ダイハツの軽自動車

ムーヴコンテとムーヴの違いはここだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイハツの代名詞的車種にして、
ワゴンRととともに軽自動車全体をも牽引するムーヴ。
今回はムーヴとその派生モデル「ムーヴコンテ」を解説!

ムーヴコンテ VS ムーヴ

・基本情報

まずはムーヴの基本的なデータをまとめます。

メーカー
:ダイハツ工業

販売店
:ダイハツ全店

発売
:1995年8月

略歴
:1993年に登場し、軽市場のシェアをかっさらった
スズキ・ワゴンRに対抗する形で投入。
モデルチェンジは5回、
最終は2014年12月。
コンテは2008年に登場。

価格帯(ムーヴ)
:110~150万円

価格帯(コンテ)
:120~140万円

燃費(ムーヴ)
:25.6~31.0km/L

燃費(コンテ)
:25.0~27.6km/L

名前の由来
:MOVE=「動かす、感動させる」という意味。
乗る人に新たな感動を与え、クルマの価値を
ちょっぴり動かせるクルマでありたいという思いから。
コンテ=「Continuity(台本)」の日本的略称。
自分らしい生活を描くクルマを実現、また
「Comfortable Interior」の略で、
乗る人の心地よさを追求したクルマという意味。

歴史あるムーヴと、
その系譜を広げるコンテ。
それはちょうど頑固一徹な祖父のもとで、
新しいアイデアを技術と融合させようと奮闘する孫の
伝統工芸の職人世界のような関係性かもしれません。

・ムーヴの魅力、コンテの魅力

口コミをもとに、ムーヴの魅力とコンテの魅力を
覗いてみましょう。
ムーヴ:
とにかく燃費がいい
乗り心地もまずまず

コンテ:
電動スライドシートは機能もさることながら、
質がいいのか疲れにくい。

コンテ:
インテリアはブラックにすると
急にかっこよくなる!

ムーヴ:
エクステリアはごつさがあって、主張が強くていい。

ムーヴ:
インテリアは軽の中では一番いいと感じる。
普通車並み。
室内の高さもちょうどよく、
背の高い大人が乗っても広々!
リアシートは独立スライドで荷物を積むときも便利
ドアパネルにも布地(ドアトリム)が使われて
開閉音も重厚感がある。

コンテ:
シートは試乗時点から気に入っている。
リアシートはリクライニング付きで快適。

収納も多いし、トランクスペースも充分。

ムーヴ:
ターボだが、静粛性が高くて高級感がある

コンテ:
角ばったデザインが好ましい。
シートも最高。

インテリアとエクステリアだけで買う価値あり。

コンテ:
室内は広く、性能も妥当。
燃費はもうちょっと。
コンテ:
フロントベンチシートでスルーできる。
コーナーリングに不満があるが、コンセプトは
それ度外視なので気にはならない。

後部座席の居住性はかなり良い。
価格も妥当、値引きも頑張ってもらえた。

ムーヴ:
エンジン性能は必要充分。
4人乗車でエアコンをつけて上り坂を登っても
パワー不足を感じたことはなし。

ターボをほしいとも思ったことがない。

旧型に較べて接地性が高まり、
カーブでの安定感がアップしている。
シートはもう少し柔らかいとよかった。
燃費はすばらしく良い。
夏場にエアコンをつけても20km/Lを超え、
最高30.5km/Lまで伸びた。

品質から言って安い

ムーヴ:
スマートアシストの性能を実感!
よそ見していたとき、急ブレーキがかかり衝突を回避
本当に助かった。
5万円の価値あり。
全車装備にしていただきたい・・・。

ムーヴ:
アイポイントが高く小型車を見下ろす感じで運転できる。
腰痛持ちだが、乗り降りも非常に楽

コンテ:
洗車がしやすいサイズ、形。
室内は4人乗っても快適、
ただ荷物があんまり積めない。

街乗りでは充分な性能

高速道路ではエンジン音が気になる。
燃費は14~17km/L程度。

縦横無尽にピックアップしてみました。
コンテはムーヴの居住性を向上させたモデルなので、
知ってか知らずかレビューも
「シートが素晴らしい」という内容が多いです。
ダイハツの狙い通りのクルマに仕上がっているということですね。

・ムーヴとコンテの違い

ムーヴとコンテには、2つ大きな違いがあります。
それが、「スマートアシスト」「ターボ」。

そのどちらも、
ムーヴにあってコンテにないオプションです。

レビューにもあったとおり、
もしもの時の「もしも」が起こる可能性を
下げてくれる安全装備「スマートアシスト」。
現在、どのメーカーも
安全性能に関してユーザーに提案がありますが
ダイハツのそれは、
トップを独走するスバルのアイサイトに
追いつこうとする意思が読み取れる内容です。

衝突回避、誤発進抑制、
先行車発進お知らせ、横滑り防止、タイヤ空転防止。
まだまだアイサイトには至らないものの、
それを軽自動車にも搭載する意欲的な姿勢に
実際何人のユーザーが救われているか、分かりません。

そしてパワーをどうしてもネックに感じて
「軽ならターボじゃないと」という人もいます。

コンテはこの2つの装備を切り捨ててでも、
数字で表せないシートの良さ
室内の快適性にお金をかけたクルマと言えます。

というわけで、
あちらへこちらへガシガシ乗る方はムーヴ、
遠出をあまりしないとか、
交通量が少ない地域に住んでいる方ならコンテ
どちらも「買って損はしない」と
オーナー達のお墨付きですから、ご安心あれ。

欲しい車の非公開価格情報を知る方法


「欲しい車があるけど、探すのに 時間がかかる」

こういう悩みをお持ちのあなたへ ズバッと車販売なら希望にあった 車を非公開車両60万台以上の中から紹介(利用は無料)

まだ店頭に出回っていない状態のいい価格の安い非公開情報を誰よりも早くゲットできます!

たったの60秒程度の入力で非公開価格情報を知れます

いい車で価格の安いものはすぐに 売れてしまいます。

希望の車は最短1日で見つかります。↓



  • このエントリーをはてなブックマークに追加