トヨタのミニバン

ノアとセレナの違いは?より人気が高いのはどっち?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

低価格帯ミニバン戦線で実力伯仲のノアとセレナ。
今回はこの2車種を比較検討してみます!

ノア VS シエンタ

・まずは基本データ

まずは両車の基本データをおさらいしましょう。

ノア・セレナ 基本データ
ノアセレナ
メーカートヨタ日産
発売年2001年1994年
略歴2007年、2014年と2回のモデルチェンジ。現行型で初めてハイブリッドモデルが登場。モデルチェンジは1999年、2005年、2010年。2012年の改良でハイブリッドモデルが登場。
価格帯227~205万円224~301万円
燃費14.6~23.8km/L12.6~16.0km/L
名前の由来優しい語感の人命
(方舟のノアとは無関係)
スペイン語で「晴れ晴れとした」
「穏やかな」の意味

価格が横並びのこの2台、ユーザーにとっては比較対象になるのも無理からぬ話。
ちなみに、それぞれ「タウンエース」と「バネット」というクルマの
いちモデルだった「タウンエースノア」と「バネットセレナ」が
フルモデルチェンジとともに「ノア」「セレナ」となった、
出世魚のような経歴を持つところにも、偶然で済まされない関係性を感じますね。

・人気の検証 売上げ編

人気の根拠となるのは、やはり数字。
2014年1月から2015年2月までの、
ノアとセレナの新車販売台数を較べてみました。
カッコ内は軽自動車・国外メーカー車を除く月間順位です。

ノア・セレナ 新車販売台数(月間順位)
ノアセレナ
2014年1月2,281(30位)9,910(6位)
2月6,202(10位)10,496(6位)
3月9,841(9位)10,966(8位)
4月5,412(7位)3,256(13位)
5月5,215(9位)4,613(10位)
6月5,862(9位)5,232(12位)
7月6,784(9位)6,591(10位)
8月4,658(11位)4,655(12位)
9月7,787(10位)7,830(8位)
10月6,550(9位)4,628(12位)
11月4,845(12位)4,610(13位)
12月4,168(13位)4,122(14位)
2014年合計69,605(10位)76,909(9位)
2015年1月4,392(13位)6,552(8位)
2月5,583(11位)6,819(9位)

(出典:日本自動車販売協会連合会)

どうやらノアとセレナは、実際の売上げにおいても
非常に拮抗した争いを繰り広げているようです。

ノアは2014年1月末にフルモデルチェンジ、
セレナは2013年12月末に内外装を一新したマイナーチェンジを施したこともあって、
とりわけ競争の激しい年だったのかもしれません。
特に2014年8月は、日本全国の販売店でたった3台差というデッドレース。

どちらがいい?
どちらもいい?
それぞれの売れる理由は、次章で検証してみます。

・人気の検証 口コミ編

ノアとセレナ、ユーザーの声を集めてみました。

ノアセレナ
シートアレンジが豊富。
2列目のロングスライドは重宝している。
やはりスマートマルチセンターシート。
7人乗り・8人乗りを選ばなくていい!
低床で、子供も乗り降りが楽
ノーマルモードではキビキビ走る。
一人で乗っても楽しい!
アクセルのリアクションが良い
エマージェンシーブレーキと
アラウンドビューモニターで安心
価格は妥当、お買い得性能を考えれば適正な価格
ガソリン車でも充分な燃費スマートシンプルハイブリッドは
税金優遇措置と考えれば問題なし
運転席からの視界が非常に良好
エアログレードがかっこいいエクステリアデザインが気に入ってる!
サイズ感、デザイン、室内など
すべてがうまくまとまっている
ファミリーカーとしては最高のクルマ

やはりお互いにいいところがあり、明らかにどちらがいい、ということは言えなさそうです。

口コミを投稿している人の中にも、
「ずっとセレナと迷ってノアを選んだ」という人も、
「ノアとの2択で、販売店の方の対応が良かったのでセレナ」という人もいました。
もはやクルマ同士の対決では終わらないのかも・・・?

・答えは人の数だけある?
ノアとセレナには相違点よりも共通点の方が多いような気さえします。
それでも、どちらかを選ばなければいけないユーザーのために
敢えて違いを挙げるとするならば・・・。

まずは安全性能。
セレナにはエマージェンシーブレーキが標準装備されています。
これは、衝突の危険があるとき、ブザーとランプで警告し

ドライバーの減速が不充分である場合、自動でブレーキが作動する機能。
フロントカメラは前方車両だけでなく、歩行者も捉えてくれます。
さらに、グレード別に、アラウンドビューモニターも設定されています。
自分の運転するクルマを空から見下ろすかのように周囲の状況が把握できるので、
わざわざドアを開けて後方確認をする必要もありません。

次に、燃費。

ノアとセレナのハイブリッドは、同じものではありません。
ごく簡単に言うと、日産の「スマートシンプルハイブリッド」は
トヨタのハイブリッドの簡易版。
大きなスペースを必要とせず、価格も抑え、燃費もそこそこ上げる。
それに対し、ノアのハイブリッドモデルは
価格が60万円ほど上がりますが、
燃費はセレナのそれより大きく変わってきます。
ミドルクラスのミニバンで実燃費20km/L以上
魅力的な数値ですね。

総合的に考えると、

「運転が好き」ならノア(ガソリン車)
「3列目シートによく座る」ならセレナ
「高速道路は使わず、街乗りがメイン」ならノア(ハイブリッド)
「駐車に不安がある」ならセレナ

・・・というように
クルマを使うシーンを想定して、
より自分や自分の家族のニーズを満たしてくれる一台を選ぶことが
誰にとってもの正解なのですね。
自分の使い方に応じてクルマの選ぶのは
当然と言えば当然のことですが、
「どちらでもいいかも」という似たクルマがあるときは、なおさら
本当にどちらでもいいのか、充分に検討する必要があります。

根気よく調べ、聞き、そして乗って、それぞれの良さを知ることが
「悩んだけど、このクルマに決めてよかった」と幸せを噛みしめられる
家族のカーライフに繋がっていくのだと思います。

欲しい車の非公開価格情報を知る方法


「欲しい車があるけど、探すのに 時間がかかる」

こういう悩みをお持ちのあなたへ ズバッと車販売なら希望にあった 車を非公開車両60万台以上の中から紹介(利用は無料)

まだ店頭に出回っていない状態のいい価格の安い非公開情報を誰よりも早くゲットできます!

たったの60秒程度の入力で非公開価格情報を知れます

いい車で価格の安いものはすぐに 売れてしまいます。

希望の車は最短1日で見つかります。↓



  • このエントリーをはてなブックマークに追加