トヨタのミニバン

ヴォクシーの乗り心地を口コミから徹底検証してみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヴォクシーと言えば、ノアと並んで長くトヨタの屋台骨を支える主力車種。
今回はそんなヴォクシーの乗り心地を、口コミから徹底検証しました。

voxyエアロ
(写真は公式サイトより)

・乗り心地の〝内訳〟

一口に「乗り心地」と言っても、その要素はいくつかに分けられます。
ひとつずつ確認してみましょう。

まずは振動。
これはエンジンの振動がシートに座った乗員までの間に
どのくらい軽減されているかという問題ですね。
ここでのポイントは、「止まっている時の震え」ということ。
クルマはエンジンをスタートした時点で、そのエンジン自体が振動するので
この振動は路面状況には関係なく生まれるものなのです。
ちなみに、いくつもあるエンジンの種類の中には
ピストンが起こす爆発の振動をまた別の爆発で相殺するという構造の
振動が発生しないものもあります。

次に弾み。
振動と混同しがちですが、こちらは、そう、
「走っている時の震え」です。
小石や段差、クラックなどのある路面状況の悪い道を走る時、
あるいはコーナーでGがかかる時にタイヤが浮き沈みし、
サスペンションで吸収しきれない上下左右の動きがキャビンスペースに至ります。

さらに静けさ。
これはそのまま、騒音の大きさ。
クルマに乗っているときにノイズとなるのは、
エンジン音や風切り音などです。

そしてシート。
形状と素材によって、座席の座り心地は天と地ほど違います。
それはそのまま、乗り心地の一端を担うことになりますね。

また、室内空間。
車内の「広さ」です。
室内高は充分か、前の席との間隔がどのくらいか。
乗降時の移動の際にも大きく関わり、乗員人数が多いミニバンでは

乗用市販車の中でも特に取り沙汰される要素です。

最後に視界。
少し意外かもしれませんが、簡単に言えば「窓の大きさと位置」です。
一般的には、「窓が大きいと視界が広い」

「小さい(上に寄っている)と抱擁感がある」と言えます。
そういった理由で、高級ミニバンなどでは
あまり大きなサイドウィンドウは使われていません。

こうしてみると、乗り心地ひとつとっても
クルマのさまざまな部分が関わってくることが分かります。

読者のみなさんの愛車を項目ごとに採点してみると
よりご自分のクルマを理解し、それに合った運転ができるかもしれません。

・ヴォクシーの乗り心地は?

早速ヴォクシーの乗り心地を検証してみましょう!

1.振動・・・◯
アイドリングストップ後を含めて
始動時はショックも少なくスムースなものの、
回転数を上げると、少し気になるようです。
ふんわりアクセルを心がけて、高速道路でも必要以上に飛ばさなければ
問題はなさそう。

2.弾み・・・△
3列目のシートに人を乗せると、あまりいい顔をされないとか。
クルマはタイヤに近い場所ほど跳ねます。
ただ、この感触には若干の好みがあり
「フワフワしているのは嫌い」という人も少なくありません。
やはり運転の仕方で変わるので、
視認できる小石などは避けることと、
コーナーでは入る前に充分減速し、滑らかにハンドルを切りながら
焦らず抜けることと忘れなければ改善できます。
また、弾みはサスペンションの設計と柔らかさに依存しているので、
ディーラーやショップに持って行って、調整してみるのも一手。

3.静けさ・・・◎

過去モデルよりもかなり静粛性は向上しているようです。
後部座席で子供がDVDを観るのよね、という方も多いでしょうし
静かだとお喋りもしやすいので嬉しいですね。

4.シート・・・△

やはりLクラスのアルファードやヴェルファイアに比べると劣るとのこと。
シートが固くてお尻が痛いという時は、
薄いものでもいいのでクッションを1枚敷いてみましょう。
それだけで案外違うものです。
ついでにオシャレも楽しもうと、ポジティブに考えてはいかがでしょう?
そういう気にはなれない!という方は
社外品のシートカバーを買ってもいいかもしれません。

5.室内空間・・・◎

2014年にフルモデルチェンジした新型のウリのひとつは
「低床プラットフォーム」。
地上最低高を押し下げることで、
乗りやすさと室内空間の確保に成功しています。
2列目の調整幅が広いので、
気になる3列目のシートも窮屈でどうしようもない!
というわけではないようです。’
(弾みがあるので、座高の高い方はおすすめできませんが・・・)

6.視界・・・◎

価格帯・コンセプト・デザインに関わってくる
「サイドウィンドウの大きさと位置」ですが、
ヴォクシーのそれはかなり視認性がいいものだとか。
特に運転席と助手席の窓、フロントガラス、三角窓は
開放感があるほどにクリアな視界。
視認性と抱擁感のバランスが取れたクルマのようです。

・まとめてみると

項目ごとに採点した結果をまとめてみると、

「運転にそこそこ自信のある人なら、悪くない!」

ということが言えそうです。

視点が高く視野が広いので、

大きなクルマはあんまり・・・という女性も
試しに動かしてみると、案外慣れるかもしれません。
気になっていれば、ぜひ一度乗ってみてくださいね!

欲しい車の非公開価格情報を知る方法


「欲しい車があるけど、探すのに 時間がかかる」

こういう悩みをお持ちのあなたへ ズバッと車販売なら希望にあった 車を非公開車両60万台以上の中から紹介(利用は無料)

まだ店頭に出回っていない状態のいい価格の安い非公開情報を誰よりも早くゲットできます!

たったの60秒程度の入力で非公開価格情報を知れます

いい車で価格の安いものはすぐに 売れてしまいます。

希望の車は最短1日で見つかります。↓



  • このエントリーをはてなブックマークに追加