ミニバン

街乗りでもアウトドアでも使いやすいミニバンでおすすめはどれ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あらゆるシーンで家族を運ぶ使命を負ったミニバンは、
日常使いからレジャーまでこなす振幅の大きさが重要です。
街乗りからアウトドアまで、
どこでも使いやすい2台のオススメ車種をご紹介!

デリカD:5

・個性派レジャー仕様なのに、存外小回りも利く実力派

岐阜県は賀茂郡、坂祝(さかほぎ)町のパジェロ製造株式会社で造られる

デリカD:5。

スタイルがそのままアイデンティティになっている個性派は、
ミニバンラインナップのひとつというより
既に「デリカ」というブランドを構築しています。
ファンにとってもやはり
「デリカ=ミニバン」というイメージは薄く、
「デリカはデリカだ」なんて禅問答のような主張もちらほら。

特にクリーンディーゼル車の走行性能には目を見張るものがあり
あらゆる天候と地形において、確実に地面を掴んで進みます。
アウトドア能力はそれだけに留まりません。
収納や快適性において、
上下2段に分けられるアッパー&ロアグローブボックス
各種ポケットとフックはやはりミニバンを名乗れるほどの充実ぶり、
シートアレンジも意外と(?)多彩で長モノを積むにも困りませんし
全席シート座面と背面には撥水&撥油機能を持つ生地を採用。
フロント2席にはシートヒーターが装備される上、
セカンドシートとサードシートにもエンジン始動直後にすぐ温風が出る
PTCスタートアップヒーターを搭載。
寒波に凍える冬の送迎でも
子供たち大はしゃぎのスキー旅行でも、
家族の誰にも車内で白い息は吐かせません。

アウトドアは分かってるよ、と言いたげな方もいるようで。
デリカは街乗りも快適にこなします。
イメージではビッグサイズなD:5ですが、
実際のボディは5ナンバーのノア・ヴォクシーとほぼ同じ。
車幅だけが10cmほど大きいので3ナンバーではありますが、
最小回転半径は5.6mに留めて取り回しもバッチリ。
ちなみにノアとヴォクシーは5.5mですから、
サイドアンダーミラーがついているデリカの方が安心だわ
なんて女性もいるのではないでしょうか。

ちょっといいかも、と思ってきました?
でもまだまだ、こんなものではありません。
デリカD:5は経済性にも優れているのですよ。
おすすめはやはりディーゼル車。

13.6km/Lという燃費は
軽油を110円、レギュラーガソリンを130円とすると
13.6÷110.130=16.07..なので
レギュラー仕様換算では16.1km/Lということです。
これは現行国産ミニバン29車種で格付けをすると
ノア・ヴォクシーのノーマルモデル16.0km/Lを超える13位というポジション。

では気になる価格は?
ノア・ヴォクシーが最廉価で224万円
(※さきほどからノアとヴォクシーを比較対象としているのは
決してこの2台を貶めたいわけではなく、多くの人がイメージしやすい
標準的な車種だからですので、誤解されませんよう。)
という価格設定に対してデリカD:5は240万円から。
「やっぱり少し高いんじゃないか・・・」
と思いますか?
デリカマジックはここから始まります。

まずはクリーンディーゼル車のCEV補助金を受けて5万円のキャッシュバック。
自動車取得税は免税、しかも
初回(購入時)自動車重量税も免税、さらに
次回(3年後)自動車重量税も免税!

そしてグリーン税制により
登録翌年度自動車税も75%減税されるのです!!

自動車取得税はオプションにもよりますが、
デリカD:5であればおよそ9万円ほど。
全てのグレードが1,500~2,000kg枠なので
重量税は一律初回3万円、2回目以降は2万円。
自動車税はクリーンディーゼル車なら2.0~2.5L枠で4万5,000円。
つまり合計22万3,750円もの金額が浮くのです!
しかもオプションの値引きは30万円とも40万円とも・・・
これでもまだ「高い」と口を尖らせますか?

・落ち着いた佇まいに、確かな実力を備えた秘書的なクルマ

デリカは確かに個性派がゆえに、
好き嫌いが分かれるところはあるでしょう。
「ちょっと・・・」という方にはこちらをおすすめ。
トヨタのアイシスです。

存在感も知名度も、お世辞にはビッグとは言えません。
がしかし10年以上もフルモデルチェンジをすることなく
ただひたすらに同じ方向性の機能を磨いてきた一本気な性格の持ち主。

その魅力はズバリ、慎み深い徹底したサポート主義にあります。

外観に刺々しさは皆無、しかし見ていて飽きないラインの妙。
助手席が前に転がるようにたためるタンブル格納
セカンドシートの座面スイングアップで広がる
運転席左後方に広がるスペースには
センターピラーを取り払ったパノラマオープンドアで楽々アクセス。
運転席=お父さん

助手席=お母さん
2列目=子供
3列目=荷物
というありきたりの構図をいい意味でぶち壊してくれます。
さらにデザインの派手さはなくとも
エンブレムは専用のもので、
とおりいっぺんに「N」の象形を鼻先につける
ウィッシュやヴォクシーとは違うんだぜ、という
優越感までプレゼントしてくれますよ。

欲しい車の非公開価格情報を知る方法


「欲しい車があるけど、探すのに 時間がかかる」

こういう悩みをお持ちのあなたへ ズバッと車販売なら希望にあった 車を非公開車両60万台以上の中から紹介(利用は無料)

まだ店頭に出回っていない状態のいい価格の安い非公開情報を誰よりも早くゲットできます!

たったの60秒程度の入力で非公開価格情報を知れます

いい車で価格の安いものはすぐに 売れてしまいます。

希望の車は最短1日で見つかります。↓



  • このエントリーをはてなブックマークに追加