コンパクトミニバン

シエンタは口コミでも好評価なコンパクトミニバン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はコンパクトミニバン市場で
フリードとガチンコ対決の火花を散らしている、
シエンタの口コミ特集です!

シエンタ

・知られざるシエンタの歴史

まずはシエンタの基本データをまとめてみましょう。

メーカー :トヨタ
発表・発売 :2003年8月
販売終了 :2010年11月
再発売 :2011年6月

また、エンブレムは車種専用のもので
旧型(2010年まで)と現行型の2タイプ存在する。

以下は現行モデルについて。

価格帯 :160~190万円
燃費 :17.2km/L
グレード :X、X Lパッケージ、G、DICE、DICE-G の5種

注目すべきはもちろん、一度販売終了している車種であるという点。
しかもその数ヶ月後に生産と販売を再開し、
最新の改良は2013年9月と、
その後は現在に至るまで順調な売れ行きを見せています。

再販時もあくまで「マイナーチェンジ」としていて
名前もデザインの大きな変更もありませんでした。
販売を終了したのは人気が衰えたからと推察されますが、
そのクルマの底力をトヨタ自身が見極められなかった・・・ということでしょうか。

いずれにせよ、クルマとしての品質が高いからこそ
ユーザーからの需要が消えることなく、
このような異色の経歴を持つことになったと言えます。

・シエンタの口コミ

ここから、本題のユーザーによるシエンタの口コミを見てましょう。

「運転しやすい」

・・・この声は多いです。ハンドリングの操作感は軽く、
まさに女性向けのクルマに仕上がっているようです。

「ラゲッジルームが広い」

・・・サードシートの格納が、横跳ね上げではなく前方にたたむ方式なので
容積が大きく、積載量には事欠きません。
リアゲートの開口部が大きいのもポイントですね。

「燃費がいい」

・・・ガソリン車対決なら、わずかながらフリードをリードします。
ハイブリッドモデルの展開がないのは残念なところかも。

「いざという時7人乗れる」

・・・「普段は5人乗り、短距離の移動や急な事情でプラス2人」
という使い方がシエンタユーザーのオーソドックスのようです。
また、「サードシートはおまけ」という声と
「あって助かる」という声が混在しているので、
期待しすぎなければありがたい装備、と言えるでしょう。

「必要十分なサイズ」

・・・同社のLサイズミニバン、エスティマから乗り換えたという方も
ほぼ満足して乗っているとのこと。
安定感に多少不満があるようですが、車重が起因しているのかも。

「外観がかわいい」

・・・女性や、愛妻家の旦那さんなどはデザインもお気に入りのポイント。
ボーイッシュな「DICE」登場後も、
丸っこく愛嬌のあるノーマルタイプのシエンタも以前人気。

「静粛性がいい」

・・・そこそこパワーもあるのに、車内は静か。
小さな子供を持つママさんには、安心のクオリティですね。

「スライドドアが便利」

・・・G、DICE、DICE-Gには電動のオプションもある、両側スライドドア。
コンパクトサイズにきっちり収めながら、
ミニバンの必須項目であるスライドドアを搭載したのは
やはりユーザビリティを追求した証拠です。

「道具と思って使い倒せる」

・・・クルマの仕事は〝走る、曲がる、止まる〟こと。
そして、〝乗せる、積む、運ぶ〟ことです。
走りをストイックに磨くスポーツカーもあれば、
日常の生活をサポートしてくれるファミリーカーもあり
それはどちらがいいという問題ではありません。
シエンタは明らかに後者として、
乗る人、使う人の目線に立ってつくられたクルマなのです。

・シエンタの中古車価格

良い車を安く手に入れたいというのは誰もが思うもの、
シエンタの中古車価格も調べました。

相場としては安くて89万円、高くて156万円といったところ。
人気車種なだけであって、中古車にしては高いと思っている
ユーザーは多いようです。あまりに安い価格ではさすがに
心配になりますが、中古車での購入を考えている方は年式や
走行距離と比較し、拘りたい部分妥協できる部分などを吟味
するといいでしょう。

「中古車ってすぐ故障するんじゃないの?」と思う方もいらっしゃると思います。
しかし、技術の進歩もあって故障することも少ないようです。
万が一故障しても修理費もあまりかからず修理できるのがほとんどなようなので、
中古車を整備しつつ乗ることで安く済ませるすることができますね。
新車じゃなくてもいいから良い車に乗りたい!という方は活用してみてください。

・シエンタの特別仕様車

またシエンタは2004年と2007年に特別仕様車「X”Limited”」を発売。
2012年に特別仕様車「DICE”Limited”」を発売 。
知らない方のために説明しますと、特別仕様車とは、オプションやカラーなどを
追加、充実させ更に魅力的にしたモデルです。期間限定販売や数量限定で
販売されるなど限定的な売り出し方がされています。
名前だけ紹介しても物足りないものがあるので「X”Limited”」と「DICE”Limited”」が
どんなものか軽く紹介します。

「X”Limited”」はXグレードをベースにしたモデルで、助手席側に
挟み込み防止機能・リモコン付きのパワースライドドアを特別装備、
また上級グレードで搭載しているオプティトロンメーターを装備。
内装もカラーをグレーに、シートとトリム表皮にはダークグレーを設定しています。

「DICE”Limited”」はDICEをベースにしたモデルで、助手席側に
パワースライドドアを特別装備。外気温度を表示できる機能も付いた
オートエアコンや運転席と助手席にアームレストを採用して、
快適装備も充実させています。

新車での購入は難しくても中古車でなら購入できるかもしれませんから、
中古車で購入予定があって気になる方は探してみてもいいかもしれませんね。

・シエンタ総合評価

口コミをもとに、項目別に評価しました!

操作性 ・・・☆☆☆☆☆
パワー ・・・☆☆☆
使い勝手・・・☆☆☆☆☆
小回り ・・・☆☆☆☆☆
乗り心地・・・☆☆☆☆
デザイン・・・☆☆☆☆
燃費  ・・・☆☆☆☆
価格  ・・・☆☆☆☆

珍しいのは、「不満な点」を少なからず挙げながらも
「買ってよかった」
「いいクルマ」
「自分には最高」
と、総合評価で5つ星をつけている人が多いことです。

長く乗って愛着が沸いたとか、
せっかく買ったのだから好きにならないと損とか、
そういった理由ではありません。
そこにあるのは
「ちょっとなんだかなと思うこともあるけど、本当にいい」
と使ってみての実感です。

街でよく見かける、カッコがいい、
他の人が良いと言っている云々・・・というような

他人の言葉ではなく、
確かに自分で感じたものを大事にする人
選んで、使って、好きになるクルマ。

それこそが販売終了しすぐに生産再開という
異例の事態を引き起こした、
噛むほどに味が出るスルメのような
シエンタの良さなのかもしれません。

もしさきほどの評価項目に
「使い心地」というものを設定するならば、
きっとユーザーは、シエンタに星を7つあげたいと口を揃えることでしょう。

欲しい車の非公開価格情報を知る方法


「欲しい車があるけど、探すのに 時間がかかる」

こういう悩みをお持ちのあなたへ ズバッと車販売なら希望にあった 車を非公開車両60万台以上の中から紹介(利用は無料)

まだ店頭に出回っていない状態のいい価格の安い非公開情報を誰よりも早くゲットできます!

たったの60秒程度の入力で非公開価格情報を知れます

いい車で価格の安いものはすぐに 売れてしまいます。

希望の車は最短1日で見つかります。↓



  • このエントリーをはてなブックマークに追加