SUV

ヴェゼルハイブリッドの燃費はSUVではトップレベル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事で紹介したヴェゼル。
今回はそのハイブリッドモデルの燃費に注目!

・SUVと燃費のオイシクない関係

ヴェゼルハイブリッド
SUVのフルスペルは
Sports Utility Vehicle(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)。
走破性と使い勝手に特化したクルマです。

「使い勝手」は、主に「積載性・積載量」を指します。
今では世界各国で見られるSUVですが、その起源はアメリカ。
ファーマーズカー(農家が使うクルマ)として
モノ=商品や道具を積んで、

悪路=整地されていない農道を走る
という使命を担って生まれてきたのです。

そして1990年ごろに「クロスオーバーSUV」
というジャンルが登場。
(スバル・レガシィ)アウトバックを筆頭に
SUVとしての能力を持ちつつ、街乗りもこなすという
オールマイティなコンセプトが受け、アメリカで人気が爆発。
程なく日本やヨーロッパにも逆輸入・輸出され、
高級ブランドもラインナップに加えるようになりました。

余談ですが、
「クロスオーバー」は「交差」を表します。
音楽の分野でも異なる分野の要素を取り入れたものを
同じように呼びますし、
つまり「クロスオーバー」という言葉が
「街乗り」を意味するわけではありません。
セダンとSUVを掛け合わせたクルマ=クロスオーバーであり、
そもそもクロスオーバーSUVという言い方も微妙。
マツダのサイトでは「SUV/クロスオーバー」となっていますし、
情報誌などでも「クロスオーバー」と書いているものがありますね。

定着した言葉に異を唱えるわけでもないですが、
「クロスオーバー」=「セダン(あるいはワゴン) .SUV」という定義は
モーターを意味するわけではない「ハイブリッド(混血)」が
イコール「エンジンとモーターで走るクルマ」を表すのと似ていますね。
そして、SUVはその使命から本来ボディサイズの大きいクルマなので
ヴェゼルは「コンパクト」と「SUV」のクロスオーバーであるとも言えます。
当のホンダは

「SUVの悪路走破性、クーペの流れるようなボディライン
ミニバンの日常性、さらには低燃費まで、
ジャンルの中で代表的な性能を高いレベルで融合させた
全く新しいジャンル」
とヴェゼルを紹介しています。

「SUV」「クロスオーバーSUV」と言う言葉はヴェセルにはありません。

ミニバンと燃費性能まで数えるならば、
確かに「クロスオーバー=2本の線の交差」では間に合いません。
名付けるなら「4本の道」で「テトラヴィア」でしょうか。
なんだかちょっとロボットっぽいですね。

話が逸れましたが、
SUVは「悪路走破性」と「積載量」を課されたクルマ。

パワーが必要でエンジンの排気量は大きくなり、燃費は犠牲になる

・・・というのが、SUV/クロスオーバーSUVの常識でした。
ヴェゼルはここに一石を投じ、
ハイブリッドシステムを取り入れることで
SUV=高燃費の壁をブレイクスルーしたのです。

・SUV燃費比較

国産クロスオーバーとSUVの燃費を比較してみました!

燃費はJC08モードで、
グレードごとに違う場合は最高値を取っています。

クロスオーバー /SUV 燃費比較
燃費(km/L)車両重量(kg)総排気量(cc)
ヴェゼル20.611801496
ヴェゼルHV2712701496
CR-V14.414601997
レガシィアウトバック14.615702498
フォレスター15.214801995
エクシーガ クロスオーバー713.216202498
XV16.213801995
XVHV2015001995
エクストレイル16.414401997
エクストレイルHV20.615701997
ジューク1812001498
ハリアー1615601986
ハリアーHV21.817702493
RUSH13.212001495
ランドクルーザー706.621203955
CX-3ディーゼル2312601498
CX-5ディーゼル18.415602188
CX-5ノーマル16.414701997

20.0km/Lを超えたものを太字にしました。
やはり圧倒的と言っていい結果ですね。
では、他にもハイブリッドのSUVはあるのに、
なぜそこまでの差が出たのか?
次章で検証してみます!

・ヴェゼルの低燃費のツボ

ヴェゼルの低燃費の秘密は、

「車両重量」
「ハイブリッドシステム」
にありました。
ヴェゼルがあらゆるパーツの無駄を省き、軽量化した成果は
上の表を見てもらえば分かる通り。
新しく登場したばかりのエクストレイル・ハイブリッドも頑張っていますが、
ボディサイズが違うので、ヴェゼルを超えるのはなかなか難しいですね。

そしてハイブリッドシステム。
ヴェゼルに採用された「SPORT HYBRID i-DCD」は、
モーターだけでタイヤを回す走行モードを備えたシステム。
「そんなの当たり前じゃん」と思いますか?
実はそうではないのです。
俗に「ハイブリッド車」と言えば、
駆動力を担うモーターを搭載したクルマですが
そのモーターの役割はシステムによってさまざま。

「エンジンは常に稼働していて、
モーターはそのアシストに留まる」
ものから
「できる限り多くのシーンでエンジンを休ませ
モーターで走る」
ものまで、いろいろなのです。

前者はたとえば
日産の「スマートシンプルハイブリッド」
スズキの「S-エネチャージ」

後者はご存知プリウスで培った
トヨタのシステムなどがあります。

実はホンダも、前型フィットまでは
前者のハイブリッドシステム
でした。
プリウスファミリーの成功を横目に研究を重ね、

トヨタに大きく遅れを取りながらも開発に成功したのが
この「SPORT HYBRID i-DCD」というわけなのです。

SUV.クーペ.ミニバン .低燃費という
この全く新しいクルマ、さて
プリウスに代わって一家に一台となるか否か?

欲しい車の非公開価格情報を知る方法


「欲しい車があるけど、探すのに 時間がかかる」

こういう悩みをお持ちのあなたへ ズバッと車販売なら希望にあった 車を非公開車両60万台以上の中から紹介(利用は無料)

まだ店頭に出回っていない状態のいい価格の安い非公開情報を誰よりも早くゲットできます!

たったの60秒程度の入力で非公開価格情報を知れます

いい車で価格の安いものはすぐに 売れてしまいます。

希望の車は最短1日で見つかります。↓



  • このエントリーをはてなブックマークに追加