ワゴン&2BOX

日産リーフの値引きは渋い?限界でどこまでいける?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界一売れている電気自動車、リーフ。
〝ベストEV〟の名を欲しいままにするこのクルマのパフォーマンスは
多くの人々を驚かせていますが、
「やっぱ・・・するね」と価格はそうはならず。
試乗して開いた口が値段を聞いてふさがるという
リーフの口パク現象は今も各地で起こっています。
今回はリーフの購入情報をチェック!

・リーフの値引きとは?

日産リーフ
自動車ディーラーに行くのは、新車を買う人だけではありません。
所有車のメンテナンスをしてもらいに来る顧客から
店舗内の英語塾に子供を通わせるママさん、
カーデザイナーに憧れカタログを集める少年まで
実にさまざま。
そんな「お客様でない」人々にも、
等しく優しく応対してくれるのが営業スタッフさんです。

〝クルマを買う気がない人にこそ買ってもらえ〟という
教育を受けているプロなので、
そのつもりじゃなかったけど行ったついでに話を聞いたら
いつのまにか契約していた、なんて経験がある方も多いことでしょう。

そしてリーフは、〝クルマニア〟でなくとも気になる車種のひとつ。
何かの拍子に「そういえばリーフっていうのは」と口を滑らせ
営業マンのセールストークを聞く羽目に、なんてことも。
リーフの価格はこちらの記事でお伝えしたとおり270~350万円。
「値引きはしてもらえるの?」という質問への

営業マンの回答は「補助金が出るんですよ」。

「ん?」と思ってよく聞けば、
値引きと補助金の合計額は決まっているとかいないとか。
値引きしてもいいけど、その分だけ補助金が減る。
結局同じだから・・・という話らしいのです。

・リーフの値引き状況

リーフに基本値引きはない。
それを踏まえて、値引き情報をご覧ください。
車両本体からの値引き ・・・0~15万円
オプションからの値引き・・・0~60万円

合計値引き額     ・・・0~60万円

まず車両本体から値引きしてもらっているという情報ですが、
おそらく「かなり買い渋った」「友情割引か」です。
あるいは「相当なネゴシエーター」かもしれません。

ただし、これは2015年3月26日までの話。
(値引き情報はすべてそれ以前のデータです)
2015年3月27日に、日産自動車株式会社は
リーフの価格改定を発表しています。
その内容は「全グレード一律14万円値下げ」。
これを喜ばしいことと捉えるか?
諸手を挙げてはしゃげない理由は、やはり補助金との兼ね合い。
それまで53万円だった、国の
「クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金」は

最大27万円と大幅に引き下げられています。

実はこの話、今年に限ったことでなく
マイナーチェンジ以後
2013年1月と2014年3月にも同様の発表をしています。
買った方は特に強く記憶が残っているでしょうが、

当初、リーフの補助金は最大78万円でした。

補助金が減って、本体価格も値下げならば
ユーザーは変わらないじゃないかと思うかもしれませんが、
メーカーの収入が減る分、リーフの量産には歯止めがかかり
巡り巡ってユーザーにもさまざまなフィードバックがありません。
たとえば特別仕様車の設定であるとか、

改良やマイナーチェンジの頻度・精度に、
もちろん値引きにも影響します。

筆者がディーラーで「値引き=補助金」の話を聞いたのは
2015年の2月でしたが、
おそらくその時点で翌月からの値下げは決定しており
リーフを取り巻くさまざまな「お金」の動向から
「値引きはできない」ということになっていたのではないかと思います。

なにせ、マイナーチェンジ前は
補助金もおりつつ、車両価格からの値引きも普通にあった

そうですから。
そして来年度はついに補助金がゼロになるという見通しもあるようで、
販売店としてはリーフの扱い方に困っているというのが実情でしょう。

話をまとめると、

・現在の補助金の最大額は全グレードで最大27万円
・ディーラーは値引きには渋い

ということですね。

オプションの値引きは順当ではあるものの、額が大きいですね。
通常の例ですと
オプションは多くて車両価格の1/4くらい。
しかし60万円の値引きということは、
100万円前後のオプションを選択しているということになります。
後述しますが、もしかするとこれはなかなか賢いやり方。
狙ってやっているのならば、ですが。

・リーフの値引きテクニック

車両からの値引きが期待できないリーフですが、
ここは工夫してなんとか安く買いましょう。
目標は営業マンに嫌な顔をさせること!

まずは競合車をぶつけましょう。
電気自動車だから「i-MiEV」を挙げる人もあるかもしれませんが、
それはあまりに安易というもの。
正直なところ、ディーラーでは

i-MiEVをライバルとは思っていません。

バッテリーのリコールやその他不良報告の多さに
もはやリーフの敵ではないと考えているので、
検討リストに並べること自体不満に思うでしょう。
というわけで、対抗馬は

「プリウスPHV」。

一応ガソリンエンジンを積んでいるものの、
充電ありきのバッテリーカー。
プリウスファミリーと比較されれば
日産もトヨタに負けるわけにはいかず、
「頑張ります」と言うはずです。
そしてオプションをたっぷりつけることを忘れずに。
グレードをひとつふたつ落として、
オプションを付けて値引きをすれば
結果として安く買うことができます。
すべての装備がオプション選択できるわけではありませんので、
そこはきっちり装備表をチェックして
自分が押さえたいものを選んでおきましょう。

欲しい車の非公開価格情報を知る方法


「欲しい車があるけど、探すのに 時間がかかる」

こういう悩みをお持ちのあなたへ ズバッと車販売なら希望にあった 車を非公開車両60万台以上の中から紹介(利用は無料)

まだ店頭に出回っていない状態のいい価格の安い非公開情報を誰よりも早くゲットできます!

たったの60秒程度の入力で非公開価格情報を知れます

いい車で価格の安いものはすぐに 売れてしまいます。

希望の車は最短1日で見つかります。↓



  • このエントリーをはてなブックマークに追加