コンパクトカー

ミラージュの値引きの限界を探ってみました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三菱が過去のしがらみを引き裂いてぶち込んだ、
「本当にコンパクト」なコンパクト・ミラージュ。
今回はミラージュの耳寄り購入情報です。

ミラージュ

・ミラージュの値引き状況

本体価格からの値引き ・・・5~15万円
オプションからの値引き・・・5~10万円

合計値引き額     ・・・10~20万円

他のクルマに比べると小さく感じますが、
ミラージュの本体価格は120~130万円程度。
値引き率は変わりません。
むしろ、同じ値引き率なら
価格が低いほうがディーラーの利ざやは小さいので
精一杯の頑張りと言えますね。

競合車はやはりパッソ。

あるいは、ヴィッツやアクアも
検討中だと伝えると効果的かもしれません。

「小さく、安く、アシが長い」コンパクトは
現在の日本市場では意外に少なく、
あまり激しく競わせることはできないかもしれません。

生まれ変わったミラージュは
その割りきったコンセプトに、
潔さを感じて応援するファンも少なくないので
これからマイナーチェンジを重ね、
モデルチェンジを繰り返して育つクルマだという見解で
投資のつもりで買うといいのでは。

・ミラージュのグレード選び

三菱のサイトは、N社と違って
かなり見やすいです。
クルマの購入検討者にとっては、
こういったホームページの出来不出来で
メーカーの印象も変わってきてしまいますよね。

さて、ミラージュですが
グレードラインナップは全部で4つ。

「1.2G」
「1.0G」
「M」
「S」
の順で価格が安くなります。

それではいきましょう、
クルマセレクトフローチャート!
設問にYESかNOで答えてお進みください!

Q1.これはミラージュではない!
YES→A1へ
NO→Q2へ

Q2.パッと見た印象は、けっこうイイ
YES→Q3へ
NO→Q4へ

Q3.デザインとかテクノロジーには造詣が深いほうだ
YES→Q5へ
NO→Q6へ

Q4.とにかく安いクルマを探している
YES→Q7へ
NO→Q8へ

Q5.人に言わせると、オタクっ気があるらしい
YES→A2へ
NO→Q8へ

Q6.センスはやたらあるような気がしてならない
YES→A3へ
NO→A4へ

Q7.やっぱり、安ければ何でもいいってわけじゃない
YES→Q8へ
NO→A5へ

Q8.クルマを運転するのが好きだ
YES→A6へ
NO→A7へ

さあ、いいですか?
はい、いいですね?

結果発表です!

A1「やり直し」

中古車市場で
廃版ハッチバックセダンのミラージュを探すのも手ですが、
同じ名前でコンパクトカーを日本市場に売り込んだ
三菱の意図を汲みましょう。
食わず嫌いはよくないですよ。

A2「1.2G」

ミラージュのファーストインプレッションで
好感を持ったあなたは、
空力性能に優れたボディの「機能美」を
無意識にでも「魅力的」と感じているのかもしれません。
デザインやテクノロジーが好きで、人にオタクと呼ばれれば
自覚はなくとも「うるさがた」。
その重箱の隅をつつくような審美眼にも、

1.2Gならば耐えられます。
クルマの「頬」のアクセントにフロントフォグ
やっぱり「靴」だねとアルミホイール
中はスッキリ、明るいツートンのインテリアで気持ちも晴れやか。
本革巻きのステアリングなんて
このサイズには分不相応じゃないのとニヤついて
フルオートエアコンのスイッチを入れれば
快適なドライブのスタートです。
排気量が上がってパワーは充分
なのに燃費は25.0km/Lとこれまた満足。
気分が良くなるあまり、
『知ってる?この1.2Gってさ、
他の1Lのラインナップに比べてもあんまり重さ変わんないんだ
それがどういうことかって、

うん、もちろん排気量が大きくなって
重さがそのままなら運動能力は上がるけど
その他にもひとつあるんだよね。
分かる?・・・重量税だよ。
たとえばヴィッツだとさー、

1.0Lから1.3Lのモデルにすると1トンのライン超えて
重量税の税額が上がるんだよね。
その点この1.2Gは、ちゃんと1トン以内に収まってんの。
減税だ免税だっつってもさ、重量税は初回と2回目しか
それ使えないわけじゃん?
俺はコイツに長く乗りつもりだから、
ランニングコストが安く上がるのも嬉しいんだよね』
と助手席の彼女に吹聴する、
そんな姿が目に浮かぶようです。
A7の方も、この最強モデルに身を預けましょう。

A3「M」

根拠はなくとも自信は満々。
そんなあなたは趣味も広く浅くではないでしょうか?
ならばクルマは価格重視。

本体価格は初期投資、
燃料消費率はキャッシュバック

そんな発想でいきましょう。
利便性は高く、飾りっ気は控えめに。
ドライバーを主人公にしてくれる、
奥ゆかしいグレードです。

A4「S」

自分に自信がないことも、
時にはポジティブに考えましょう。
あの竹中直人だって「自分のことは大嫌いだ」と言っています。
クルマにお金をつぎ込むタイプではなさそうなので、
最廉価グレードの「S」を。
軽自動車を大きく下回る、
ミラージュならでは蜃気楼まがいのプライス
スカーッと楽しいお出掛けの足に使いましょう。
A5の方もこちらをどうぞ。

A6「G」
走り屋でも理屈屋でもないけれど、
クルマの運転は案外好き。
そんなあなたは「G」がぴったりです。

1.0Lの非力とも言えるエンジンを、
その軽い車体に積んでどう走るのか。
ハイスペックのガシガシ系とはまた違う、
つかず離れず、クルマとの微妙な距離感でのテクニックが求められます。
ボディカラーが気に入れば、
ミラージュには愛着が湧くと思いますよ。
マイ・ミラージュは決まりましたか?
筆者は1.2Gでした(自分で作っておいて、やりました)。

みなさんも、自分にジャストサイズなグレードが見つかりますように。

欲しい車の非公開価格情報を知る方法


「欲しい車があるけど、探すのに 時間がかかる」

こういう悩みをお持ちのあなたへ ズバッと車販売なら希望にあった 車を非公開車両60万台以上の中から紹介(利用は無料)

まだ店頭に出回っていない状態のいい価格の安い非公開情報を誰よりも早くゲットできます!

たったの60秒程度の入力で非公開価格情報を知れます

いい車で価格の安いものはすぐに 売れてしまいます。

希望の車は最短1日で見つかります。↓



  • このエントリーをはてなブックマークに追加