軽自動車

軽自動車の燃費順ランキング!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

軽自動車の人気ランキングの記事はお読みになりましたか?
まだの方はぜひ、こちらをどうぞ。

これを読んでいて、疑問がありますよね。
「あれ?燃費は?」あるいは
「価格はどうなってんの?」
もちろん、それらも知りたいところ。
お金に関わる部分は、
今回のエントリでまとめます!

アルト

・軽自動車の燃費ランキング!

カタログ値は実際には出ないとはいえ、
充分参考にはなる数字。
公称(カタログ)燃費で負けているクルマが
実燃費で勝つなんてことは、まずありませんからね。

ではさっそく、ランキングです!

軽 自動車 燃費 ランキング ( カタログ値・ JC08 モード )
順位車名燃費(km/L)メーカー
1アルト37スズキ
2ミライース35.2ダイハツ
3ワゴンR32.4スズキ
4ムーヴ31ダイハツ
5MRワゴン/モコ30スズキ/日産
6デイズ/eKワゴン30日産/三菱
7N-WGN29.2ホンダ
8ハスラー29.2スズキ
9ミラココア29ダイハツ
10スペーシア29スズキ
11N-ONE28.4ホンダ
12タント28ダイハツ
13ムーヴコンテ27.6ダイハツ
14ラパン、ラパンショコラ26スズキ
15デイズルークス/ eKスペース26日産/三菱
16N-BOX25.6ホンダ
17アルトターボRS25.6スズキ
18ウェイク25.4ダイハツ
19コペン25.2ダイハツ
20N-BOX+24.4ホンダ
21ミラ24.2ダイハツ
22S66024.2ホンダ
23バモスホビオ17.6ホンダ
24バモス16.8ホンダ
25エブリィワゴン/ タウンボックス/ NV100クリッパーリオ16.2スズキ/三菱/日産
26アトレーワゴン14.8ダイハツ
27ジムニー14.8スズキ

OEM供給・共同開発がなされているクルマは同じものとし、同じ欄に入れました。
また、カスタムなどの派生モデルは割愛し、
グレードごとに値が違う車種は
最も成績のよい燃費をピックアップしています。

コペンがN-BOX+よりよい燃費だったり、
ちょっと意外な部分もあったのではないでしょうか?

では続いて、価格です。

軽 自動車 価 格 ランキング ( メーカー 希望小 売価 格 ・ 本州)
順位車名価格(万円)メーカー
1ミライース76.6ダイハツ
2アルト84.7スズキ
3ミラ88.5ダイハツ
4ラパン107.8スズキ
5ハスラー107.9スズキ
6ワゴンR107.9スズキ
7eKワゴン108三菱
8デイズ109.8日産
9ムーヴ113.4ダイハツ
10MRワゴン115.3スズキ
11ムーヴコンテ115.7ダイハツ
12N-WGN116.3ホンダ
13N-ONE118.5ホンダ
14ミラココア118.8ダイハツ
15モコ119.3日産
16タント120.3ダイハツ
17スペーシア126.4スズキ
18eKスペース125.9三菱
19N-BOX127ホンダ
20デイズルークス127.5日産
21バモスホビオ128ホンダ
22ジムニー129.6スズキ
23ラパンショコラ130.7スズキ
24バモス132ホンダ
25ウェイク135ダイハツ
26N-BOX+138ホンダ
27N-BOXスラッシュ138ホンダ
28アトレーワゴン140.4ダイハツ
29エブリィワゴン142.6スズキ
30NV100クリッパーリオ160.6日産
31タウンボックス160.9三菱
32コペン179.8ダイハツ
33S660198ホンダ

こちらも、ベースグレードの価格を出しました。
N-ONEなどは最上位グレードが178万円なので、
このランキングで言うと13位から一気に32位まで落ちます。
実際に選ぶ時には、装備内容を揃えて較べてみないと
割高かどうかは分かりませんが。

注目は、OEMと共同開発車。
日産と三菱はNMKVで2台の軽を共同開発していますが、
「デイズ/eKワゴン」
「デイズルークス/eKスペース」の両方で、
三菱の方が価格は安く設定されています。
装備内容にも違いはあるのですが
三菱のほうがオプション選択の自由度が高いと言えますね。

さらに軽スポーツでしのぎを削る
コペンとS660ですが、
燃費と価格の両方でコペンが上回るという結果に。

軽スポーツには乗りたし、けれど先立つものはあまりない・・・

という人は、案外決め手になるポイントかもしれません。

・敵はガソリンだけにあらず

最後に、気をつけておきたいポイント。
それは車重です。

軽自動車は、そのスタイルとコンセプトから
総じて
「車体は軽い」
「燃費はいい」
「年間走行距離は短い」
「所有年数が長い」
という傾向があります。
そのときに問題になるのが、税金。
取得税と定額の自動車税はさておき、
通例2年おきに払う自動車重量税がミソ。

軽自動車の車両重量は、
およそ800kgから1100kg。

重量税は、500kgごとに金額が増えますから
950kgのN-BOXと1010kgのウェイクでは
走行性能だけでなく、重量税の税額も変わってきます。

エコランを心がけたり、
カードを作って店内最安値で給油したり
ポイントを貯めたりしている人なら、
3回目からかかってくる重量税も気にしてみるべきです。
検討していた別のクルマより30kg多いばかりに、
「ふんわりアクセル」で一生懸命浮かせた2年間のガソリン代が
一気に喰われることにもなりかねないのですから・・・。

欲しい車の非公開価格情報を知る方法


「欲しい車があるけど、探すのに 時間がかかる」

こういう悩みをお持ちのあなたへ ズバッと車販売なら希望にあった 車を非公開車両60万台以上の中から紹介(利用は無料)

まだ店頭に出回っていない状態のいい価格の安い非公開情報を誰よりも早くゲットできます!

たったの60秒程度の入力で非公開価格情報を知れます

いい車で価格の安いものはすぐに 売れてしまいます。

希望の車は最短1日で見つかります。↓



  • このエントリーをはてなブックマークに追加