査定前に知っておきたいコラム

査定時の修復歴の発覚とそれに関するトラブルを紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車の売却時に査定を受ける場合、何事も無くスムーズに事が進めば一番良いのですが残念ながら査定のトラブルというものは意外と報告例が多いのが現状です。

中でも車の修復歴に関するトラブルは最も多く、契約後に査定額を引き下げられるといった事例も数多く聞かれます。
しかもこの修復歴というものは中々ややこしく、知識を持っていなければトラブル発生時の対応ができなくなりがちになります。

車の査定

そして問題となるのが修復歴の発覚した場合、それが一体誰に責任があるのか、ということです。

今回はそんな査定のトラブル、修復歴の発覚について詳しく見ていきましょう。

査定時の修復歴の発覚による減額

修復歴に関する査定ダウンの例としては2つのパターンが有ります。

ひとつは前のオーナーが事故を隠して売却(あるいは買取店が隠して売却)したものが現在のオーナーの手に渡った場合です。

車の査定

この場合、現在のオーナーにはもちろん責任はありません。
査定額は大幅に下がってしまうでしょうがこの下がってしまった差額分は車を売った販売店の責任となるためそちらへ補償を請求が可能になります。

この場合自動車査定協会にて事故減価額証明を発行してもらえますので相談しましょう。

もうひとつが現在のオーナーが事故を隠した(修復歴を隠す)まま売却を行った場合です。

車の売却時には事故の告知義務があるためこれを隠して売却し、後々修復歴が発覚した場合は大きな責任を伴います。
上記でも書きましたがその責任は売却後の次のオーナー時での発覚でも責任は降りかかってきますので必ず事故を起こしている場合は報告をしましょう。

当然こちらも査定時には大幅な減額が有りますが、売却契約後の発覚の場合、それが原因で重大事故が置きたりしていると大きな倍賞を背負うことにもなります。

修復歴とは

車における修復歴とは、何らかの事故や大きな災害で車のメインフレーム(骨格)部分に大きなダメージを負ってしまい修理を行うか交換を行ったことを指します。

車の重要箇所ですのでこの部分が損傷している場合、査定金額には大きな影響を及ぼす部位となっています。

修復歴車の定義は日本自動車査定協会などが統一された規格として定義されたもので以下のものとなります。

フレーム(サイドメンバー)・ルーフパネル・ピラー・クロスメンバー・フロア・ダッシュパネル・トランクフロア・ラジエータコアサポート・インサイドパネル

この9部品が修理、交換された場合が修復歴の基準となります。

ちなみに査定士さんはこういった部分までの大きな損傷の有る車を「事故車」とは呼ばず「修復歴車」と呼ばれます。
また、こういった修復歴のある車が査定で下落することを評価落ち(格落ち)と呼びます。

また、修復歴による減額には外板価値減点と呼ばれる連続するネジ止めされた外板の交換や溶接止め外板の交換を行った場合の減額の項目も存在します。

二重査定

一度査定を行い、契約をしたあとに査定時には見つからなかった修復歴が発覚し、再度査定が行われ査定額が大幅に減額されてしまうことを二重査定と呼びます。

悪質な場合、一度目の査定額を他社とは大幅に高く金額を付けておきながら見つけられなかった修復歴を報告し最終的に酷い減額をして来た上にそれに納得がいかなかった場合、キャンセルしようとしても高額なキャンセル料を請求してくるといった事例もあります。

こういった自体を未然に防ぐには中古車販売の健全化を目的とした団体であるJADRI加盟店で査定を申し込むと良いでしょう。
この加盟店では二重査定を禁じているのでトラブルを未然に防ぐことが可能になります。

軽い事故の場合

ここまで修復歴について説明してきました。
こういった部分が損傷を受け交換や修理が必要になる場合は事故の規模がかなり大きいことが予想されます。
それでは軽微な事故でこういったメインの骨格に影響がなかった事故の場合はといえばそれは修復歴の有る車とはみなされません。

例えば車庫から車を出すのに壁にぶつけてしまいドアがへこんだので交換した、といった場合や、車を壁にこすってしまい板金修理をしたといった場合などです。
フロントガラスが割れた場合の交換などもよく聞かれる話ですがこういった場合もやはり修復歴にはなりません。

悪質な業社の場合、修復歴の定義外であるのに修復歴のある車だと騙して査定額を下げようとする所もありますので知識として覚えておくと良いでしょう。

修復歴がついてしまう箇所以外であればしっかり修理されていれば査定額が下がることはありませんのでちゃんと修理をしておくと良いでしょう。

査定0円

大きな事故を起こしてしまった場合、修復歴により当然大きな減額があり、程度や場合によっては査定額が0円となってしまうことがあります。
廃車となれば逆に手数料が発生してしまう可能性だって有ります。

しかし世の中には廃車専門で買い取りを行う廃車買取専門店が存在します。

なぜそんな状態の車でも価値が付くのかといえば事故を起こした車でも使える部品があれば取り外して流用することが出来る場合や、鉄製品はリサイクル可能なためバラして鉄くず業社へと流通させることで利益が生まれるからです。

気をつけたいのが一般の中古車買取業者ではやはり査定額が付かない事が多いのでちゃんと廃車専門の業社を探すことが重要となります。

欲しい車の非公開価格情報を知る方法


「欲しい車があるけど、探すのに 時間がかかる」

こういう悩みをお持ちのあなたへ ズバッと車販売なら希望にあった 車を非公開車両60万台以上の中から紹介(利用は無料)

まだ店頭に出回っていない状態のいい価格の安い非公開情報を誰よりも早くゲットできます!

たったの60秒程度の入力で非公開価格情報を知れます

いい車で価格の安いものはすぐに 売れてしまいます。

希望の車は最短1日で見つかります。↓