ワゴン&2BOX

レヴォーグとアクセラを比較!買うならどっち?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レヴォーグとアクセラ。
スバルとマツダが送り出しているこの2台のクルマは
どちらにも溢れんばかりの魅力があり、選択に迷います。
徹底比較してみましょう!

レヴォーグ VS アクセラ

・それぞれの立ち位置

レヴォーグ
スバルの日本市場専用のクルマとして開発。
レガシィツーリングワゴンの廃番と同時に発売されたことと

価格帯やユースシーンが近いことから
「後継」とも言われるが、
実際はゼロから設計された新規車両。

それまでのスバルとは違うスタイリングは、
それまでのスバルとは違うミーティングから生まれている。
レヴォーグは、

技術者がハード(ボディ)の条件を出して
その範囲内でデザイナーが線を引く他の車種と異なり
デザインチームと技術者が一同に会して
「理想のクルマ」のカタチをすり合わせるところから始まった。
エクステリアデザインにも注力したいということは

その時点ですでに意識していたことであり、
ゆえにこのような開発手法が採られたとも言える。

アクセラ
マツダの世界戦略車のひとつ。
海外では「Mazda3」という名前で販売している。

ヨーロッパでしのぎを削ったマツダは、
その走りのテクノロジー
洗練されたデザインをモデルチェンジごとに昇華。
2013年に発表された現行型は
「魂動(コドウ)デザイン」と銘打ち
躍動感あるボディラインを打ち出す。
同じく「魂動デザイン」を掲げ、先に出ているアテンザよりも
上からの投影面積が一回り小さいが、
アテンザをまとめ直したわけではなく
アクセラはアクセラで一から描いているとのことで、
マツダのデザインへのこだわりがうかがえる。

レヴォーグは日本仕様に特化し、
アクセラは世界を意識している・・・。
どちらがいいというわけでもありませんが、
生い立ちは真逆のようにも思えます。
しかし開発上は、どちらも全く新しいクルマとして
デザインされているということは、
選ぶ側としては誇らしくもあり、嬉しいことですね。

・それぞれにしかないもの

走行性能に関しては、
レーサー出身でもない限り
どちらが良い悪いという差はありません。
エクステリア、インテリア同様
乗り味も好みに応じて選ぶことになるので
本稿では触れません。

レヴォーグ
やはりスバルはアイサイト
コンセプトとスタイルはジャパンユースでも、

セイフティテクノロジーはグローバルスタンダード。

レヴォーグに搭載されるバージョン3のアイサイトは、

プリクラッシュブレーキ
前車速追従機能付クルーズコントロール
アクティブレーンキープ
誤発進・誤後進抑制制御
各種警報・お知らせ機能

の5つのファンクションで構成されています。

アイサイトが他メーカーの安全装備よりも
圧倒的に高い評価を得ているわけは、
ステレオカメラによる正確な情報判断
状況に応じた最適な運転支援を促すから。
似たような機能を持ったクルマは他にもありますが、
そのほとんどはレーダーでのセンシング。
「レーダー」と聞くと先進的で格好いいと思ってしまいますが、
これは極端に言うと「その方向に何かがあるかないか」
ということしか判断できません。
「歩行者なども検知することがありますが、
これは先行車に対してのシステムなので
歩行者への衝突を回避するわけではありません」
なんて但し書きがついているものさえあります。
もちろん装備されないよりはされる方がいいですが、
カラー映像で状況を把握するアイサイトには
どうあがいても勝てないのです。

また、積載性はアクセラに対してかなり有利。
ワゴン.スポーツというコンセプト通り、
単身の引っ越しならこなせそうな積載量を誇ります。
エクステリアデザインの工夫で、
外からはそんなに大きなハコには見えないことも魅力ですね。

アクセラ

意外と優位に立つのが、価格と燃費です。
レヴォーグの

270~360万円

13.2~17.4km/L
という数字に対して、
アクセラは

180~310万円

17.8~30.8km/L
と圧勝。

まさかのリッター30キロ超えは
ハイブリッドモデルの功績。
しかし、その価格は250~280万円
いいんですか?と訊いてしまいそうな割安感です。

さらに、オリジナリティ溢れるインテリアの機能に
「MAZDA CONNECT」があります。
携帯電話と接続しての通話はもちろん、
フェイスブックツイッターとの連携、
インターネットラジオの再生など
クルマの中と外をつなぐ機能が満載。
その瞬間の閃きや感動をシェアし、
友人のリアクションを受け、
またインスピレーションが起こる。
人がクルマを呼び起こし、
クルマが人を感化する・・・それがマツダの狙いです。

・買うならどっち?

軽やコンパクトカーとは違いますし、そもそも
どちらもセカンドカーになる素質のクルマではありません。
やはり買うなら、どちらか、ということになりますよね。

筆者の答えは、「ディーラーに行け」です。
元も子もないじゃないかと思われるかもしれませんが、
この2台は自らに課したそれぞれの命題に対して
高い次元で最善の解答を示しているクルマですから、
甲乙がつけがたいのです。

デザイン、乗り味、インテリア、安全装備。

体験しないと分かりません。

仮に外観だけでも、
写真で見るのと実際に眺めるのは全然違います。
百聞は一見に如かずと言いますが、

写真や動画は、まだ「聞」の範囲内。

ぜひその目で、その手で、
レヴォーグとアクセラに触れてみてください。

ディーラーで色々な話を聞くときに、
予備知識として本稿の内容を思い出して頂ければ幸いです。

欲しい車の非公開価格情報を知る方法


「欲しい車があるけど、探すのに 時間がかかる」

こういう悩みをお持ちのあなたへ ズバッと車販売なら希望にあった 車を非公開車両60万台以上の中から紹介(利用は無料)

まだ店頭に出回っていない状態のいい価格の安い非公開情報を誰よりも早くゲットできます!

たったの60秒程度の入力で非公開価格情報を知れます

いい車で価格の安いものはすぐに 売れてしまいます。

希望の車は最短1日で見つかります。↓



  • このエントリーをはてなブックマークに追加