にいなす。
スピードコーナーで優秀。地面に吸い付くかのような姿勢をキープする。
☆特に旋回性能は、170万円の大衆車のそれではない

「操作性」
☆マニュアルミッション車もヒルスタートアシストのおかげかエンストしない

「燃費」
☆購入前に覚悟していたが、拍子抜けなほど伸びる。カタログ値通り。
☆驚いた。冬でも13km/L程度走ってくれる。燃費計もほぼ正確

「価格」
☆この性能でこの値段は、安い!
10年乗ると思えば妥当。中古車を3台買うより安い
アイサイト付きで200万ちょっとは安い。

*メーカーオプションのセット設定やディーラーオプションは高い
「総評」
☆堅牢なボディ、広い室内、トランク、走らせられるエンジン、
しっかりとした足回り、安心のスバルAWD、そしてこの価格。なかなか贅沢な選択肢。
☆フットランプやキーシリンダーの照明など、
派手ではないが便利なアメニティが備わっていてユーザーとして嬉しい。

冬の北海道で乗るにはもってこいのクルマ。

確かな技術と、ドライバー視点のものづくりに裏打ちされたインプレッサの正統。
走る愉しさと安心・安全をどちらも手にしたいなら、
やはり人の足はスバルへ向かうのですね。

欲しい車の非公開価格情報を知る方法


「欲しい車があるけど、探すのに 時間がかかる」

こういう悩みをお持ちのあなたへ ズバッと車販売なら希望にあった 車を非公開車両60万台以上の中から紹介(利用は無料)

まだ店頭に出回っていない状態のいい価格の安い非公開情報を誰よりも早くゲットできます!

たったの60秒程度の入力で非公開価格情報を知れます

いい車で価格の安いものはすぐに 売れてしまいます。

希望の車は最短1日で見つかります。↓



  • このエントリーをはてなブックマークに追加