コンパクトカー

スイフトの値引きの最高額をチェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本や世界のあらゆるコーナーを
スムースに抜けているスイフト。
今回はそんな走り屋コンパクトの値引き額をチェック!

・スイフトの値引き実例

スズキ スイフト

 

車両本体からの値引き ・・・0~30万円
オプションからの値引き・・・0~30万円

合計値引き額     ・・・0~35万円

別の資料でも値引きがゆるいという情報があり、
本体価格で20~25万円の値引きは引き出せるようです。

競合させるべきはフィット。
また、走行性能を重視するならデミオも効果的。
デミオと比較されること自体スイフトには名誉なはずで、

スズキとしてはマツダに価格競争で負けるわけにはいかず
大胆な値引きを打ち出してくる可能性もあります。

・スイフトのグレードの選び方

スイフトを買うとなれば、
そのグレード選びにはなかなか頭を悩ませるでしょう。
まず何と言っても選択肢が多い。

なにせ
スイフト・スイフトRS・スイフトスタイル・スイフトスポーツ

・・・と、「スイフト」という名のクルマがまず4種類。
しかもそれぞれに駆動輪、トランスミッション、グレードがあるので
なんと27種類ものスイフトの中から、
1台を選ばなければならないのです。
どこかの通信講座かと。

さすがにすべてを一覧して比較は難しいので、
まずは4種類のラインナップから選びましょう。

それぞれに特徴を表しました。

「スイフト」

・・・スイフトシリーズのスタンダードモデル。
価格帯は広く、130万円から180万円まで。
もともとの性能も高いので、
「走るために買う」というほどの熱意でなければ
この中から選ぶのが無難。
「スイフトRS」

・・・このスイフトはエアログレード。
チューニングも欧州仕様を謳っていて、
ちょっとカッコよくて、
ちょっと走れるというチャラめなバランス。
「スイフトスタイル」

・・・内外装を特別にしつらえたオシャレグレード。
ルーフツートン、モダンなインテリア、純正アルミホイール。
中から外から、所有欲を満たしてくれるオリジナルな佇まいです。
「スイフトスポーツ」

・・・走行性能トップのスイフト。
インテリアはスタイルとは違った趣向で、機能美という趣。
走らせる愉しさを味わいたい人は迷わずこれ。
決まりましたか?
次に選ぶのは、エンジンです。
スイフトには2つのエンジンが用意されています。
2択なので、これは簡単ですね。

ノーマルエンジンか、
デュアルジェットエンジンか。

デュアルジェットエンジンは
価格は10万円ほど上がりますが、
効率と出力に優れたスズキ自慢の逸品です。
が、スイフトスポーツには
DJE(デュアルジェットエンジン)より
高出力のノーマルエンジンを積んでいます。

そして駆動輪とトランスミッションですが、

これは好みですね。

仮にスイフトを走らせたいから買うとして、
どこを走らせるのかが大体想像できるなら、これも決まります。
平坦なワインディングロードならFF(2WD)、
アップダウンの激しい山道なら4WD。

トランスミッションは
マニュアル、CVTとありますが
スイフトスタイルはすべてCVTですし、
全シリーズ通して4WDのマニュアルミッションは無いなど、
選べないケースもあります。

さきほど、最初にシリーズを選びましたが
逆から考えて選択肢を減らすこともできます。

例えばマニュアルミッションを選んで
走りの愉しさを全身で味わいたいなら、
スイフトスポーツ・6MT
スイフトRS・ノーマルエンジン・2WD・5MT
スイフト・XG/XL・ノーマルエンジン・2WD・5MT
の4択まで絞れる、といった具合。

スイフトの場合、
おそらく走るためだけに使うことはないと思います。

普段は通勤や送迎のために街で乗り、
たまの休日に山でスポーティなドライブを楽しむ。

そういう使い方であれば、

「CVT×4WD×DJE」の掛け算で、

スイフト・XS/XL/XG-DJE・4WD
スイフトRS-DJE・4WD
スイフトスタイル-DJE・4WD

の5択になります。

価格帯は160~180万円。

またシリーズの特徴を踏まえて、
「エアロ」か「内装」か「オーソドックス」かを選べば、
ようやく1/27のスイフトコンペティションの終了です。

・クルマへの愛情とグレード選び

ともすると数字や文字との戦いになってしまう
クルマのグレード選びは、
自分とクルマの過ごし方を
できるだけ具体的にイメージすることが重要。

プラス20万円のグレードに
30万円分のオプションがついているからといって、
自分がそれを必要としないなら意味はありませんもんね。

そのクルマを選んだ理由、
いつ使うのか、
何を積むのか、
誰を乗せるのか、
どこを走るのか、
そして、どのように付き合っていくのか。

5W1Hで考えたら、
選択肢が27通りあったとしても
自分が最も望んでいるそのクルマの姿が見えてきます。

たまには面倒くさがらず、
未来の愛車の着せ替えを楽しんでみてくださいね。

ちなみに、さきほどのスイフトは
やっぱりスタイルかなぁ、と筆者は妄想しました。

欲しい車の非公開価格情報を知る方法


「欲しい車があるけど、探すのに 時間がかかる」

こういう悩みをお持ちのあなたへ ズバッと車販売なら希望にあった 車を非公開車両60万台以上の中から紹介(利用は無料)

まだ店頭に出回っていない状態のいい価格の安い非公開情報を誰よりも早くゲットできます!

たったの60秒程度の入力で非公開価格情報を知れます

いい車で価格の安いものはすぐに 売れてしまいます。

希望の車は最短1日で見つかります。↓



  • このエントリーをはてなブックマークに追加