SUV

スバルXVを総合評価してみた結果は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

〝クロスオーバー〟というジャンルの名をそのまま纏った、スバルXV。
今回はこのクルマを徹底調査!

・基本情報

スバルXV
XVの基本データはこちら。

メーカー :富士重工業(スバル)
販売店 :スバル、スバルショップ、スバルディーラー全店
発表 :2012年9月
略歴 :前身はヨーロッパ市場を意識して開発された

「インプレッサXV」。
2010年6月に日本にも導入され、
さらに中国、ロシア、オセアニア地域でも仕様を変えて販売。
2011年10月に生産終了、
その11ヶ月後に現在の「スバルXV」として
フルモデルチェンジ&発売した。
2013年6月にはハイブリッドモデルも登場。

価格帯 :230~260万円(ノーマル)
260~290万円(ハイブリッド)
燃費 :16.2km/L(ノーマル)

20.0km/L(ハイブリッド)
名前の由来 :XUV(Cross Utility Vehicle)から想起しやすい短縮形。
はじまりは「インプレッサのクロスオーバーモデル」に対する需要の見込み。
インプレッサのスタイリングと走破性は、
デザインと走りにうるさいヨーロッパでも
熱狂的なファンを獲得しているほどです。
そこへきて、既存車の派生モデルへの注目が集まる風潮が高まれば
供給せんとするは商売をする者として当然のことですね。

「スバルXV」として生まれ変わると、
スバル唯一のハイブリッドモデルも開発。
詳しくは後述しますが、
高い性能と低い価格を両立させています。

ちなみに、
XUV=CUV=クロスオーバーSUV
であり、さまざまな略記がある中で
スバル公式サイトには上記の文章が掲載されています。

・XVのセールスポイント

スバルがアピールする、XVの魅力とは何か?
簡単にまとめてみました。

XVの魅力1:BOXER&AWD

〝BOXER〟とは、スバルの水平対向エンジンの総称。
低重心と少振動を誇るこのエンジンは、もちろんXVにも搭載されています。
やはりシンメトリカルAWD(All Wheel Drive)も採用。
これだけなら「当然のこと」ではあるのですが、
問題はハイブリッドモデル。
通常より大きなバッテリーと、モーターを積むとなると
このスバル車の大きな魅力はどうなるのか?

・・・案ずるなかれ、
ちゃーんとハイブリッドモデルにも
「BOXER」と「シンメトリカルAWD」は健在
です。
さすが!と喝采したくなるのは、
バッテリーとモーターさえも「シンメトリカル(左右対称)」に配置したこと。
特にモーターはトランスミッションケースに内蔵することで、
重心を高くすることもなく、XV HYBRIDのボディに収まっています。
低燃費を目指したからと言って、
スバル車の走りを犠牲にしたわけではありません。
XVの魅力2:HYBRIDの本格ハイブリッドシステム

ハイブリッドと一口に言っても、
モーターが「脇役に留まる」か「主役を張る」かで
その内容は千差万別・・・という話は過去にもありました。
ではスバル唯一のハイブリッド車、XVのシステムはどうかというと、
意外にも(?)後者に近い形態。
状況に応じてエンジンが完全にストップする分離型を実現しています。
一般的に言えば、
モーターが常に稼働して要所要所でモーターがアシストする一体型よりも
負荷の大きなシーンではモーターのみでタイヤを回す分離型の方が
燃費性能が高く、ハイブリッドシステムとしては優れています。
ただ、それだけ価格は高め。
スズキがワゴンRに積む「S-エネチャージ」は一体型ですが、
総排気量、重量、価格、費用対効果の面で
軽自動車には分離型よりも一体型の方がベターだということが言えますので
一体型がダメだというわけでは、もちろんありません。

さらにXV HYBRIDは、分離型ハイブリッドとしては安めの価格。
ノーマル車との差額30万円は、
アルファードでのノーマル車とハイブリッド車(XとX Hybrid)の
100万円近い差額を知っている人からすれば驚きの設定なのです。

・XVのユーザーズボイス

ここからは、オーナー達の声を聞いてみましょう。

「エクステリア」
☆いいと思う。無骨な感じ。純正ホイールのデザインもナイス!
☆実物は迫力と存在感があり、1年経っても相変わらず
「うちのクルマめちゃくちゃ格好いい」と思う。

「インテリア」
☆高級な感じもしないが、安っぽくはない

*クルマのキャラクター的に、内装は明るい色がよかった
「操作性」
☆インパネが使いやすく、機能的。

「エンジン」
☆吹け上がりはとても軽い
iモードでもかなり俊敏、Sモードでパンチの効いた走りをする。

「走行性能」
☆ハンドリングは意外とクイックで、キビキビ走る
☆追従機能付きクルーズコントロール(アイサイトの機能の一部)は最高
☆FR感覚でくるっと回って、直進性もバッチリ。まさに大地を掴んで駆け抜けるAWD。

「乗り心地」
静か。100km/hでもまったくスムーズ。
☆硬めが好きなので気にならない。
☆フラットに近い。充分快適。

*リアシートのリクライニングとエアコン吹き出し口が欲しかった

「燃費」
☆市街地10km/L、高速15km/Lくらい(ノーマル)
意外と低燃費。通勤で13km/L(ノーマル)

・都市部一般道12km/L、高速18km/L(ハイブリッド)
「価格」
☆適正。さらにラグジュアリー志向のアッパーグレードがあればよかった。
実質的内容が高く、お買い得。
☆ノーマルかハイブリッドで迷っていればハイブリッドがおすすめ。

「総評/感想」
燃費だけに特化した他社のハイブリッドや、
デザインだけの外車には興味がなくなった。
走り、曲がり、止まり、しかも安全。スバルの良さが分かった。
☆なんとなく野暮ったい内装も可愛く思えてくる。
☆欠点が少なく、バランスの取れた非常にいいクルマ

名前もコンセプトも派手ではないものの、
全方位的に完成度が高く、買って損をしない一台のようです!
「なんとなく気になっていたけど、注目してなかった」
という人も多いはず。
スバルXV、ぜひ一度見に行ってみては?

欲しい車の非公開価格情報を知る方法


「欲しい車があるけど、探すのに 時間がかかる」

こういう悩みをお持ちのあなたへ ズバッと車販売なら希望にあった 車を非公開車両60万台以上の中から紹介(利用は無料)

まだ店頭に出回っていない状態のいい価格の安い非公開情報を誰よりも早くゲットできます!

たったの60秒程度の入力で非公開価格情報を知れます

いい車で価格の安いものはすぐに 売れてしまいます。

希望の車は最短1日で見つかります。↓



  • このエントリーをはてなブックマークに追加