コンパクトカー

日産リーフの口コミから分かるメリットとデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハイブリッドに続く第2のエコカー、電気自動車。
今回はそのフロンティアであるリーフの実態を調査しました。

・基本情報

日産リーフ
まずは基本的なデータを確認してみましょう。

メーカー :日産
販売店 :日産全店
発表 :2010年12月
略歴 :市販電気自動車として成功を収めたクルマ。

受賞多数、2012年にマイナーチェンジ。
価格帯 :270~350万円
燃費 :–
航続可能距離 :228km/フル充電
名前の由来 :自然界において葉が大気を浄化するように、

日産リーフが走行時の排出ガスをなくすことを意味する。

国内の個人用市販電気自動車は他に
トヨタ「プリウスPHV」
三菱「i-MiEV」、「アウトランダーPHEV」
があります。
(プリウスPHVとアウトランダーPHEVは
ガソリン補給も必要です)

アイミーヴとはボディサイズも違いますが、
単に電気自動車としての完成度を見ても
バッテリー関係のリコールがないなど
リーフは格段に上をいきます。

さらに、マイナーチェンジで航続距離を伸ばし、
価格も引き下げて・・・と
インフラの整いきらない新しい移動手段として
普及に向けた努力を怠りません。
顔見知りの営業マンが
「乗ってみて欲しい、びっくりするから」と勧めるのは
セールストークやリップサービスではないということは、
その人が実際にリーフを購入して
自分で日常的に使っているということからも分かり、
筆者も興味をそそられました。

そんなリーフの「正直なところ」を、
オーナーのみなさんに教えてもらいましょう。

・リーフのイイトコ、ダメなトコ

イイトコは☆で、
ダメなトコは*でまとめてあります。
ではどうぞ!

「エクステリア」

☆ブリリアントホワイトパール、いい色あい。
☆悪くない、空力も考えているのだろう

*最初は印象悪かったが、だんだん気にならなくなった
「インテリア」

☆電磁式のパーキングブレーキ
(※マイナーチェンジモデル前の前期型に採用。
後期型は足踏み式)が高級感あり。
☆シートの色も明るいグレーでステキ
☆シンプルでEV感があっていい。

*前期型はトランクスペースがちょっと狭い
*ナビにWi-FiルーターとDVDプレーヤーも欲しい
*価格からするとちょっと貧弱
「モーター性能」

☆最高。電気の力ってすごい。(クラウン)マジェスタより速い。
☆モーター音がいい。新幹線みたい。
☆下り坂で回生ブレーキをかけると充電して航続可能距離が伸びる。
☆パワーはすばらしく、
うっかりするとスタートダッシュでタイヤが鳴る
☆途切れることなく伸びてゆく独特の加速感、楽しい

「走行性能」

☆急な坂のアップダウンもストレスなく走る!
☆平坦な道での追い越しもスムース!
☆足回りがしっかりしていてカーブでの安定感バッチリ。
☆山道のワインディングが得意分野
☆高速道路でも安心できる
☆まさに走る新幹線
☆走行中にエコモードをオフにすると、
ニトロでも入れたかのような加速感を味わえる。

「乗り心地」

☆エンジンがないから振動もない。
☆静か。本当に静か。クルマの概念を変える静かさ。
☆昔の高級車のフレーズ総取り。
☆身長180cmだが、フロント・リアともに座り心地よし。
☆ファブリックシートの座り心地はさすが。
☆少し硬めだけどちょうどいい
☆全車全席シートヒーター付き!

「使い勝手」

☆大きいかなと思ったけど取り回しもいい
☆カーオーディオもイケてる
☆電気式のヒーターは冬でもすぐに温風が出てくる
☆ステアリングヒーター標準装備

*シートアレンジはもっと改良してほしい
*ヘッドランプがいまいち明るくない
「航続可能距離・電費・電気代」

☆80%充電で150km
☆ライトプランの1500円以外はかからない
☆電費は7~9km/kWh =燃費にして 80~100km/L
☆停止しているときは走行用のバッテリーを消費しない

「インフラストラクチャー」

☆日産含め、道の駅、SA、PA、ホテル、コンビニなどに
急速充電器が普及してきている。
☆自宅半径5km以内に4箇所、10km以内に31箇所の充電スポット。
自宅充電が便利だが、なくてもなんとかなる気がする

「価格」

☆高いけど、総コストを考えればいい
☆中古で総額180万円。軽やハイブリッドの新車を買うくらいなら絶対こっち。
☆補助金と低金利でトントン
☆ガソリンの値段が上がるとお得感が増す
☆自治体からの補助金も出た

*リーフの新車はベースグレードに
補助金使っても230万円、手が出しづらい
*高い。補助金があればこそ。

「総評/感想」

・i-MiEVでは小さいし、(BMW)i3は不格好、
(VW)eUP!やeGolfはまだ出ないし高め、
テスラはさすがに手が出ない。
・維持費を抑えたい人、高級車からのダウンサイザー、
スポーティな走りを求めている人、乗り心地の良さを求める人
におすすめ。
・一番の魅力は走行性能
・オール電化住宅だと相性バツグン
総じて、

イイトコロ=走りと経済性
ダメなトコ=インテリア

とまとめられるでしょうか。

ランニングコストを抑えたからといって、
そのランが物足りないなんて大きな間違い。
「エンジンのクルマ並み」どころか
「それを遥かに超える」ビークルなのです。

最近ではファミリーマートに急速充電器が置かれるなど
インフラも加速度的に整ってきて
敷居がどんどん低くなっていますね。

各メーカーのラインナップの1/3くらいが電気自動車になると
選択肢も増えて、もっと面白くなりそうです。
しかしそれは先の話。
とりあえずは、リーフに乗ってみましょうか。

欲しい車の非公開価格情報を知る方法


「欲しい車があるけど、探すのに 時間がかかる」

こういう悩みをお持ちのあなたへ ズバッと車販売なら希望にあった 車を非公開車両60万台以上の中から紹介(利用は無料)

まだ店頭に出回っていない状態のいい価格の安い非公開情報を誰よりも早くゲットできます!

たったの60秒程度の入力で非公開価格情報を知れます

いい車で価格の安いものはすぐに 売れてしまいます。

希望の車は最短1日で見つかります。↓



  • このエントリーをはてなブックマークに追加