査定前に知っておきたいコラム

車の買取りが決まった後に売るのをキャンセルってできる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長く乗り慣れた車もそろそろ買い替え。そうなれば必然的に、特に残す理由でもなければ中古車販売店への売却が一般的な手段でしょう。
そして国内には様々な、有名なテレビCMを流している大企業から名前くらいなら効いた小おtが有る中堅企業まで多岐にわたる企業が中古車買取りを行っています。

それぞれの会社は特徴があり、自社だけで買取から販売まで完結している所や買い取った車をオークションですぐに処分してしまう所、得意な車種がはっきりしている所、査定額はそれほどではないがアフターサービスや様々な融通がききやすい所など様々です。

契約

しかし、それだけ中古車買取業者が多いとやはり同じ系列でも経営方法にムラが発生しやすく、中には大きなトラブルに巻き込まれてしまうケースも有ります。

車売却契約の後のトラブル、例えば一番多い二重査定を受けてしまった場合出来れば契約を解除して他の店舗で再度査定を受けに行きたいところですが果たしてすんなりと、一度契約した話を解約にすることが可能でしょうか?

円滑に車の売却をするためにも予備知識としてこういったケースが有るということを覚えておくと良いでは居でしょうか。

契約解除が必要となるよくあるケース

契約キャンセル

上記でも触れましたが中古車売却時のトラブルで一番多いのが二重査定です。

複数同時に査定を受けられるサイトを利用して一番高い査定額を付けた業者に売却を決めたら後でまた査定で見つからなかった故障部分が見つかったと言われ査定額が下がるといったトラブルがそれにあたります。

他にも査定に納得がいかなかったので他店に変えようと思い契約を断ったらキャンセル料金を迫られryというようなケースもあります。

また車を引き渡したあとなんらかの理由でキャンセルしたい場合などです。

キャンセル料金は払わなければいけないのか?

基本的に査定は無料で受けられるのが一般的なのですが査定額に満足が行かず売るのを断ろうと思い連絡を入れたらキャンセル料を請求されるというケースがまれにあります。

こういった場合、売却の契約書にサインをする前であればキャンセル料を払わなくても問題はありません。

逆に言えば契約書にサインしてしまったあとの場合、契約違反となってしまうためキャンセル料の支払いが必要になってしまいます。

その他契約した後に新しい車へパーツを付け替えたくなった等でパーツを取り外したりした場合も契約違反となりますので注意してください。

二重査定を受けてのキャンセル

二重査定を受けて査定額が減額すると聞かされては誰もが契約をキャンセルしたいところです。
しかし上記の話に当てはめれば契約後のキャンセルとなるので違約金が必要になりそうです。

この場合、その再査定の内容に思い当たらなければ減額及びキャンセル料金の支払いに応じる必要はありません。
(自分の前オーナーが事故やキズをを隠していた場合など)

もしもですが、車を売る人が事故やキズを隠していた場合は応じなければいけません。

指摘された事故歴や修復跡に思い当たりが一切ないのにいくら支払いを拒否してもしつこく食い下がられた場合、国民生活センターへ相談へ行くと良いでしょう。

売却契約後に何らかの理由でキャンセルしたい場合

上記のようなトラブルではなく持ち主の都合で車の売却をキャンセルしたい場合もあると思います。
この場合、重要となるのはキャンセルのタイミングとなります。

車を売却した後、業者がオークションに流した後、もしくはすでに次のオーナーが決定した後などは当然ですがキャンセルは不可です。

しかし売却した店舗の実害が発生しない状況であればまだキャンセルすることができます。
車の売却契約が終わったとしてもその車を移動させたりする前に手続きが色々有るためすぐには移動もされません。
先に契約が済んでいる車から処理が進められていくのでしばらくはその場に保管されている事になります。

この段階でのキャンセルならば買取店舗側に実害は発生しないため、持ち主のキャンセル申請に業者は応じなければいけなくなります。

キャンセル可能な期間の確認を

契約後のキャンセルを行うとしてもキャンセル可能な期間は各業者ごとに違いが有ります。
必ず契約時にいつまでであればキャンセルは可能かを確認しておいてください。

大体の業者は買取後、そのまま保管していては管理するだけでも余計な経費がかかるためオークションへ車を流してしまいます。
思ったよりはキャンセル可能な帰還は短いと考えておいたほうが良いでしょう。

できるだけキャンセルがないように

単純にキャンセルという行為はそれだけ時間が大きくかかるため、次の売却先を探すあなたの手間が増えていきます。
査定を受けて高い金額だからとすぐに契約してしまうと見落としていた項目が後々出てきてしまうためできるだけ慎重に行いたいところです。

特に査定段階で時間を全然かけずにすんなりと終わってしまった場合は注意が必要です。
業者によっては再度査定を行って査定額を下げることを前提で最初の査定額を高く設定する悪意のある店舗も極稀では有りますが存在します。

査定額が高いからとすぐに契約してしまうと後々トラブルが起きやすく、キャンセルの手間が発生してしまうので業者選びは金額だけで見ないようにしましょう。

欲しい車の非公開価格情報を知る方法


「欲しい車があるけど、探すのに 時間がかかる」

こういう悩みをお持ちのあなたへ ズバッと車販売なら希望にあった 車を非公開車両60万台以上の中から紹介(利用は無料)

まだ店頭に出回っていない状態のいい価格の安い非公開情報を誰よりも早くゲットできます!

たったの60秒程度の入力で非公開価格情報を知れます

いい車で価格の安いものはすぐに 売れてしまいます。

希望の車は最短1日で見つかります。↓