SUV

ランドクルーザーは値引きでどこまで安くなるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ランクルを持つ」=ステータスとも言えるトヨタランドクルーザー。
現在はクルマにしろ時計にしろ、
昔ほどには「ステータス」の効力は強くはありませんが
それでも代々でランドクルーザーを乗り継ぐ人もいるようです。
今買うとすると、値引きはどれくらい対応してもらえるのでしょうか?

・ランドクルーザーの値引き状況

ランドクルーザー
車両希望小売価格   ・・・453~684万円

車両本体からの値引き ・・・10~50万円
オプションからの値引き・・・0~20万円

合計値引き額     ・・・20~60万円

車両価格は10%の値引きが取れれば上等、
オプションはあまり期待できないようです。
もともとランドクルーザーは標準装備に
オプションがすでに盛り込んであるので、
オプション額が伸びず値引きも小さいというわけですね。

ランドクルーザーのベースグレード「GX」の装備を見てみましょう。
スペアタイヤ
4輪ベンチレーテッドディスクブレーキ
トルセンLSD付きトランスファー(四輪駆動のための機構)
ダイヤル式トランスファー切替スイッチ
ターンアシスト機能付きクロールコントロール
アクティブトラクションコントロール
ヒルスタートアシストコントロール
ハロゲンヘッドランプ
LEDポジショニングランプ
サイドターンランプ付きドアミラー
2面鏡式補助確認装置(サイドアンダーミラー)
防眩インナーミラー(ルームミラー)
フロント・リアワイパー
VSC(横滑り防止装置)
EBD(電子制動力配分制御)
マルチテレインABS&ブレーキアシスト
デュアルステージSRSエアバッグ
フロントSRSサイドエアバッグ
フロントSRSニーエアバッグ
フロント・セカンドシートSRSカーテンエアバッグ
前席ELR付き3点シートベルト
フォースリミッター機構付きフロントシートベルト
フロント・セカンドシートプリテンショナー機構付きシートベルト
フロント・セカンドシート左右席アジャスタブルショルダーベルトアンカー
チャイルドシート固定用バー&トップテザーアンカー
トップシェード付きUVカット機能付き高遮音性ウィンドシールドグリーンガラス
フロントドアUVカットグリーンガラス
リアドア、リアクォーター、バックドアUVカット機能付きプライバシーガラス
フロント・リアマッドガード
上下開きバックドア
全ドアスマートエントリー&スタートシステム
照度コントロール付きアナログメーター
エコドライブインジケーター
オーディオステアリングスイッチ
チルト&テレスコピックステアリング
左右独立フルオートエアコン
花粉除去タイプクリーンエアフィルター
エンジン回転数感応型パワーステアリング
電圧計・油圧計・水温計・燃料計・外気温度計
全ドアワンタッチ式パワーウィンドウ
フロント・セカンドシートアシストグリップ
ドアスカッフプレート(樹脂製)
2段式コンソールボックス
ランプ付きグローブボックス
クォータートリムラゲージ&ポケット
テールゲート収納スペース
イルミネーテッドエントリーシステム
照明付きバニティミラー付きサンバイザー
車内3箇所アクセサリーソケット
ニーパッド
シガレットライター・灰皿
トリコットシート
シート上下アジャスター
運転席電動ランバーサポート(疲労軽減機能)
シートバックポケット
セカンドシート6・4分割リクライニング&スライド&タンブル
全席ヘッドレスト
6スピーカー
盗難防止&イモビライザーシステム
工具一式

・・・と、

そのへんの軽自動車3台分くらいの内容です。
特筆すべきは安全性能と快適装備
全席対象(GXは2列5人乗り)のエアバッグや

手間のないエントリーシステム、
ハンドル位置やシートの調整機能、
左右独立のエアコンなど
ベースグレードとはいえ、そこはやはり400万円超えのクルマですね。

・ランドクルーザーのおすすめグレード

ランクルに乗るのであれば、
いくら十二分に快適だとしても最廉価のものじゃさみしいですよね。
予算に余裕があればお買い得なグレードを選びたいところ。

カーズブライトのおすすめはZX。
標準ラインナップではトップですが、
内容から言ってやはり「お買い得」ではあるのです。

もちろん内外装はそこここで高級感を増しますが、
それよりも機能面にこそ真髄があります。
運転席は8Wayパワーシートになり、

サードシートは跳ね上げ格納も可能。
フロントシートのみならずセカンドシート左右席にもシートヒーターが搭載され
エアコンは左右どころか前後も独立して温度調整ができます。
なんとセカンドシートのスライドも電動で、
足元にはイルミネーションまで。

「でも650万円はやっぱり高い」とお思いのあなたに朗報なのは
特別仕様車ZX”Bruno Cross”の存在。
特別なランドクルーザーが最も特別な理由は
最上級グレードよりもさらに30万円高い価格にある気がします。
それが何に使われているか?
機能内装はもちろん向上していますが、
専用スマートキーや本革スマートキーボックス、本革車検証入れなど
よほどランクルに惚れ込んでいる人しか喜ばないような
コレクターズアイテムまがいの付属品にも、なのです。
そう考えると「ZX」がまっとうな装備に見えてくるのは
あなただけではありません。
上には上、と思えば贅沢をしている気にはならないので
ささっと家族を説得して
ブルーノクロスが販売している間にZXを契約しましょう。

欲しい車の非公開価格情報を知る方法


「欲しい車があるけど、探すのに 時間がかかる」

こういう悩みをお持ちのあなたへ ズバッと車販売なら希望にあった 車を非公開車両60万台以上の中から紹介(利用は無料)

まだ店頭に出回っていない状態のいい価格の安い非公開情報を誰よりも早くゲットできます!

たったの60秒程度の入力で非公開価格情報を知れます

いい車で価格の安いものはすぐに 売れてしまいます。

希望の車は最短1日で見つかります。↓



  • このエントリーをはてなブックマークに追加