SUV

アウトランダーPHEVは値引きでどこまで安くできる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミニマルキャンピングカー、アウトランダーPHEV。
購入に際して使えるネタをつかみ取り!

・アウトランダーPHEVの値引き状況

アウトランダーPHEV
まずは値引き状況のチェックから。

車両本体からの値引き ・・・0~20万円
オプションからの値引き・・・0~40万円

合計値引き額     ・・・0~40万円

車両価格が400万円オーバーのクルマで
本体値引きがゼロなんてありえない?
その秘密は、そう、補助金です。
詳しくは後述しますが、
合計値引き額が同じならばオプションから引いてもらった方がお得。
営業マンのアドバイス通り、
あらゆるサポートをフル活用するユーザーが多いようですね。

ちなみにPHEVでないアウトランダーの値引き状況は・・・

車両本体からの値引き ・・・10~35万円
オプションからの値引き・・・0~20万円

合計値引き額     ・・・20~50万円

車両価格は270~310万円。
値引き率はなかなかどうしての好成績。
オーナーはおしなべて「不当な評価を受けている」と不満そう。
プラグインハイブリッド車ばかりに世の中の目は向きますが、
モーターを積んでいないベース車両の完成度が高いからこそ
PHEVの価値も見出せるというわけなのですね。

・アウトランダーの補助金

リーフやCX-5、あるいはMIRAI。
EV自動車、PHV自動車、クリーンディーゼル自動車、などの新車購入時に
補助金が下りる制度はすべて「次世代自動車振興センター」が担っていて
これらを総称して「CEV補助金」と言います。

平成23年頃に大騒ぎになったエコカー補助金もこの団体が行っていた業務ですが、
ご存知の通り現在では終了して
いくら燃費が良くともノーマルガソリン車やハイブリッド車では
補助を受けることはできなくなりました(エコカー減税は続いています)。

CEVのフルスペルは「Clean Energy Vehicle」。
レギュラーガソリンだけで走るクルマは対象外ということですね。

アウトランダーPHEVはその名の通り
プラグインハイブリッド自動車なので、
新車で購入するとこの補助金がもらえます。

その額は29万円から35万円。

ついでに触れておくと
プリウスPHVの補助金が20~30万円、
車両価格は290~410万円です。

そしてこれらの補助金は
値引きで車両価格を下げると出なくなる、ということも周知の事実。
そこで値引き交渉は、車両価格からの値引きではなく
オプションを少し付けてオプション値引きを大幅にしてもらうと言う事で、
補助金も受けられ値引きがアップ欲しいオプションもゲットということになるわけです。

・見逃せない!キャンペーン

自動車メーカーやディーラーでは随時キャンペーンが行われていますが、
アウトランダーに関わるその中のいくつかをご紹介します。

「アウトランダーPHEV 12万円オプションプレゼント」

いくら分のオプションをプレゼント、という話はよく聞きますが
対象車種が自分の検討車だけとなるとちょっと嬉しいですよね。
これはメーカー統一のキャンペーンなので、どの店舗で買ってもついてきます。
ただし内容は選べるわけではなく、

①エンジンフードエンブレム
②フロントグリル
③シャークフィンアンテナ
④テールゲートスポイラー

⑤バンパーイルミネーション
⑥メッキドアミラーカバー
⑦スカッフプレート
と決まっています。
主にエクステリアのオプションですが、
自腹でつけると12万円と言われれば、やっぱり欲しいものが多いですね。
実施は2015年4月1日から、終了時期は未定です。
「ミツビシ乗りかえサポート」

下取り車を出すことを条件として、
5万円のクーポンをもらえるというキャンペーン。
これはディーラーごとに対象車種や金額が異なっているので
販売店で確認が必要です。
アウトランダーのノーマル車はOKでも
PHEVはなぜかダメ、という店舗もあります。

「充電設備設置費用支援キャンペーン」

自宅に充電設備の設置が必要だから・・・という理由で
PHVやEVの購入を渋る人も多いはず。
知らないことをやろうとするのは
それだけで敷居が高く見える気がするんですが
その初期費用をサポートしてくれると言われれば
ちょっと背中を押されてみようかという気にもなるもの。
こちらもディーラーごとのキャンペーンですので
まずは最寄りの店舗のホームページをチェックしてみてくださいね。

「給電機能プレゼント」

プラグインハイブリッドが充電できないわけがないじゃん、とお怒りのそこのあなた。
ちょっと読み間違えていませんか?
〝給〟電です。
アウトランダーPHEVはご存知のとおり
外出先で発電・給電ができるスーパーキャンピングカーですが、
実はこの100VのAC電源はメーカーオプションなのですね。
その額は税込86,400円と、これまた無視できない価格。
アウトランダーPHEVをもっともアウトランダーPHEVらしくする
このオプション=車内2箇所のコンセントをプレゼントしてくれるとは、
なんとも気前のいい話ではありませんか。
やはり全ディーラーでの実施ではないので、要確認ですが。

まだ絶対数の少ないプラグインハイブリッド車において、
単に燃費だけを追求せず
PHVならではの付加価値を与えられ「PHEV」と名乗るアウトランダー。
その動力源さながら、購入時に使えるソースもひとつではありません。
ぜひ多方面から多角的に攻めて、
ウハウハのカーライフをスタートさせてくださいね。

欲しい車の非公開価格情報を知る方法


「欲しい車があるけど、探すのに 時間がかかる」

こういう悩みをお持ちのあなたへ ズバッと車販売なら希望にあった 車を非公開車両60万台以上の中から紹介(利用は無料)

まだ店頭に出回っていない状態のいい価格の安い非公開情報を誰よりも早くゲットできます!

たったの60秒程度の入力で非公開価格情報を知れます

いい車で価格の安いものはすぐに 売れてしまいます。

希望の車は最短1日で見つかります。↓



  • このエントリーをはてなブックマークに追加