セダン

トヨタのカムリハイブリッドは燃費が旧型よりも格段に進化した!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタのハイブリッドセダン・カムリ。
イメージは高級なれど実はSAIよりも少し下の価格帯。
分かったようで分かっていない、カムリの魅力を再確認!

・基本情報

カムリハイブリッド
メーカー :トヨタ
販売店 :カローラ店
発表 :1980年(セリカ・カムリ)

1982年(トヨタ・カムリ)

略歴
:「カムリ」の名前は意外と古く、
一世を風靡したクーペ、セリカの2代目のラインナップ
「セリカ・カムリ」が始まり。
1982年に「カムリ」として再デビューした時には
駆動方式がFRからFFに変更されるなど
名前だけでなく、セリカとは別のクルマとなった。
世界各国へ輸出され、特にアメリカで成功を収める。
現行型(セリカ・カムリから数えて9代目)では
やはり北米仕様のフルモデルチェンジを先に行い、
翌月日本国内向けのモデルチェンジを発表。
世界的には存在感のある車種にもかかわらず
国内では目立っていなかった背景を踏まえ、
プリウスの人気にあやかってハイブリッドモデルのみの展開とし、
価格も抑えて販売。
ただし売上げは伸び悩んでいる。

価格帯 :320~400万円(すべてハイブリッド)
燃費 :23.4km/L
名前の由来 :日本語の「冠」。スペルは「CAMRY」。

最新モデル以外は「いかにもなセダン」であり、
しかも日産サニーのように国民的なキャラクターでもなかったため
かなり長い間国内では影が薄かったカムリ。
しかしそれと反比例するかのごとく、
アメリカはじめオーストラリアや東南アジア、中国、韓国などでは
大きな人気を誇りレースカーとしても活躍。
ワゴンタイプなどの派生車種も登場していて、
言わば外弁慶なクルマだったのです。
そんな状況を打破すべく、最新モデルでは
プロモーションと販売手法を吟味し
ストールを巻くオヤジに似合うかのような
新たなイメージをエンドユーザーにアピール。
ラインナップも整理してセダンタイプのハイブリッドに絞り、
トヨタの高級セダンとして認知されるに至りました。

セダンに造詣の深くない筆者も
カムリはここ10年くらいの新車だと思っていたので、
今回事実を知って正直驚いてしまいました。

・カムリの魅力

オーナーが感じているカムリの魅力を項目別にまとめて、
適宜補足する形でこのクルマを選ぶ理由を探りましょう!

「エクステリア」
☆まあまあ満足。クラウンやSAIの顔は大嫌い。
☆カタログで夢見たエクステリアを再現し、改めて一目惚れ。
☆トラディショナルなデザインで、スッキリとした品の良さを感じる。

「インテリア」
☆なかなか良い。マツダ車のセダンは安っぽくて選ばなかった。
計器配列はシンプルで見やすく飽きがこない。
☆ウェルカムライトなどが堪らない
☆レザーパッケージで高級感あり。

「エンジン」
☆いい!キビキビ走る。
低速から120km/hまでのトルクは素晴らしい。
☆試乗で感じたパワフルさが購入意欲を増進した。
☆低速からの加速が抜群。試乗してハマった。

「走行性能」
☆山道や高速道路でのハンドリングにも安定感がある

「操作性」
☆少し重めのパワーステアリングが好み。

*左サイドミラーの死角が大きい。
「乗り心地」
☆キャビンがとにかく広い。前後席とも足が伸ばせる!
たっぷりとしたシートサイズがお気に入り。
☆シートヒーターは冬場のゴルフ帰りに重宝
☆リアシートがゆったり。SAIより良かった
☆運転の疲れが非常に少なく、高速道路の長距離走行に向いている。
☆充分と言える。
☆高速でも静かでオーディオや会話を楽しめる

*段差でゴツゴツ感がある。
*停車後、シフトをパーキングに入れてブレーキから足を離すとカックンと動く
*以前の同価格帯のクルマと比較すると劣る(現在のクルマはおしなべて)
「燃費」
☆ノーマルモードで、エアコンをつけずに 20km/L前後。
☆年間走行距離は3500km以下。市街地では16km/L、高速道路で18km/Lほど。
☆上級車でありながらレギュラー仕様なのが魅力

「価格」
☆燃費、価格を考えると安い
足回りの良さと高級感を思えばリーズナブル
☆充分納得できる買い物。
☆同レベルのハイブリッドと較べて手が届きやすい

*オプションが少ない。特に安全装備は選べるようにしてほしい
「総評」
☆購入から1年経つが、非常に満足
☆ビッグセダン・高級感・加速力・スピード・ハンドリングを兼ね備え、満足度が高い
☆隠れた名車
FUN TO DRIVE(※トヨタのコピー)を感じる。10年は乗りたい。

カムリはアメリカでしのぎを削ったからなのか、
太いトルク大らかな室内空間に定評があります。

25km/Lオーバーという、2.5Lセダンとしてはトップクラスの燃費を誇り
しかもその燃料はレギュラーガソリン。
400万円以上となると

ハイブリッドであってもハイオク仕様の車種もあるので、
走行距離がそこまで長くないユーザーでも
カムリを選択する理由は充分にあるのですね。

知名度や評判に左右されない
「不惑」の年齢を迎えた大型セダンファンには、カムリ、おすすめです!

欲しい車の非公開価格情報を知る方法


「欲しい車があるけど、探すのに 時間がかかる」

こういう悩みをお持ちのあなたへ ズバッと車販売なら希望にあった 車を非公開車両60万台以上の中から紹介(利用は無料)

まだ店頭に出回っていない状態のいい価格の安い非公開情報を誰よりも早くゲットできます!

たったの60秒程度の入力で非公開価格情報を知れます

いい車で価格の安いものはすぐに 売れてしまいます。

希望の車は最短1日で見つかります。↓



  • このエントリーをはてなブックマークに追加