値引き

タントの値引きの限界額をズバッと紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

軽トールワゴンの先駆者タント。
2013年に新型が登場、ニュータントも相変わらず人気ですが、
現在の値引き状況はどうなっているのでしょう?

・タント値引き情報

タント

車両本体からの値引き ・・・5~10万円
オプションからの値引き・・・0~15万円

合計値引き額     ・・・5~25万円

本体価格160万円台の車両で、なんと25万円の値引きのデータが。
オプションも多くつけたのでしょうが、
これはなかなかのものです。
軽自動車全体の価格が上がっているので、
値引き額も伴って欲しいものですよね。

タントには後を追って開発されたライバルがたくさんいます。
運命のライバル・スズキのスペーシア
Nシリーズを次々投下するホンダのN-BOX
合同で軽カーを開発している日産と三菱には
それぞれデイズルークスとeKスペース

これだけの刺客が現れてなお、
タントはその地位を危ぶまれることなく
激しい販売競争の波を超えています。

ユーザーもダイハツの覚悟を試すつもりで、
目一杯の値引きを引き出すべく
競合車は遠慮せずぶつけていきましょう。
もともと商品力のあるタントですから
どこかで「これ以上は・・・」というセリフも出るでしょう。
しかしそこからが勝負。

店長判断、本社判断を仰ぎます

ダイハツ・タントを買う時は
営業マンを泣かせるくらいのつもりで挑むのです。

・タントのグレード選び

それでは、タントのグレードを選びましょう。
といっても、ライバルも多い上に
タント自体グレードがいくつあるのか分からない・・・
そんな人もいるでしょう。

まずは、タントのグレードを分解してみます。

公式サイトを覗くと
「L」「L”SA”」「X」「X”SA”」「Xターボ」「Xターボ”SA”」「G」「G”SA”」と
8つも並んでいます。
こんなにあるの?と思ってしまいますが、
これらを分解すると

グレードは「L」「X」「G」の3つ

それぞれで”SA”=スマートアシスト仕様が選べて
.2の6種類、
さらにXにはターボモデルもあり、
このスマートアシスト仕様も選択できるから
+2で8種類・・・というわけです。

ここからは、
「L」「X」「G」のそれぞれの特徴をご紹介しましょう。

「タント L」

最廉価グレード。
120万円で、
ミラクルオープンドア
リアスポイラー
電動格納式カラードドアミラー
全面UVカットガラス
UV&IRカットフロントガラス
運転席・助手席バニティミラー
助手席380mmロングスライド
助手席テーブルモード
助手席スライド・リクライニングバックレバー
助手席・後席格納式アシストグリップ
リア左右分割240mmロングスライド
リア左右分割リクライニング
リア左右分割フォールド
リアドア格納式サンシェード
全ドア車速感応式オートパワードアロック
フロントセンターアームレスト
ラゲッジアンダーボックス
衝突安全ボディ
エマージェンシーストップシグナル
キーレスエントリー
などが標準装備されています。

これだけ並ぶと、逆に見づらいかもしれませんね。
ピックアップするなら、

ミラクルオープンドア
全面UVカットガラス
リア分割スライド&リクライニング&フォールド
リアドア格納式サンシェード
全ドア車速感応式オートパワードアロック

・・・に魅力がありますね。
そしてこのベースグレードから、
全10色のボディカラーも選べます。
「タント X」

価格と装備のバランスに優れたパッケージ。
ターボ搭載車がこのXにだけ用意されていることも
その証拠ですね。
ベースグレード「L」にプラス14万円

フロントドアUV&IRカットガラス
シルバーインパネガーニッシュ
チルトステアリング
運転席シートリフター
リアアンダーミラー
プッシュボタンスタート
イモビライザー
運転席・助手席・バックドアリクエストスイッチ
助手席側パワースライドドア
スライドドアイージークローザー
オートエアコン
スーパークリーンエアフィルター
オートライト
フロントスタビライザー

が追加されます。
ちなみに、Xターボは
「X」にプラス8万円
過給器(ターボチャージャー)
メッキフロントグリル
ハロゲンフォグランプ

のセットを付けられる、と考えることができます。

「タント G」

カスタムを除くタントの最上級グレード。
「X」にプラス12万円で、
メッキフロントグリル
ドアミラーターンランプ
運転席側パワースライドドア
アルミホイール

が装備されます。
そのほか、
運転席の格納式アシストグリップ

カーテンシールドエアバッグ
オプション追加できるようになるのですが、
この「G」はちょっと割高感が否めません。

ちなみに、運転席側パワースライドドアは
Xに4万円で追加できるオプション。
Gの標準装備の中で必要なものが
この運転席側パワースライドドアだけであれば、
Xを選んで、つけた方がお得ですね。

そして気になる「スマートアシスト」ですが、
これは各グレードにプラス4万円
低速域衝突回避支援ブレーキ機能
誤発進抑制制御機能
VSC(横滑り防止装置)
TRC(タイヤ空転防止装置)
先行車発進お知らせ機能

が追加されるオプションと考えてOK。
以上、タントのグレード選びサポートでした。
「あ、これちょうどいい!」というものが見つかれば、
この週末にでもダイハツへ行ってみてくださいね。

欲しい車の非公開価格情報を知る方法


「欲しい車があるけど、探すのに 時間がかかる」

こういう悩みをお持ちのあなたへ ズバッと車販売なら希望にあった 車を非公開車両60万台以上の中から紹介(利用は無料)

まだ店頭に出回っていない状態のいい価格の安い非公開情報を誰よりも早くゲットできます!

たったの60秒程度の入力で非公開価格情報を知れます

いい車で価格の安いものはすぐに 売れてしまいます。

希望の車は最短1日で見つかります。↓



  • このエントリーをはてなブックマークに追加