コンパクトカー

トヨタ・アクアの実燃費は鬼すごい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アクアと言えば「世界最高燃費」として名高い
トヨタのコンパクトエコカー。
今回はアクアについて調べてみました!

・基本情報

まずはデータを整理しましょう。

メーカー :トヨタ
発表 :2011年12月
略歴 :2014年にマイナーチェンジ。

販売以来好調な売上げを記録。
直近では、2014年の6月から現在まで
国内乗用車の月間販売台数ランキングで
1位を獲り続けています。

価格帯 :180~200万円
カタログ燃費 :33.8~37.0km/L

トヨタアクア

(写真は公式サイトより)

アクアの販売台数は文字通り抜群で、
2012年度と2013年度は2年連続1位。
こちらの記事でランキングした結果を見ても
2014年度も1位の座に輝くことはほぼ間違いありません。
アクアはまさに、トヨタの狙い通り
毛細管現象のごとく、日本の隅々まで浸透しているのですね。

・アクアの燃費

JC08モードによる測定で
「37.0km/L」という燃費の良さが、アクア最大の売り。

巷の噂では、プリウスが次回のフルモデルチェンジで
40km/Lを超えてくるのではという話もあるものの
現在市販されている中では、アクアがやはり世界トップクラス。
また、もし本当にプリウスがその大台を超えたとしても、
同じシステムをアクアに搭載すれば
車重の面で有利なアクアの方が燃費が良くなることも
ほとんど確実です。

そういう意味で、アクアは燃費という一点だけで見れば
これからもその性能の良さを
他のクルマに譲ることはないと言えます。

さて、そこで気になるのがやはり実燃費。

アクアを実際に運転しているオーナーは、
どれほどの実燃費を記録しているのでしょうか?

口コミサイトの情報を集めると、
「19km/L」から「30km/L」まで実に様々。
平均すると、23.8km/Lでした。

ただし、これは一般的なユーザーの場合。

当サイトでも繰り返し言っていますが、
燃費は走り方で大きく変わるのです。

たとえば、省燃費運転のテクニックなどを集め
アクアユーザーが交流しているホームページでは、
大台の「30km/L」という数値は夢物語でなく、
多くの人がエコランを心がけて達成しています。

・省燃費運転のコツ

それでは、キロあたりの燃料消費率を小さくする
省燃費運転(エコラン)のコツを伝授しましょう。

細かいテクニックの前に、
まず理解してほしいことがあります。

それは省燃費運転の根底にある考え方。
エコランはスピードを落として我慢することではありません。
「エネルギーの無駄をなくす」ことこそ、
エコランの真理であり、真髄です。
それでは、実際に使えるテクニックをどうぞ。

エコランテク①

無駄なアクセルを踏まない

単純に言って、アクセルを踏むほどガソリンは減ります。
アクアはじめ、ハイブリッド車では
ドライバーの操作をクルマが実行するために
適宜最適なバランスでエンジンとモーターが働くため
アクセルを踏んでもエンジンが動かないことはありますが、
バッテリーを無駄に使っても、
それを充電するためにエンジンが回ることがあるので
どちらにせよ、これは重要な課題。
エコランのテクニックはいくつかありますが、
燃費への影響が最も大きいのは、やはりアクセルワークです。

ちなみに、代表的な「無駄なアクセル」とは

すぐ先で止まるのに加速する
必要以上にスピードを出す
勢い良く発進する

ための踏み込みです。

エコランテク②

惰性を使う

とくに市街地を運転する時には、
3つ先くらいの信号まで見るようにします。
クルマはアクセルを離しても惰性で進みますから、
「この車速なら、これくらいの距離はいくな」
という感覚を掴んで
赤信号のできるだけ遠くから、惰性で走るのが2つめのコツ。
燃費は「距離÷燃料消費量」なので
燃料を使わず距離が稼げる時には、最大限活用しましょう。

ちなみに、エンジンブレーキ
(アクセルもブレーキも踏んでない時にかかるブレーキ)
が強いクルマであれば
アクセルを離すと同時にギアをニュートラルに入れると
惰性で走れる距離が伸びます。
トヨタ車はエンジンブレーキも小さいですし、
アクアの場合、ドライブに入れておかないと
バッテリーへの回生充電ができない可能性もあるので
そこまでする必要はありませんが。

エコランテク③

不必要なアイドリングをしない

信号待ちで勝手にエンジンが止まる
アイドリングストップは、もちろんアクアにも付いています。
が、不必要なアイドリングは
実はそこ以外にも、色々な場面で見られます。

たとえばエンジンをかけてから、発進するまでに
シートベルトを着けたりミラーを調整したり・・・というシーン。
それらはエンジンをかける前にできるので、
その時間は不必要なアイドリングと言えます。

「そんな、何秒かくらい、いいじゃない」?
いえいえ、それが大きな間違い。
こちらの記事で取り上げたように、
アイドリングは1分間に15mLのガソリンを消費します。
アクアであれば、仮に30km/Lとして

15mLで走れる距離は0.45km。

500メートル近く走れるガソリンを、無駄にしていることになるのです。

さて、いかがでしたか?
やっぱり、燃費を気にしてアクアを買うなら
省燃費運転を心がけたいところ。

そのテクニックはインターネットにも溢れていますが
たとえば「アウディ・ドライビング・エクスペリエンス」など
座学と実走を通してエコランを学ぶ講座も開かれています。
ご興味のある方は、ぜひ一度。

欲しい車の非公開価格情報を知る方法


「欲しい車があるけど、探すのに 時間がかかる」

こういう悩みをお持ちのあなたへ ズバッと車販売なら希望にあった 車を非公開車両60万台以上の中から紹介(利用は無料)

まだ店頭に出回っていない状態のいい価格の安い非公開情報を誰よりも早くゲットできます!

たったの60秒程度の入力で非公開価格情報を知れます

いい車で価格の安いものはすぐに 売れてしまいます。

希望の車は最短1日で見つかります。↓



  • このエントリーをはてなブックマークに追加