査定前に知っておきたいコラム

査定後の迷惑電話の事例。個人情報不要の車査定サービスはどうなの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今の時代インターネットにより様々なものが便利になりました。

車の査定もインターネットを利用した複数社一括査定という便利な方法が生まれ中古車を高額で売るのが楽になる、と思ってみたら現実はそうではありませんでした。

一括査定サービスを行った直後突然なり出す電話、それも何度も何度も。
なんとなく軽い気持ちではじめただけなのに対応だけで四苦八苦する事になってしまいます。

怒る女性

なぜこのようなことになってしまうのでしょうか?
またどうすれば良いのでしょうか?

どうして電話をしてくるの?

まずどうしてこういった複数社一括査定を行うと電話が次々にかかってきてしまうのかという点についてですが申し込むこちらとしては一括査定で金額を並べて良い条件の所を探すのが目的ですし、もちろんそれが目的のサービスとして使っています。

拒否する女性

反対に申し込みを受けた業社側にとっては他の業社がいくらの値段をつけるかもわからず、その上で何としてでも自分の店舗で買い取りを実現させたいと考えています。

よって我先に電話をかけ勧誘をかけてくるという事態になり、同時に申し込んだ業社が多いほどかかってくる件数は多くなります。

多くのケースはこういった流れで電話が何度もかかってきて着信履歴が不在着信で埋まってしまうという事態になってしまっています。

原因としては大手の複数社一括査定サービスは個人情報入力が前提となっており、それを相手側に伝えるシステムになってしまっていることが挙げられます。

迷惑電話の回避方法

ではそんな迷惑電話はどう回避したら良いでしょうか?

まずはすでにサイトに登録してしまい電話が鳴り続けてしまっている場合です。

この場合、いくつか方法がありますが一番は「もう車は別の所に契約してしまった」と伝えるのが良いでしょう。
ただ、あまりにタイミング的に早過ぎると向こうが本当に売ったのか怪しんで何処にいくらで売ったのか聞いてくる場合がありますが契約内容は漏らさない約束なので話せないと言えば大体は引き下がるでしょう。

また消極的な方法ですが目的の業者以外の着信を拒否するという手もあります。

まだ申し込み前であれば高仕込みを行う件数を絞ることで最低限電話がかかって来る数を減らすことが出来ます。

他にも一括査定を申し込んだサイトからキャンセルを申請することで電話が止めることが可能です。
気をつけたいのは電話口で直接キャンセルを伝えても聞き入れてもらえない事例が多いことです。
かならず最初の一括査定サイトへ立ち戻るようにしましょう。

それでも電話をかけてくる場合

上記の方法をとってもまだ電話をかけてくる場合があります。
特に着信拒否をかけると同じ業社が電話番号を変更してまでさらに勧誘電話をかけてくる場合があります。

ここまでくると個人では対応しきれない場合が多く、消費者生活センターへ相談すると良いでしょう。
その場合、相手の社名、所在、代表のフルネームを聞き出しておくと良いでしょう。

やってはいけない対策

少数ですが対策方法でやってはいけない方法を紹介しているサイトがいくつかあります。
それが偽の電話番号を登録するというものです。

これを行って仮に実在する別の番号を登録してしまうと何の関係もない人に電話が鳴り続けることになります。
中には嫌がらせ目的でこれを行う人も居ますが様々な人に大変大きな迷惑がかかるので絶対やってはいけません。

メールだけでのやりとり

中にはメールだけのやりとりを希望できる一括査定サイトが存在します。
電話が一切ならないのでこの方法であれば迷惑電話を回避して複数社一括査定を行うことが出来ます。

基本的に申し込み欄に「メールのみでのやり取りを希望」というチェック欄があると思いますのでそちらをチェックしてください。

メールのみでのデメリット

メールだけでのやり取りの場合、デメリットも存在します。

一番のデメリットは時間がかかってしまうということです。
当然では有りますがメールでのやり取りの場合は「送信してから返信を待つ」をお互い繰り返しとなってしまい、非常に時間がかかります。

また電話がならないとしてもメールは大量にやってきます。
普段から使用しているアドレスで登録すると受信箱が勧誘メールでビッシリと埋まってしまうことも当然あります。

また、メールだけのやり取りを希望しているのになぜか電話がかかってくる所も残念ながらあるようです。

極力個人情報を渡さない方法

できればやはり個人情報は少しでも渡したくないところです。

まだサービスが始まったばかりでは有りますがこちらから契約をすすめたいと決めたところとだけ個人情報を渡せるオファーズというところがあります。

オファーズではかつてはメールアドレスのみでの利用が可能でしたが現在は郵便番号や電話番号が必要となってしまっています。
しかし、その情報が受け渡されるのは貰った査定額を見て納得がいき契約を進める業社を選んでから送られるので迷惑電話を受けること無く利用ができます。

ただし、オファーズにもデメリットは有ります。

ひとつがこちらから業社を選べないという点です。
オファーズは名前の通りこちらが入力した車の情報を見て、その車を買いたい業社側から連絡を待つ形となります。
車によっては1件もオファーがない事もあり得ます。

また、大手企業の参加が少ないのもデメリットのひとつです。
これにより他の一括査定よりも査定額が少し低くなりがちになっているようです。

この辺りはオファーズがまだはじまったばかりのサービスだと考えればこの先解消されるかもしれません。

最終的には個人情報が必要

オファーズも最終的には契約を決めた業社とやりとりするのに個人情報が必要となります。
逆に言えば個人情報なしで車を売却することは出来ないということです。

理由としては買い取り側から見れば個人が誰かもわからない、ひょっとすれば盗難車の可能性もある。そんな車を買い取るリスクを犯してませ買い取りたくないという点です。

大体の相場を知りたいだけなら方法はある

個人成功を使わずに自分の車のおおよその相場を調べる方法はあります。

例えばみんカラという車専用のSNSサイトでは口コミで集められた査定額を車種や年式別などで見ることが出来ます。
ここから大体の相場を出すことも可能でしょう。

その他中古車販売のサイトで販売価格から買取相場を推測するという方法もあります。
こちらはみんカラと組み合わせて使うと良いでしょう。

欲しい車の非公開価格情報を知る方法


「欲しい車があるけど、探すのに 時間がかかる」

こういう悩みをお持ちのあなたへ ズバッと車販売なら希望にあった 車を非公開車両60万台以上の中から紹介(利用は無料)

まだ店頭に出回っていない状態のいい価格の安い非公開情報を誰よりも早くゲットできます!

たったの60秒程度の入力で非公開価格情報を知れます

いい車で価格の安いものはすぐに 売れてしまいます。

希望の車は最短1日で見つかります。↓



  • このエントリーをはてなブックマークに追加