トヨタのミニバン

ヴェルファイアゴールデンアイズⅡを買うべき3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年1月にフルモデルチェンジをしたヴェルファイアですが、

前モデルにいくつかの特別仕様車がラインナップされていることはご存知でしょうか?

今回はやんちゃ系ミニバンファンに贈る、
ヴェルファイア〝Golden Eyes〟の特集です!

ヴェルファイアゴールデンアイズ2

・ヴェルファイアの特別仕様車

2008年から製造・販売されていた旧型ヴェルファイアは
ターゲットとしていた20~30代の男性に好評を博していました。
意外と女性のファンが多くついたこともあり、
危なげのない展開で今回のフルモデルチェンジに至っています。

その人気を裏付けるのが、特別仕様車の設定。
実に8種の特別仕様車を、およそ4年の間に発表したのです。

まずはそれらを簡単にチェック!

旧型ヴェルファイアの特別仕様車

PLATINUMセレクションデュアルパワースライドドア、パワーバックドア、専用シートカバー、イルミネーテッドエントリーシステムなど2009.6-
PLATINUMセレクションⅡ(PLATINUMセレクションに加え)室内装備品に木目調の装飾、スーパークロムメッキ塗装のアルミホイールなど2010.4-
PLATINUMセレクションⅡ
-type GOLD-
(PLATINUMセレクションⅡに加え)室内装備品、シートカバーにゴールドの加飾など2010.9-
PLATINUMセレクションⅡ
-type GOLD Ⅱ-
(PLATINUMセレクションⅡ-type GOLD-に加え※ただし一部除外)運転席8ウェイパワーシート、ドライビングポジションプリセット機能など2011.6-
Golden Eyesシャンパンゴールドのプロジェクター式ヘッドランプリング、クロコダイル調の型押しなどを施した専用シート、デュアルパワースライドドア(イージークローザー、パワーバックドア(ともにイージークローザー&挟み込み防止機能付)など2012.9-
PREMIUM SEAT EDITIONセカンドシートにアームレスト、シートコントロールスイッチ、シートポジションメモリー機能、ベンチレーション、快適温熱機能、読書灯など2012.9-
G SPORTS(G’s)全高を約30mmダウンさせた専用チューニング・サスペンション、全席アルカンターラ製専用シート、前後エアロバンパーなど2012.11-
Golden Eyes Ⅱ(Golden Eyesに加え※ただし一部除外)インパネにゴールドの模様入木目調加工、ヘッドランプにゴールドエクステンション、ゴールドメーターリング、アクセサリーコンセント(100V/100W)、メッキ仕様ドアハンドルなど2013.10-

大まかに言うと、順を追うごとに
「ユーティリティ」と「ラグジュアリー」がいや増しているのですね。

また、PLATINUMセレクションⅡのさらに上位に設定された「type GOLD」から、
「Golden Eyes」に通じる〝ゴールドとブラックを基調にした内外装〟のコンセプトが
生まれていることが分かります。
購入者層を考えると、
ユーザーの声を吸い上げ、見事に具現化したのがこれらの特別仕様車なのでしょう。

・ゴールデンアイズ2を買うべき3つのポイント

ノーマルモデルでなく、特別仕様モデルを買う「べき」ポイントとは
いったい何でしょうか?
追加装備と口コミから分析します!

その1・大きく変わる内装グレード

ゴールドとブラックを基調としたインパネやシート・・・
「そこまでしなくていいよ」という方も少なくないとは思いますが、
ひとつ注意すべきことがあります。
それは、ノーマルモデルの内装の品質。
旧型ヴェルファイアは、サイズこそLクラスのミニバンですが
いかんせん「高級志向」ではアルファードに引けをとっていました。
ノーマルモデルの内装は、外観から期待するほどの作りではありません。
神は細部に宿ると言いますが、
コストダウン感の否めない内装パーツでは
せっかくのヴェルファイアも気持ちよく運転できないかもしれません。

その2・あると嬉しい!コンセント

意外に思われるかもしれませんが、
ゴールデンアイズⅡに追加される100Vのアクセサリーコンセントは
イチ押しの装備です。
ロングドライブでは、たとえば携帯電話のバッテリーの不安がつきもの。
そんなときは、電器店で売っているシガーソケット用変換器を
お使いになる方がほとんどでしょう。
しかし、友人や恋人を乗せて「少しカッコつけたい」時に
安価で適当なデザインの変換器ではどうでしょうか。
コンセントがあれば、携帯電話純正の充電器も使えますし
キャリアや機種ごとに、デザイナーズプロダクトも売っています。
アクセサリーコンセントは
センスを問われるちょっとした小物で「おっ?」と思わせる快感を味わえ、
もちろん変換器では使えない電化製品も使える、
実用かつオシャレな装備なのです。

その3・何といっても目(と尻)

ゴールデンアイズ・ゴールデンアイズⅡの目玉装備は、
やはり何といってもその〝目〟です。
ゴールドを配された両目の眼ヂカラに勝てるクルマは、そうはいません。
ちらっと見ただけでは違和感を抱く程度のさりげなさも、
通(ツウ)な愉しみですね。
ゴールデンアイズⅡは、ゴールデンアイズよりも
さらに凝った加飾が施してあります。

そしてもうひとつ、エンブレムも無視できません。
新型アルファードとヴェルファイアの違いの記事で触れましたが、ヴェルファイアには車種専用エンブレムが存在しません。

特別仕様車とてそれは同じ。
ファンには物足りないところです。
しかし、ゴールデンアイズだけは、リアの右側にエンブレムを装着しています。

「GOLDEN EYES Ⅱ」とだけ書かれた
型抜きでなくプレートのエンブレムですが、
自分の愛車に、よりプレミアム感を演出してくれる重要な要素ですね。

新型車種の発売後は、値落ちする旧型もおすすめ。
以前気になっていたクルマがあれば、
新しいモデルが注目を浴びる今が狙い目かもしれません。

欲しい車の非公開価格情報を知る方法


「欲しい車があるけど、探すのに 時間がかかる」

こういう悩みをお持ちのあなたへ ズバッと車販売なら希望にあった 車を非公開車両60万台以上の中から紹介(利用は無料)

まだ店頭に出回っていない状態のいい価格の安い非公開情報を誰よりも早くゲットできます!

たったの60秒程度の入力で非公開価格情報を知れます

いい車で価格の安いものはすぐに 売れてしまいます。

希望の車は最短1日で見つかります。↓



  • このエントリーをはてなブックマークに追加